前頁 

【鎌】

★1.人の命を奪う鎌。

『入鹿』(幸若舞)  父・御食子(みけこ)の卿と母が田の草取りをする間(*→〔観相〕4)、赤ん坊の鎌足は畦に寝かされていた。そこへ狐が鎌をくわえて来て、鎌足の枕もとに置き、かき消すように失せた。氷のごとく輝く鎌だったので、父母は「これは宝になるかもしれぬ」と思い、鎌足の身近に置いて養育した。鎌足は成人後、この鎌で逆臣蘇我入鹿の首を討った→〔盲目〕7

『詩語法』(スノリ)第6章  9人の奴隷の草刈り鎌をオーディンが砥石で研ぎ、よく切れるようにしてやる。奴隷たちが砥石を欲しがるので、オーディンは砥石を空中に投げ上げる。奴隷たちは我先に砥石を掴み取ろうとして、互いに鎌で喉を切り合ってしまう。

『真景累ケ淵』(三遊亭円朝)  新吉とお久の駆け落ちの途中、草むらの鎌でお久は怪我をする。お久の顔が豊志賀に見えたので(*→〔醜女〕4b)、新吉は鎌でお久を殺す。新吉はお久の親類お累と結婚するが、彼は名主の妾お賤と関係して(*→〔兄妹婚〕5)、お累を捨ててしまう。お累は、お久を殺した鎌で自殺する。数年後、墓掃除の寺男が、良く切れる草刈り鎌を新吉に見せる。新吉は、それがお久とお累の命を奪った鎌であることに気づき、「この鎌で自殺せよとの神仏の懲(こらし)めか」と悟る。彼はその場でお賤を殺し、自害する。さらにお賤の母も、旧悪を懺悔して鎌で自害する。

★2.鎌では切れぬ不死身の身体。

『鎌髭』  下男茂作(=実は俵藤太秀郷の息子・守郷)が、旅の六部(=実は平将門の息子・良門)の髭を、鎌で剃ってやろうと言う。守郷は髭を剃るふりをしつつ、良門の咽に鎌をかけて、掻き切ろうとする。しかし良門は不死身の身体ゆえ、刃物を受けつけない。2人は本名を名乗りあい、戦場での再会を約束して別れる。

★3.鎌で風を切る。

風の三郎さま(水木しげる『図説日本妖怪大鑑』)  富山県地方には、草刈鎌の刃先を風の方へ向けて高く立て、手を叩きながら「ホー、ホー、ホー」と大声をあげる風習がある。鎌の刃によって風の神を傷つければ、風が衰えると考えられているからだ。  

★4a.鎌が自分で稲を刈って働く。

『南島の神話』(後藤明)第1章「南島の創世神話」  昔は、鎌が自分で稲を刈って働いたので、人間は、鎌が稲を刈ってくるのを、ただ待っていればよかった。ところがある時、悪童トリセが、働く鎌を見て、「何ということだ。鎌が1人で働いている。そうではなく、人間が働くべきだ」と言った。すると鎌はもう働かなくなり、人間が働かねばならないようになった(インドネシア、トラジャ族)。 

★4b.鎌が自らの居場所を知らせる。

『現代民話考』(松谷みよ子)4「夢の知らせほか」第1章の9  昼間、花畑の手入れをしていて、鎌をなくした。畑の中や灰の中をかきまわしたが、見つからなかった。その夜、夢に鎌が出てきて、「金盞花(きんせんか)の中にいるから」と言う。夜が明けるのを待ちかねて花畑へとんで行って、金盞花を分けて見ると、ちゃんと鎌があった(長野県)。 

★4c.鎌を用いて火の難を逃れる。

『月と不死』(ネフスキー)「琉球の昔話『大鶉の話』の発音転写」  昔々、父鶉と母鶉がいた。母鶉が卵を産んで抱いているところへ、東の方から野原が燃えて来た。父鶉は、母鶉と卵を見捨てて飛び去った。母鶉は「我が羽があるかぎり、厚羽を持つかぎり、抱いて守ろう、座って守ろう」と言い、大和鎌(やまとがま)を持ち出して、ぐるりを苅り開けた。そうすると母鶉と卵は無事で、周りが燃えて行ってしまった(沖縄県宮古郡伊良部島佐良浜村)。 

★5.多くの人の命を奪う鎌。

『大鎌』(ブラッドベリ)  男が妻と子供2人を車に乗せて運転中、道に迷って、人里離れた農家へたどりつく。中には農家の主の死体と、「この家へ来た者に、農場の一切を与える」との遺言状があった。一家はそこへ住みつき、男は大鎌をふるって広大な麦畑の麦を刈る。麦を刈ると、どこかで誰かが死ぬことを男は感じる。しかし仕事をやめることはできない。それが彼の運命なのだ〔*やがて火事が起こり、妻と子供2人が死ぬ。男は呪いの言葉をわめき、狂気の笑い声をあげ、麦を刈り続ける〕。

*大鎌を持って訪れる死神→〔椅子〕1の『この世に死があってよかった』(チェコの昔話)。 

*ろうそくの火が消えると、人が死ぬ→〔ろうそく〕2。 

★6.命をとられるか、鎌をとられるか、二つに一つ。

鎌取池の伝説  鎌取池のそばに細い坂道があり、農夫が通る時に鎌を持っていると、必ず、命をとられるか鎌をとられるか、どちらかであった。命をとられなくてほっとしたと思うと、手に持っていた鎌が、いつのまにか池の中へ落ちているのである。それゆえ、池に来る時には鎌を持って来てはならない、とかたく禁じられていた(神奈川県横浜市戸塚区)。

★7.鎌のおかげで命が助かった。

『紀伊国狐憑漆掻語(きいのくにのきつねうるしかきにつくものがたり)(谷崎潤一郎)  村の男が丸木橋を踏み外し、谷川へ片足をつっこんだ。水が足に粘りついて、ずるずると深みへ引き込まれる。「ガータロ(河童)の仕業だ」と気づいた男は、ガータロは鉄気(かなけ)を嫌うので、腰にさしていた鎌を川の中へ投げる。そうしたら難なく足が抜けて、男は命拾いした。

 *鎌で胎児を助け出す→〔腹〕3cの『和漢三才図会』巻第76・大日本国「和泉」。 

 

*大鎌で父の性器を切り取る→〔後ろ〕2の『神統記』(ヘシオドス)。 

*鎌で切腹しようとする→〔切腹〕4の『鎌腹』(狂言)。

*かまいたち→〔三人の魔女・魔物〕3

 

 

【神】

 *関連項目→〔デウス・エクス・マキナ〕〔死神〕〔福の神〕〔貧乏神〕〔二人の神〕

★1.神が祭りを要求する。

『大鏡』「実頼伝」  太宰府から帰京する大弍佐理の乗った船が、伊予の手前で動かなくなる。佐理の夢に三島明神が現れ、「我が社には額がないので、書の名人たる汝に額を書いてほしい」と請う。

『尾張国風土記』逸文・吾縵の郷  品津別皇子は7歳になっても物を言うことがなかった。皇后の夢に神が現れ「我がために祭主をあてがえば、皇子は物を言い、命も長いだろう」と告げた。

『古事記』中巻  祟神帝の世、疫病で多くの人が死んだ。帝が憂えて神床に寝た夜の夢に大物主神が現れ、「意富多多泥古を祭主として我を祭るならば、祟りは止む」と告げた〔*『日本書紀』巻5祟神天皇7年2月に類話〕。

『捜神記』巻5−1(通巻92話)  漢末の人蒋子文は鐘山で賊に切られて死んだが、呉の孫権が帝位についた頃に土地神となって現れ、また巫女に乗り移って「祠を建てて我を祭れ」 と要求し、疫病や火事を起こした。孫権は蒋子文のために廟を建て、鐘山を蒋山と改めた。

