Q60.日本の口唇、口蓋裂治療は、海外に比べて遅れているということはありませんか。

A60.

 口唇、口蓋裂については、日本では、日本口蓋裂学会というこの病気だけの学会があり、毎年総会が開かれ研究者が連絡を取り合いよりよい治療法が追求されています。
 このような学会は、海外では米国口蓋裂学会が有名ですが、日本の研究者はこの学会とも連絡を取り合っていますし、四年に一度、国際口蓋裂学会が開催され世界中の口唇、口蓋裂の専門家が集まり、この病気についての研究の成果が発表されています。最近のお父さん、お母さんの中には、すこしでもよい治療であればイギリスでもアメリカでも行って治療を受けたいといわれる方もいらっしゃいますが、口唇、口蓋裂についても日本の治療は世界のトップレベルで、この病気に関しては海外でないと受けられない特別な治療法というのはありません。