『肥前国風土記』基肆(き)の郡姫社の郷  荒ぶる神が道行く人を多く殺した。占うと「筑前国宗像郡の人、珂是古に我が社を祭らせよ。この願いが叶えば、荒ぶる心は起こさぬ」との神示が得られた。

『肥前国風土記』佐嘉の郡  荒ぶる神が道行く人を多く殺した。「土で人形・馬形を作り、祭祀すればよい」との占いのままに神を祭ると、神の心は和んだ。

*空から落ちて来た星(=隕石)が、「私を祀れ」と要求する→〔惑星〕6の星高山の伝説。

★2.神が苦を訴える。

『古事談』巻3−92  松尾明神が7月なのに寒さを嘆き、空也上人に「法華の衣は薄く、妄想顛倒の嵐・悪業煩悩の霜にせめられて寒し」と訴える。上人が40余年法華経を読み染めた衣を着せると、松尾明神は「暖かになった」と喜ぶ〔*『発心集』巻7−2に同話。『三国伝記』巻6−15の類話では10月のこととする〕。

*神が、仏法興隆を願う→〔玉(珠)〕6の『古今著聞集』巻1「神祇」第1・通巻26話。

★3.神への非礼。

『金毘羅』(森鴎外)  小野博士は四国の高松へ講演に出かけ、琴平の旅館へ入ったが、金毘羅様には参詣しなかった。「金毘羅は荒神ですから、ここまで来て参詣しないと祟(たた)るかもしれません」と言う人がいた。博士が東京へ帰ると、2人の子供(百合さんと赤ん坊)が病気になった。博士は奥さんに金毘羅不参のことは言わなかったが、奥さんは隣人の勧めで、虎の門の金毘羅様へ祈祷を頼みに行った。赤ん坊は死に、百合さんは助かった→〔正夢〕2

★4.神はいつでもどこでも、人を見ている。

『イスラーム神秘主義聖者列伝』「ジュナイド・バグダーディー」  導師ジュナイドが弟子たちの心を試そうと、「各自、誰にも見られぬ所で1羽の鶏を殺し、ここへ持って来い」と命じた。皆、すぐに姿を隠し、鶏を殺して戻って来たが、導師が目をかけていた1人の弟子だけは、鶏を生きたまま持って来た。「なぜ殺さなかったのか」と問われて、弟子は「どこへ行っても、神は私を御覧になっておられましたので」と答えた。

★5a.人間が神を傷つける。

『イリアス』第5歌  ギリシア軍とトロイア軍が激しく戦う中、ディオメデスはアイネイアスを打ち倒し、アイネイアスを救おうとする母女神アプロディテにも槍を向ける。女神アプロディテは掌の付け根を傷つけられ、悲鳴をあげて逃げ去る。さらにディオメデスは女神アテナの助けを得て、軍神アレスの下腹に槍を突き立てる。軍神アレスも呻き声をあげて天へ逃げ昇る。

★5b.人間が神を助ける。

『ギリシア神話』(アポロドロス)第1巻第6章  神々が巨人(ギガス)たちと戦った時、「巨人たちは、神々によっては滅ぼされぬが、人間が味方となれば退治することができる」との予言があった。そこでゼウスがヘラクレスを味方に招き、ヘラクレスは神々と力を合わせて、巨人たちを殺した。  

*人間だけが、神にも悪魔にも殺されぬ魔王ラーヴァナを滅ぼすことができる→〔転生〕3の『ラーマーヤナ』第1巻「少年の巻」。

★6a.「死ぬ神」と「不死の神」。

『金枝篇』(初版)第3章第1節  かつてグリーンランド人たちは、「風が彼らのもっとも強力な神を殺せる」と考え、また、「その神は犬に触れると死ぬ」とも考えていた。キリスト教の神の話を聞いた時、グリーンランド人たちは、「その神はけっして死なないのか?」と何度も尋ねた。「死なない」と知らされて彼らは大いに驚き、「それはさぞ偉大な神に違いない」と言った。 

★6b.「不老の神」と「老いる人間」。

『ギリシア神話』(アポロドロス)第1巻第7章  青年イダスとアポロン神が、少女マルペッサの愛を得ようと争った。マルペッサは「私が年寄りになった時、アポロン神は私を見捨てるかもしれない」と恐れ、イダスを夫に選んだ。 

★6c.童女(をとめ)は八十年を経てすっかり年老いたが、神の子孫である天皇は不老だった。

『古事記』下巻  雄略天皇は、美しい童女・赤猪子(あかゐこ)を見て、「近いうちに召すゆえ、結婚せずにおれ」と告げる。赤猪子は天皇の迎えを待ち続け、80年がたった。赤猪子は「待ち続けた心の内を訴えよう」と、宮中に参上する(*→〔処女妻〕5b)。雄略天皇は「婚(まぐはひ)しようか」と思うが、赤猪子が老齢なので、それは不可能だった。天皇は赤猪子に多くの物を与えて、家へ帰した。

★7.流行の神。

『流行』(森鴎外)  「己」はゴチック様式の廊下を抜け、応接室へ入って主人に会った。年は30から40の間で、貴族的な顔をしている。「己」が主人と話しているうちに、精養軒から料理が届いたり、三越から洋服が届いたりする。主人は代金を払わず、逆に、店の側が商品に大金をそえて持って来る。主人が利用した店は必ず流行(はや)り、使用した物はよく売れるからなのだ。不意に雷が鳴って、「己」は目が醒めた。「己」は書斎の机によりかかって仮寐(うたたね)していたのだ。

 *森鴎外の妹の孫にあたる星新一も、これに似た作品を書いている→〔女神〕2の『れいの女』。

★8.御神体。

石神様の伝説  茂草のヌカモリ山にまつられた神様は、子供好きだった。毎日、子供たちが神社へやって来て、石の御神体を縄でしばり、山の上から大谷地の水溜りに転がして遊んだ。ある日、通りかかりの女が「そんなことをすると罰が当たる」と言ったので、子供たちは遊びに来なくなった。神様はさびしがり、女を盲目にしてしまった〔*女は21日間、神様に詫び、開眼した〕(北海道松前郡松前町)。

*御神体の石を捨てたが、何事もなかった→〔禁忌〕10の『福翁自伝』(福沢諭吉)。

*御神体の珠を覗いて、神秘体験をする→〔星〕8の『故郷七十年』(柳田国男)「布川(ふかわ)時代」。

★9.神の存在を信じるか否か?

『コンタクト』(ゼメキス)  恒星ヴェガへ飛ぶポッド(=1人乗り空間移動装置)の、乗員選考が行なわれる。候補者の1人・女性科学者エリーに、宗教学者が「神を信じますか?」と問う。エリーは「私は実証主義者です。神の存在については、判断するデータがないので答えられません」と言う。エリーは無神論者と見なされ、「神を信じない人物を、人類の代表として宇宙へ送るわけにはいかない」との理由で、候補者から除外される〔*その後、エリーは2台目のポッドに乗り、銀河系の中心まで行く〕。

*神さまが身を隠し、「わしは存在しない」と言う→〔天国〕7の『天国に結ぶ恋』(三島由紀夫)。

★10a.すべてが神。

『テディ』(サリンジャー)  テディは、今年10歳の天才少年である。彼は6歳の時、ある日曜日に「すべてが神だ」と知って、髪の毛が逆立った。妹はまだ赤ん坊でミルクを飲んでいたが、まったく突然に、「妹は神だ、ミルクも神だ」ということがわかった。テディは自分の前世を覚えていたし、間近に迫った死も予感していた→〔落下〕5b

★10b.唯一絶対神。

『コーラン』6「家畜」74〜78  イブラーヒーム(=アブラハム)は夜空に輝く1つの星を見て、「これぞ我が主(しゅ)」と言った。しかし星はやがて沈んだので、「姿を没するようなものは、気にくわない」と考えた。月を見て、「これぞ我が主」と言ったが、月も沈んだ。太陽が昇ったので、「今度こそ我が主じゃ。これが一番大きい」と言ったが、太陽も沈んでしまった。イブラーヒームは「わしは、偶像崇拝や多神教ときっぱり縁を切った。今こそわしは、天地を創造し給うた唯一絶対の神を信仰する」と断言した。 

★11.神から出て、神に還る。

『屍鬼二十五話』(ソーマデーヴァ)第25話  修行僧が、自らの呪法を完成させるためにトリヴィクラマセーナ王を利用し、繰り返し死骸を運ばせる(*→〔背中〕3a)。王は、修行僧の「転輪聖王になろう」との野望を知って、彼を斬り殺す。大自在天シヴァが、王の果断な行動に満足して出現し、王に告げる。「私は自身の一部から、汝・トリヴィクラマセーナ王を創り出した。汝は全世界を征服し、天上の快楽を長く享受した後に、自らの意志でそれを捨て、終局的には私に合一するであろう」。

★12.神界の階層構造。

『小桜姫物語』(浅野和三郎)67  一つの神界の上にはさらに一段高い神界があり、そのまた上にもいっそう奥の神界があって、どこまで行っても際限がない。現在の「私(小桜姫)」どもの境涯からいえば、最高の所は、天照大御神様のしろしめす高天原の神界で、そこまでは、一心不乱に精神統一の修行をすれば、近づくことができないでもない。しかしそこから奥は、とても「私」どもの力量(ちから)では及ばない〔*高天原の神界から一段降(くだ)った所が、我々の住む大地の神界で、ここに君臨あそばすのが皇孫の命(ニニギノミコト)様である〕。

*宇宙は高次の神を産み、高次の神はいっそう高次の宇宙を創って、宇宙も神もどこまでも進化して行く、という『神への長い道』(小松左京)と類似する発想→〔宇宙〕2a

 

*神が人を助ける→〔神仏援助〕

*神の眠りと人間世界→〔眠り〕1

 

 

【髪】

 *関連項目→〔白髪〕 

★1.髪や髭には不思議な呪力があり、その主の生命を保障する。

『ギリシア神話』(アポロドロス)第2巻第4章  アムピトリュオンがタポス島を攻撃するものの、タポス王プテレラオスが生きている間は攻め落とせない。王の娘コマイトが敵将アムピトリュオンを見そめて恋し、父王の頭から不死の印の黄金の毛を取り去る。プテレラオスは死に、タポスは陥落する。

『ギリシア神話』(アポロドロス)第3巻第15章  クレタのミノスが、メガラを攻める。メガラ王ニソスの頭の真中には紫色の毛が1本あり、これが抜かれた時に彼は死ぬとの神託があった。彼の娘スキュラがミノスに恋し、その毛を抜き取った。

『士師記』第13〜16章  サムソンの力の根源は、生まれてから剃刀をあてたことのない彼の髪にある。彼は素手で獅子を裂き、ろばのあご骨で千人のペリシテ人を殺した。しかし彼は眠っている間に、愛人デリラによって髪を剃られ、力を失った。

『ルスランとリュドミラ』(プーシキン)第5歌  魔法使いチェルノモールの力のもとは、長く白いあごひげにあった。ルスランが闘いを挑み、空飛ぶチェルノモールのあごひげをつかむ。チェルノモールは2日間飛び続けるが、ルスランはあごひげを放さず、3日目にチェルノモールは赦しを請う。ルスランは、チェルノモールの兄から得た剣で(*→〔頭〕4)、あごひげを切り落とし、チェルノモールを捕らえる。

*長命の相である長い眉毛→〔眉毛・睫毛〕3aの『名人』(川端康成)。

★2a.いったん切り落とされ、剃り落とされた髪も、時間がたてばまたもとどおりに伸びる。

『仮名手本忠臣蔵』10段目「天河屋」  堺商人天河屋義平は、塩冶浪士の討入りのための武具を手配し、秘密を守るために、妻お園まで「離縁だ」と言って家から出す。お園は路上で賊に襲われ、髪を切り取られる。実はこれは大星由良之助のはからいで、討入りの本懐を遂げ義平とお園がふたたび夫婦になれるまでの約百日の間に、お園が親了竹の手で他家に嫁入りさせられぬよう、尼姿にしたのである。百日は、すなわちお園の髪がもとどおり伸びるまでの日数でもあった。

『三年目』(落語)  女房が病死したので、剃髪して棺に納める。年月がたち、夫は再婚して子供もできる。ところが、3年目の法事の晩に女房の幽霊が出て、夫に恨み言をいう。「なぜもっと早く出なかった」と夫が聞くと、女房は「髪が生え揃うのを待っていた」と答える。

『士師記』第16章  サムソンは力の根源である髪を剃りおとされ、ペリシテ人に捕えられて眼をつぶされる。牢に入っている間にサムソンの髪はふたたび伸びはじめ力を回復するが、ペリシテ人は気づかない。サムソンは、3千人のペリシテ人が集まった建物の柱を押し倒し、自らの死をもって多くのペリシテ人を殺した。

『無名抄』(鴨長明)  在原業平が二条后を盗み出したが、兄国経・基経たちが奪い返し、業平のもとどりを切った。業平は、髪がもとのように生えるまでの間、「歌枕を見る」と称して東国へ旅立った。

*→〔二者同想〕1bの『愚者の贈り物』(ベイカー)。

★2b.髪が伸びることを利用して、秘密の通信をする。

『歴史』(ヘロドトス)巻5−35  ヒスティアイオスが、ペルシャへの謀叛をアリスタゴラスに指令しようと考える。街道が警戒厳重なので、奴隷の髪を剃りおとして頭皮に文書を入れ墨し、髪の伸びるのを待って派遣する。

★2c.髪を剃れば通信文があらわれるのではないか、と疑う。

『パンタグリュエル物語』第二之書(ラブレー)第24章  パンタグリュエルのもとへ、パリの一婦人からの書簡を携えた使者が来るが、その書簡紙には何も記されていなかった。パンタグリュエルの腹心パニュルジュは、「使者の頭髪を剃ろうか」と考える。彼は、「婦人が使者の頭を剃って伝言を書きつけたのではないか」と、疑ったのである。

★3a.美しい髪を手に入れ、その主である女をさがす。

トリスタンとイゾルデの伝説  騎士たちがマルケ王に、妻をめとるよう進言する。王がそれに回答すべく約束した日に、窓辺を飛ぶ燕が1すじの金髪を落としていく。マルク王は、この金髪の持ち主を妃としてむかえる、と騎士たちに言い、トリスタンが、黄金の髪の美女をさがしに出かける〔*『トリスタンとイゾルデ』(シュトラースブルク)第12章は、これを妄譚として退ける〕→〔処女〕3

『二人兄弟の物語』(古代エジプト)  夫バタの言いつけにそむいて家の外へ出た彼の妻は、海神に襲われる。海神は1つかみの髪を彼女から奪い取り、それをファラオの宮殿の洗濯場に運ぶ。ファラオは、髪の持ち主をさがし求め自らの愛人とする。

『筆のまにまに』(菅江真澄)「なぐさのくあま」  白鳳の頃、宮中の御簾に、鳥が1丈8尺の黒髪1すじをくわえて来て掛けた。陰陽博士が「紀の国の処女の黒髪」と占う。天武天皇は使者をつかわし、髪の持ち主を后として迎える。

★3b.女の長い髪。

『大鏡』「師尹伝」  村上天皇の妃、宣耀殿の女御(芳子)は髪がたいへん長く、参内する時、車に乗ると、身体は車の中にありながら、髪の端はまだ母屋の柱のもとにあった。髪の1すじを大きな陸奥紙の上に置くと、白いすきまがまったく見えなかった。

『ラプンツェル』(グリム)KHM12  魔法使いの女が、少女ラプンツェルを高い塔に閉じこめる。ラプンツェルは20エレン(12メートル近く)もある長い髪を垂らし、魔法使いの女はその髪にすがってラプンツェルの所へ行く。通りかかった王子が、同じように髪をつかんでラプンツェルの所まで登り、2人は夫婦になる。しかし魔法使いの女がそれを知り、ラプンツェルを荒野に追い払ったので、王子は絶望して塔から飛び降りる→〔盲目〕9

★3c.女の長い髪が蛇に変わる・蛇に見える。

『百物語』(杉浦日向子)其ノ72  町方の役人藤田某が公用で下野へ行き、旅宿に泊まった夜のこと。蛇が部屋に現れ、鎌首をもたげて藤田某をねらった。藤田某はとっさに羽織を蛇にかぶせ、上から刀で何度も突く。羽織を取り除けると、それは古びた腰帯で、裂け目から女の黒髪が溢れ出ていた。

『北条九代記』巻10  一遍上人は、在俗時2人の妻を持っていた。ある時、2人の妻が碁盤を枕に頭を差し合わせて寝ていたところ、彼女たちの髻がたちまち小さな蛇となり、鱗を立てて喰い合った。一遍は刀を抜いて真ん中から切り分けたが、この事件がきっかけとなり、彼は発心して家を出た〔*苅萱道心の発心譚にもこのモチーフは用いられる〕。

*女の長い髪と動物の尾→〔尾〕2a・2b

★3d.神が、女の髪を蛇に変える。

『変身物語』(オヴィディウス)巻4  メドゥサはもとはすばらしい美女で、とりわけ髪の美しさが人目をひいていた。海神ネプトゥーヌス(ポセイドン)が彼女を女神ミネルヴァ(アテナ)の神殿で犯した時、女神は目をそむけ、神殿を汚した罪によって、メドゥサの髪を蛇に変えた。

★4.不義をはたらいたため、髪を切られる。片側の髪だけ切られることがある。

『好色一代男』(井原西鶴)巻3「口舌の事触」  27歳の世之介は、奥州・塩竈神社の巫女を、夫がいるのを承知で無理に犯そうとする。しかし夫に見つかり、捕らえられて片方の鬢髪を剃り落とされた。

『デカメロン』(ボッカチオ)第7日第8話  夫が、妻のもとへ忍んで来る愛人を見つけ、追いかける。その間に妻は寝室を抜け出し、身代わりに女中を寝かせる。夫は戻って来て、女中を妻と思い殴りつけ髪を切り取って、妻の不貞をその家族に訴える。家族が確かめに来ると、妻は殴られた跡もなく、髪も長いままだった。

*→〔目印〕4の『デカメロン』第3日第2話。

*不義の男女の耳を切り取る→〔耳を切る〕3の『ボール箱』(ドイル)。

★5.人に魔法をかけるために、その髪の毛を用いる。

『悪を呪おう』(星新一『ようこそ地球さん』)  バーのマダムが、ハンドバッグをひったくられる。マダムはとっさに、逃げる犯人の髪を2〜3本つかみ取る。呪術を行なう男が、犯人をつかまえるべく、その髪を藁人形に入れて、5寸釘を突き刺す。その頃、犯人は家に帰って一息つき、かつらを取って禿げ頭の汗をふいていた。

『黄金のろば』(アプレイウス)巻3  魔女パンフィレエが、床屋から美青年の髪の毛を手に入れ、その髪の毛を燃やして美青年を呼び寄せようとする。しかし小間使いフォーティスが山羊の皮袋の毛を渡したため、皮袋がやって来る。

『黒金座主(くるかにじゃーし)と髪の毛』(沖縄の民話)  怪僧・黒金座主が村の美女に目をとめ、その弟を手なづけて、「お姉さんの髪を1本もらって来て」と請う。それを聞いた姉(美女)は、髪を1本抜き、目籠(みーばあき)の目の隙間に差し入れて通す。弟はその髪を黒金座主に渡し、黒金座主は髪を前に置いて、呪文を唱える。美女が駆け込んでくるはずだったが、驚いたことに、目籠がころころ転がり込んで、黒金座主の前にとまった。

★6.逆立つ髪。

『毛抜』  小野春道の息女・錦の前は髪が逆立つ奇病にかかり、文屋豊秀との結婚が延引される。これは、両家の婚約を破棄させてお家乗っ取りをたくらむ悪家老の陰謀で、錦の前に鉄製の髪飾りをさせ、天井裏から大磁石で髪を吸い寄せていたのだった。

『蝉丸』(能)  延喜帝の皇女・逆髪(さかがみ)は、頭髪が空に向かって逆さまに生え、心が折々狂乱して御所をさまよい出る。逆髪は逢坂山へ来て、藁屋に住む弟宮の蝉丸と巡り合い、互いの不運を慰め合って別れる→〔子捨て〕2

『撰集抄』巻8−27  9月の明月の夜、帥大納言経信が古歌を詠じていると、それに合わせて高らかに詩を詠ずる声が、前栽の方から聞こえた。驚いて見ると、背丈が1丈5〜6尺もあり、髪が逆さまに生えた者がいた。経信は「八幡大菩薩助けさせ給え」と念じ、その者は消え失せた。朱雀門の鬼などであったのかもしれない。

★7a.女の髪を売る。

『今昔物語集』巻3−26  ケイヒン国の女が髪を抜いて売り、仏弟子迦旃延を90日間供養し、彼の説法を聞く。その功徳で、女は身体から光を放つ美貌を得て、国王の后になる。后の勧めで、王も民も皆仏法に帰依する。

『若草物語』(オルコット)「電報」  従軍牧師として南北戦争に出征した父が重病、との電報が届く。母は父を見舞いにワシントンへ旅立つ。4人娘の次女ジョーが、栗色の長い髪を25ドルで売り、母の旅費の足しにする。

*→〔生き肝〕1の『今昔物語集』巻4−40・〔二者同想〕1aの『賢者の贈り物』(O・ヘンリー)。

★7b.死んだ女の髪を売ろうとする。

『好色一代男』(井原西鶴)巻4「形見の水櫛」  百姓2人が、土葬された美女の髪を抜いて、遊郭へ売りに行こうとする。それを見咎める世之介に、百姓らが説明する。遊郭の女郎は、何人もの客に「恋しい貴方のために私の髪を切る」と心中立てをする。そして他人の髪を買い取り、手紙に包んで客たちに送りつけ、だますのである。

『今昔物語集』巻29−18  羅城門の上層に若い女の死骸があり、老婆がその髪を抜き取る。これを見咎める盗賊に、老婆は「この女性は私の主人だった人だ。長い髪なので、鬘にしようと思うのだ」と説明する〔*『羅生門』(芥川龍之介)では、老婆が下人に「この女は生前、蛇の切ったのを魚といつわって売っていた。だからこれくらいのことをされても当然だ」と言う〕。 

★8a.金髪。

『紳士は金髪がお好き』(ホークス)  ナイトクラブの踊り子・金髪のローレライは、富豪の息子ガスと婚約する。ガスの父が探偵マローンに、ローレライの素行調査をさせるが、マローンは、ローレライの親友ドロシーと恋仲になってしまう。ローレライはガスの父に対面して「お金が目当ての結婚よ」と言う。怒る父に、彼女は「金持ちの男は、美人の女と同じこと。結婚するなら美人の方がいいでしょ?」と言いくるめる。かくてローレライとガス、ドロシーとマローンの2組が、めでたく挙式する。

★8b.緑色の髪。

『緑色の髪の少年』(ロージー)  田舎町に疎開したピーター少年は、両親がロンドンで空襲のため死んだことを知り、戦争への恐怖で、一夜にして髪が緑色になった。町の人々は緑色の髪を忌み、「伝染する」との噂も広がる。孤独なピーターは森へ迷い込み、戦争孤児の一群に出会う。彼らはピーターに、「緑色の髪は、戦争が子供に及ぼす不幸の象徴だ。緑色の髪ゆえ、誰もが君に注目する。君は世界の人々に、2度と戦争を起こさないよう訴えるべく選ばれた人間だ」と教える。

★8c.赤毛。

『赤毛連盟』(ドイル)  質屋の主人ウィルスンは、燃えるような赤い髪の持ち主だった。彼は、店員のスポールディングに勧められて、赤毛連盟の一員となる。アメリカの赤毛の百万長者が、自分と同じ赤毛の人に同情し、この連盟を設立したのだという。連盟員は、ごく簡単な仕事をするだけで、多額の報酬が得られるのだ→〔ABC〕1

★8d.辮髪(べんぱつ)。

『髪の話』(魯迅)  「私」の先輩にあたるN氏は、清朝末期に日本へ留学してすぐ、辮髪を切ってしまった。そのため、辮髪を頭のてっぺんにぐるぐる巻きにしている仲間の留学生連中から、憎まれた。数年後に上海に戻ったN氏は、辮髪のカツラを買ったが、まもなくカツラをやめ、洋服を着て街を歩いた。すると「生意気野郎!」とか「ニセ毛唐!」とか、罵られた。辛亥革命後しばらくして、ようやく悪態をつかれることがなくなった。

★9.かもじ(入れ髪)。

『龍宮に遊んだ男』(沖縄の民話)  若者が浜辺で、黒く輝くかもじを拾った。それは龍宮の美女が落としたかもじだったので、美女はお礼に、若者を海の底の龍宮へ案内する。素晴らしいご馳走や歌舞音曲でもてなされたが、3ヵ月ほどたつと、若者は故郷が恋しくなって、いとまごいをする。龍宮の神様は、「人の世では、もう33代が経過している。このまま龍宮にとどまって、楽しみを受けるが良い」とさとす。しかし若者は龍宮を後にした→〔白髪〕2b

 

 

【神がかり】

 *関連項目→〔憑依〕〔もののけ〕

★1.神が人間の口を通して様々なことを告げる。

『日本書紀』巻5崇神天皇7年2月  崇神天皇が八十万(やそよろづ)の神々を招き占いをして、様々な災いのわけを知ろうとした。大物主神が倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこと)に神がかりして、「我を敬い祭れば、国はおのずから平らぐだろう」と告げた。

『日本書紀』巻6垂仁天皇25年3月  倭大国魂神が大水口宿禰にかかって「先帝崇神は、神祇を祭るに不適切なところがあったために、短命だった。今、汝(垂仁天皇)は、正しく祭れば命長く天下太平であろう」と教えた。

『日本書紀』巻15顕宗天皇3年  2月1日に月神が、4月5日に日神が、それぞれ人にかかって、祖神高皇産霊の功を述べ、田地を奉るよう求めた。

『日本書紀』巻28天武天皇元年7月  高市県主許梅が神がかり状態になって、「我は高市社の事代主神である。また、身狭社の生霊神である」と告げ、「西の道から軍勢が来る。注意せよ」と教えた。村屋神も、神官に神がかりして「我が社の中道から軍勢が来る。道を塞げ」と教えた。

『日本霊異記』下−31  美濃国方県郡の女が石2つを産んだ。隣の淳見郡の大神伊奈婆が、卜者に乗り移って「その2つの石は我が子なり」と告げたので、忌籬を設け石を祭った。

*伊奘諾(いざなき)神のお告げ→〔いれずみ〕1の『日本書紀』巻12履中天皇5年9月18日。

★2.神がかりによって、死者がでる。

『英霊の声』(三島由紀夫)  ある夜「私」は、木村先生の帰神(かむがかり)の会に列席する。霊媒の青年川崎重男君に、2・26事件の将校たちの荒魂(あらみたま)や、神風特別攻撃隊の勇士たちの荒魂が憑依する。彼らは、昭和天皇が終戦後「自分は神でなく人間である」と宣言したことを、激しく非難する。明け方になって、ようやく英霊たちは神界に帰るが、その時すでに川崎君は死んでいた。

『古事記』中巻  仲哀天皇が闇の中で琴を弾き(*→〔琴〕1)、后(=神功皇后)が神がかりとなって、神託を告げる。しかし仲哀天皇はこれを疑ったので神は怒り、「汝は一道(ひとみち)に向かえ」と命じた。火をかかげて見ると、仲哀天皇は崩じていた〔*『日本書紀』巻8仲哀天皇条では、天皇は8年9月5日に神託を得て疑い、翌9年2月6日に急病で崩じた、52歳であった、と記す。巻9神功皇后摂政前紀=仲哀天皇9年12月条の「一云」では、神託の夜に発病して崩じた、とする〕。

★3.いつわりの神がかり。 

『笑賛』(明・趙南星)「端公」  北方には神おろしを行なう男子がいて、これを「端公」と呼ぶ。ある時、端公の留守中に、神おろしを依頼する客があった。やむなく弟子が、神がかりになったふりをし、でたらめを言って謝礼をもらった。弟子がこのことを師匠の端公に報告すると、端公は驚き、「どうしてお前はわかったんだ。わしはもともとそうやっていたのだ」と言った。

★4.いつわりの神がかりのつもりが、本当の神が乗り移る。

『アグニの神』(芥川龍之介)  印度人の老婆が日本の少女妙子をさらい、その身体にアグニの神を乗り移らせる。神は妙子の口を借りて予言をし、老婆はそれで金を稼ぐ。ある時、妙子は神に乗り移られたふりをして、「妙子を親元へ返さぬとお前の命を取る」と言って老婆を脅そうと考える。しかし妙子は意識を失い、本当にアグニの神が乗り移る。老婆は「妙子がアグニの神の声色を使っているのだろう」と思い、神の命令を聞かず、その場で殺される。

★5.子供に神がかりする理由。

『続古事談』巻4−3  岩清水八幡の神の使いが、10歳ほどの少女に乗り移った(*→〔けがれ〕4)。神の使いは「成人に乗り移ると、その口から出る言葉が本当に神のお告げかどうか、疑われる。また成人は、けがれている。それで、疑われず・けがれてもいない少女に、乗り移ったのだ」と述べた。

★6.神がかりになった巫女の思い。

『なまみこ物語』(円地文子)  春日明神に仕える巫女が語った。「神が私の身体にお憑(うつ)りなさる時は、意識を失って何も覚えていない。でも、人の命を絶つような重大な言葉が、私の口から出たことを後に知って、空恐ろしい思いをすることが幾度もあった。娘2人は巫女にしたくない」。しかし娘2人も母同様に巫女となり、藤原道長に命ぜられて、中宮定子のにせ生霊を演じた→〔生霊〕5

 

 

【神隠し】

★.神・魔物などが人を連れ去る。

『古今著聞集』巻17「変化」第27・通巻605話  女官高倉の子で7歳になるあこ法師が、夕暮れ時、築地の上から垂れ布のようなものがおおいかぶさると見る間に、姿を消した。3日後の夜半、あこ法師は家に戻されたが、全身に馬糞がついており、魂の抜けたような状態で、14〜15歳までは生きていた。

『神道集』巻8−48「八ヵ権現の事」  上野の国司左大将家光の若君月塞が、伊香保山の船尾寺の稚児になる。しかし月塞は、19歳の3月16日、里へ下った折に神隠しにあう。天狗たちが月塞をさらったのだったが、このために父国司と船尾寺の間に戦が起こる〔*月塞は後に天狗たちに捨てられるが、やがて神通力を得て神になる〕。

『諏訪の本地』(御伽草子)  甲賀三郎が妻・春日姫を連れて、伊吹山で巻狩をした時、辻風が、美しい草紙3帖を姫の仮屋へ吹き入れた。姫が草紙を手に取って見ると、草紙は3人の児(ちご)に変身し、姫をさらって辰巳の方へ消え去った〔*類話の『神道集』巻10−50「諏訪縁起の事」では、童子は東北へ去り、春日姫を好湛国へ連れ去る〕→〔穴〕3b

『遠野物語』(柳田国男)8  松崎村寒戸(さむと)の民家で、若い娘が神隠しにあった。黄昏時に、梨の樹の下に草履を脱ぎ置いたまま、行方知れずになったのだ。それから30余年後の強風の日、娘は老いさらばえた姿で帰って来て、「皆に会いたかった」と言い残し、またどこへともなく去った。

『南総里見八犬伝』第4輯巻之5第40回  悪人舵九郎が、4歳の犬江親兵衛を捕らえて、石で撃ち殺そうとする。その時、電光とともに雲が降り、親兵衛は雲に包まれ、中天へ昇って姿を消した。舵九郎は、身体を引き裂かれて死んだ〔*親兵衛は、伏姫の墳墓のある岩窟で伏姫神霊に養われ、5年後に里見義実(=伏姫の父)の前に姿を現す〕。

『百物語』(杉浦日向子)其ノ22  旗本屋敷の6歳の息女が、表を通る門付け一座を見ようと庭に降りかけ、奥方から制止される。娘は門付けの唄・三味線の音を慕って廊下を走り、乳母に追われて一部屋の長持に隠れる。乳母が蓋を取ると娘の姿は消えていた。1年後、長持の中に娘は再び姿を現し、以来別事なく、今は15〜16歳になっている。

*姿を見えなくされ、声も出せなくされてしまう→〔隠れ身〕6の『現代民話考』(松谷みよ子)1「河童・天狗・神かくし」第3章の3。

  

 

【雷】

 *関連項目→〔落雷〕

★1.人間が雷に化す。

『大鏡』「時平伝」  右大臣菅原道真は、左大臣藤原時平の讒言(ざんげん)によって大宰府に流され、死後雷神となった。恐ろしく雷が鳴って、清涼殿に落ちかかろうとした時、時平は刀を抜き、「汝は存命中は私の次位だった。雷神となっても私に対しては遠慮すべきだ」と言って、にらみつけた。すると、一時(いっとき)雷は鎮まった。

『平治物語』下「悪源太雷となる事」  悪源太義平は難波三郎恒房に斬られる時、「雷になって、汝を蹴殺してやる」と言った。以来、雷が鳴るたびに、恒房はこのことを思い出して恐れた。摂津国昆陽野で雷に遭った時、恒房は、悪源太義平を斬った刀を抜いて立ち向かったが、乗っていた馬もろとも雷に打たれて死んでしまった。

★2.雷と性交。雷雨は天と地の性交であり、それに促されて男女も契りを交わす。

『源氏物語』「賢木」  朧月夜尚侍が瘧病治療のため、内裏から父右大臣邸に里帰りしたので、光源氏はしのび入り密会を重ねる。光源氏25歳の夏、激しい雷雨の暁に、右大臣は娘朧月夜の部屋を見舞い、2人の密会の現場を見る。このために、光源氏は須磨に退去することになる。

『好色五人女』(井原西鶴)巻4「恋草からげし八百屋物語」  師走の28日に火事があり、八百屋八兵衛一家は旦那寺の吉祥寺に避難した。16歳の娘お七は、同じく16歳の寺小姓・吉三郎と恋仲になり、正月15日、激しく雷の鳴る深夜に、ただ1度の契りを結んだ。

『日本霊異記』上−1  雄略天皇と后が大極殿で媾合中に、少子部栖軽がそれと知らずに参入した。天皇は恥じて媾合を中止したが、その時、空には雷が鳴っていた。

『湯屋番』(落語)  銭湯に奉公した若旦那が、客の女に見初められ、家に招き入れられる。折からの雷雨に女はおびえ、やがて落雷があって女は気を失う。若旦那が口移しに気付けの水を飲ませると、女は「雷様は怖けれど、私がためには結ぶの神」とほほえむ〔*すべて、番台に座った若旦那の空想〕→〔空想〕3a

*雷が鳴っても性交しない→〔性交せず〕3の『武家義理物語』(井原西鶴)。

*雷を恐れて、男女が1つの蚊帳の中に入る→〔蚊帳〕1の『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめかがとび)』(河竹黙阿弥)。 

★3.雷の嫁になる。

『太平広記』巻395所引『稽神録』  大雨の後、娘が姿を消したので老母が捜しまわる。1ヵ月後、娘が訪れ「自分は雷の嫁になった」と告げて去り、2度と戻らなかった。

★4.武器としての雷。 

『ギリシア神話』(アポロドロス)第1巻第2章  クロノスの子として生まれたゼウスは、成年に達すると、ティタン族との戦争に従事した。一眼の巨人族キュクロプスたちがゼウスに電光と雷霆を与え、ゼウスは以後これを武器として用いた。  

★5a.雷の真似をする。

『ギリシア神話』(アポロドロス)第1巻第9章  高慢なサルモネウスは「私はゼウスだ」と称し、ささげ物を人々に要求した。彼は、乾燥した革を青銅の釜とともに戦車で引っ張って「雷鳴だ」と言い、炬火を空に投げて「雷光だ」と言った。本物のゼウスが雷霆でサルモネウスを撃ち、彼の建てた市と住民を滅ぼした(*サルモネウスはテッサリア出身だった→〔雷〕5b)。

『サザエさん』(長谷川町子)朝日文庫版・第32巻131ページ  サザエが入浴中、窓の外に「ピカッピカッ」と稲光がし、「ゴロゴロ」と雷鳴が聞こえるので、こわくなって飛び出る。しかし波平もフネも「雷?」「いいえ」と言うので、外を見ると、ワカメとカツオが、懐中電灯と太鼓を使っていたずらをしていたのだった。   

★5b.雷を真似るのは、本物の雷を招く呪術だった。

『金枝篇』(初版)第1章第2節  テッサリアのクランノンの人々は、青銅の戦車を神殿に置いた。雨を欲する時には、この戦車を揺らすと雨が降った。戦車のガラガラ鳴る音はおそらく、雷鳴の模倣である。ロシアでも、鉄槌で薬缶や樽をたたいて雷鳴を真似る、2本の燃え木を打ち当て火花を飛ばして稲光を真似る、などの呪術を行なって雨乞いをした。

★6.雷雨で占う。

『日本書紀』巻28天武天皇元年6月  天智天皇の死後、大海人皇子は大友皇子と対立し、挙兵する。激しい雷雨の夜、大海人皇子は誓約(うけひ)をして、「もし天神地祇が助け給うならば、この雨は止むだろう」と言う。言い終わるとすぐ、雷雨は止んだ。 

 

 

【神に仕える女】

★1.神域の処女。

『ギリシア神話』(アポロドロス)摘要第6章  ロクリスのアイアスがトロイアのアテナを怒らせたために(*→〔暴行〕10)、ロクリス地方は疫病に襲われた。「千年間、2人の処女をトロイアへ送って、アテナを宥(なだ)めるべし」との神託があり、くじ引きによって、ペリボイアとクレオパトラがトロイアへ送られた。彼女らは神殿の外へ出ず、髪を切り、1枚の着物に履物なしでいた。彼女らが死ぬと、次の処女を送った。後には、赤児を乳母とともに送った。千年の後に、処女を送ることをやめた。

★2.斎宮(いつきのみや)。

『伊勢物語』第69段  男が伊勢の国へ狩りの使いに行き、斎宮である女と、一夜の契りを交わした。男の「われて逢はむ」との言葉に応じ、女が男の部屋を訪れたのだった。夜が明けて、女から「君や来し我や行きけむおもほえず夢かうつつか寝てかさめてか」の歌が届き、男は「かきくらす心の闇にまどひにき夢うつつとはこよひ定めよ」と返歌した。しかし再びの逢瀬は叶わず、男は尾張の国へ旅立った。

 *斎宮は、男(=在原業平)との一夜の契りで子をなした、との説がある→〔一夜孕み〕1bの『冷泉家流伊勢物語抄』。

『和漢三才図会』巻第77・大日本国「丹波」  当国熊野郡市場村では、もし女児が生まれれば、4〜5歳になると斎宮となって神に奉仕する。深夜に独り坐しても、けっして怖畏(おそれ)ない。ようやく成長して月水を見るようになると、たちまち大蛇が出て逐(お)うので居られなくなる。それで自分の家に帰り、新しい女と交代する。

★3.巫女が国を治める。

『後漢書』列伝第85「東夷伝」  桓帝・霊帝の頃(146〜189)、倭国に卑弥呼(「ひみこ」あるいは「ひめこ」)という女子がいた。成長しても結婚せず、神がかりになって託宣し(「事鬼神道」)、巫女となって人々を惑わした(「以妖惑衆」)。倭国の人々は、卑弥呼を立てて王とした。卑弥呼の姿を見た者は少ない。1人の男子が食事の世話をし、卑弥呼の言葉を伝えている。

 *『魏志倭人伝』(『三国志』巻30・『魏書』30「烏丸鮮卑東夷伝」)に同記事があり、そこでは「卑弥呼の弟が政治を補佐した」と記す〕。

 

 

【神になった人】

★1.人間が死後に神となって祀(まつ)られる。

『小桜姫物語』(浅野和三郎)  「私(小桜姫)」は足利時代末期に現世に生きた者で、相州荒井の城主三浦道寸の息子・荒次郎義光の妻であった。夫義光が討ち死にして1年余り後に、「私」は34歳で病死した。里人が時折、野良(のら)の行き帰りに「私」の墓に香華をたむけていたが、ある年、三浦の土地が大海嘯(つなみ)の災厄から逃れたことが契機で、里人は小桜神社を建立し、土地の守り神様として「私」を祀った。

*病気に苦しんで死んだ人が、神になる→〔病気〕1aのうば神様の伝説。

*恋に苦しんで死んだ人が、神になる→〔恋わずらい〕4aの『じゅりあの・吉助』(芥川龍之介)。

★2.人間の夫婦が、死後に神や仏となって祀られる。

『浦島太郎』(御伽草子)  浦島太郎は玉手箱を開け、鶴になって虚空に飛び上がった。後に彼は、丹後の国に浦島の明神としてあらわれ、衆生を済度した。龍宮城の女房の本体である亀も、同じ所に神としてあらわれ、夫婦の明神となった。

『小栗(をぐり)(説経)  小栗判官は鞍馬の毘沙門に、照手姫は下野の日光山に、親が申し子をして得た子である。2人は結婚し、長者となり長寿を得た。死後はそれぞれ、美濃の国安八郡墨俣の、正八幡の荒人神(あらひとがみ)・契り結ぶの神となった。

『熊野の御本地のさうし』(御伽草子)  天竺・摩訶陀(まかだ)国の善財王は世をはかなんで(*→〔父さがし〕1)、7歳の王子、亡き后・五衰殿のせんかう女御の首、ちけん聖などとともに、飛ぶ車に乗って都を出、日本の紀の国に到った。彼らは熊野権現の神となった。證誠殿は善財王、両所権現は五衰殿の女御、那智権現はちけん聖、若王子は7歳の王子のことである〔*類話の『神道集』巻2−6「熊野権現の事」では、「五衰殿の善法女御」「喜見上人」とするなど小異がある〕。

『梵天国』(御伽草子)  玉若は、父母が清水の観音に願って得た子である。彼は梵天国王の姫君を妻とし、中納言になり、丹後・但馬の国を領地とした。玉若は丹後に住み、80歳の年に久世戸(=切戸)の文殊となった。妻は成相寺の観音となった。 

*→〔貴種流離〕1の『日光山縁起』・〔小人〕1aの『小男の草子』(御伽草子)・〔再会(夫婦)〕4の『神道集』巻7−43「葦苅明神の事」。

★3.帝王の父親は、神でなければならない。

『変身物語』(オヴィディウス)巻15  アウグストゥスはローマの初代皇帝となった。世界の統領ともいうべき偉大なアウグストゥスが人間の子であってはおかしいとの理由で、その父(実際には養父)カエサルは、神とならねばならなかった。カエサルが暗殺された時、女神ヴェヌスが、彼の死体から魂を救い出して天に運んだ。魂は、炎のような尾を引く箒星となって輝いた。

★4.生きた人間が「神」と呼ばれ、共同体を支配する。 

『地獄の黙示録』(コッポラ)  ベトナム戦争の時代。米軍特殊部隊のカーツ大佐はカンボジアの密林地帯に潜入し、現地人たちの王国の「神」となって、君臨する。米軍司令部が、カーツ暗殺をウィラード大尉に命じ、ウィラードは王国へ乗り込んで、カーツと対面する。カーツは、アジア人の思考と行動が米国人の理解を絶するものであることを語る。祭の夜、ウィラードは鈍刀で切りつけ、カーツを殺す。カーツは抵抗せず、自らの死を待っていた。現地人たちはウィラードを新たな神としてあがめる。ウィラードは振り返ることなく王国を去る。

★5.人間が神のふりをする。

『石神』(狂言)  妻が夫に愛想をつかし、親里に帰ろうとして、神社の石神に伺いをたてるというので、夫が石神に扮して妻を待つ。妻が「石神が上がれば親里に帰り、上がらねば夫のもとにとどまる」と念ずると、夫は持ち上げられないように力を入れる。妻はいったんは真の神のお告げと信ずるが、すぐに夫と見破る。

『パンチャタントラ』第1巻第5話  王女に恋した織物師が、木製のガルダ鳥や、法螺貝・円盤・棍棒・蓮華を持つ4本の腕などで身をよそおい、ヴィシュヌ神に変装して王女の寝室へしのび入る。織物師は王女に、「私(ヴィシュヌ)の妻ラーダーが、あなたに生まれ変わったのだ。だから私は来たのだ」と言い、王女はそれを信じて織物師に身をまかせる。

*→〔木〕7aの『隣りの寝太郎』(昔話)。

 

 

【神を見る】

★1.神の姿を見るのは、怖れ慎むべきことである。

『遠野物語』(柳田国男)91  鳥御前という男が、山で赭い顔の男と女に出会う。彼らは鳥御前の近づくのを制止するが、鳥御前は戯れて腰の切刃(きりは)を抜き、男に蹴られて気絶する。鳥御前は友に介抱されて家に帰り、3日ほど病んで死ぬ。山の神の遊んでいる所を邪魔したため、祟りを受けて死んだのだった。

『日本書紀』巻14〔第21代〕雄略天皇7年(A.D.463)7月  雄略天皇は「三諸丘(みもろのをか)の神の姿を見たい」と思い、臣下の少子部連(ちひさこべのむらじ)スガル(*→〔同音異義〕1c)に、「行って捉(とら)えて来い」と命ずる。スガルは三諸丘に登り、大蛇を捉えて天皇に見せる。大蛇は雷音をとどろかせ、目をきらきらと輝かせた。天皇は恐れ、目をおおって大蛇を見ずに殿中に退き、大蛇を丘に放たせた。

*→〔夫〕4の『日本書紀』巻5崇神天皇10年9月・『変身物語』(オヴィディウス)巻3・〔水浴〕3の『変身物語』(オヴィディウス)巻3・〔盲目〕3aの『ギリシア神話』(アポロドロス)第3巻第6章。

*双頭の蛇を見ると、死ぬ→〔蛇〕9aの『太平広記』巻117所引『賈子』。

*雪女郎を見ると、1年以内に死ぬ→〔雪女〕5の雪女郎の話。

*毛の生えた蛙が家に現れたら、誰かが死ぬ→〔蛙〕4bの『蛙』(ゲーザ)。

*龍の姿を見て、気絶する→〔龍〕8の『今昔物語集』巻24−11。

*後ろ手で、神に捧げ物をする→〔後ろ〕1bの『奇談異聞辞典』(柴田宵曲)「戸隠明神」。

★2.選ばれた人が神の姿を見て、言葉を聞く。

『大鏡』「昔物語」  宇多天皇がまだ侍従であった元慶2年(878)頃、11月下旬に鷹狩りに出かけたが、急に霧が立ちあたりが暗くなり、供人は薮の中に伏し震えていた。その間1時間ほど、賀茂明神が出現して侍従に託宣していた。

『古事談』巻3−58  長久の頃、最勝講の時、道場に持国天以下の四天王が現れたが、後朱雀院以外の人はこれを見なかった。

『出エジプト記』第19〜20章  雷鳴と稲妻と厚い雲がシナイ山に臨み、角笛の音が鳴り響いて、神がモーセ(モーゼ)を山の頂へ呼ぶ。イスラエルの人々は山の下で待つ。神はモーセに十戒を語る。

『出エジプト記』第24〜32章  後にモーセは40日40夜、山にこもって神の言葉を聞き、神が指をもって記した2枚の石の板を授かった。

 

*神の使いである山椒魚を見ると、疱瘡の病にかからない→〔山椒魚〕3の『山椒魚』(松本清張『彩色江戸切絵図』)。

*星を見て病気を治す→〔病院〕5の『第三半球物語』(稲垣足穂)「星の病院」。

 

 

【亀】

 *関連項目→〔鼈(すっぽん)〕

★1.亀を放生すると、後に恩を返してくれる。

『浦島太郎』(御伽草子)  丹後の国の浦島太郎は、ゑしまが磯で釣り上げた亀に、「命を取るのはかわいそうだから助けよう。この恩を思い出せ」と言って海に返す。翌日、亀の化身である美女が舟に乗って現れ、浦島を龍宮城へ招き夫婦となって、恩を報ずる〔*原形の『丹後国風土記』逸文では、釣った亀がその場で女に化すので、放生ではない〕。

『今昔物語集』巻5−19  天竺の人が 亀を買って放してやると、数年後、亀が洪水を予言し、船を用意せよと教える。

『今昔物語集』巻9−13  天竺の男が船人に商売の資金5千両を与え、5匹の亀を買い取って放生する。船人は水死し、黒衣の5人(=亀の化身)が水に濡れた5千両を、男の家に届ける〔*『宇治拾遺物語』巻13−4に類話〕。

『今昔物語集』巻17−26  男が漁師から亀を買って放生するが、その亀は地蔵菩薩の化身で、やがて病死した男を冥土から蘇生させる。

『今昔物語集』巻19−29  山陰中納言が住吉へ参詣した時、鵜飼の男に着物を与えて大亀を買い取り、海に放す。後、亀は山陰の子が継母に殺されそうになったところを救う〔*類話は『十訓抄』第1−5など数多い〕→〔継子殺し〕2

『三宝絵詞』下−26  ある人が、市で河亀を高く買い取り放生する。その夜、亀がこの人の家を訪れて洪水を予言する。この人は王に告げ知らせ、後に大臣に任ぜられる。

『捜神記』巻20−6(通巻454話)  孔愉が、籠の中の亀を買い取り川に放す。亀は、川の左岸にいる孔愉を何度も振り返り泳ぎ去る。後に孔愉は侯爵になり、銅の職印を鋳造させるが、印のつまみの亀の首が左を向いてしまうこと3度に及んだので、侯爵になったのは亀の恩返しだったと孔愉は気づく。

『太平広記』巻118所引『幽明録』  1人の軍人が白い亀を買って育て、やがて長江に放す。後、戦闘で多くの兵が長江に飛びこみ溺死するが、彼だけは、白い亀が背に乗せて対岸に送り届けた。

『日本霊異記』上−7  弘済禅師が海辺で亀4匹を買って放生する。後、禅師は賊のために船から落とされるが、亀の背に乗って助かる〔*『今昔物語集』巻19−30に類話〕。

★2.亡き母の霊が亀と化して子を救う。

『秋月物語』(御伽草子)  あいきゃうの君は、継母のために海に沈められるが、亡き母が大亀となって彼女を救う。

『ふせやの物語』(御伽草子)  にほひの君は、継母のために近江の湖に沈められるが、母の霊が宿った大亀に救われる。

★3.亀の甲羅は有用なものである。

『荘子』「外物篇」第26  宋の元君は、漁師余且が捕まえた白亀を殺して甲羅を剥ぎ、鑽で穴をあけてそこを火で焼き、亀裂の出方で吉凶を占うこと72回に及んだが、外れたことは1度もなかった。

『法句譬喩経』巻1「心意品」第11  水狗(かわうそ)が、歩いている亀を食おうとしたが、亀は頭・尾・4脚を縮めて甲羅の中に隠した。水狗が遠ざかると、亀は頭足を出して再び歩き始め、無事であった。「亀が甲中に頭足を蔵して身を守るごとく、人間も6つの感覚器官を制御して心を守れ」と、世尊は説いた。

*亀の甲羅で琴を作る→〔琴〕5a

*亀の甲羅が並んで橋になる→〔橋〕8aの『平家物語』巻5「咸陽宮」。

★4.亀の寿命は一万年。

『再成餅(ふたたびもち)「万年」  「『亀は万年』と言うが嘘だ。この亀は最近買ったが、ゆうべ死んだ。古人の言もあてにならぬ」「いや、ゆうべが万年目だったかもしれない」。

*亀のゆったりした呼吸が、長寿の一因かもしれない→〔息〕6の『幽明録』6「墓の中の娘」。

★5a.世界を支える亀。

陸地と動植物などの起源譚(北アメリカ・ヒューロン族の神話)  原初には、世界は一面の海原だった。1匹の海亀の甲羅のまわりに、女神が置いた泥が(*→〔土地〕2d)、あらゆる方向に広がって、動植物の生育する広大な土地ができ上がった。そのすべてを支えたのは亀であり、今も亀は大地を支え続けている。

*→〔島〕5の『列子』「湯問」第5。

★5b.「世界を支える亀」を支えるものは何か?

『ホーキング、宇宙のすべてを語る』第1章  有名な科学者(バートランド・ラッセルだ、という説あり)が講演で、「地球は太陽の周囲を回り、太陽は銀河系内を回っている」と述べた。1人の老婦人が「それは間違いです。世界は平面で、巨大な亀の背中に支えられています」と反論する。科学者は「では、その亀は何の上に立っているのですか?」と尋ねる。老婦人は「あなたは賢いわ。でもね、亀の下にも、たくさんの亀がいるのよ」と答えた。 

 

*落下する亀→〔落下〕3

*兎と亀の駆けくらべ→〔兎〕1a

*アキレスと亀→〔競走〕5bのアキレスと亀の故事。

*石亀。亀の石像→〔水没〕1の『述異記』(祖冲之)・『捜神記』巻20−7、〔八月十五夜〕6の『子不語』巻6−138。

*アトランティス大陸に生息していた巨大な亀→〔原水爆〕3bの『大怪獣ガメラ』(湯浅憲明)。

 

 

【蚊帳】

★1.蚊帳の中の男女。

『三四郎』(夏目漱石)  三四郎は大学へ入学するため、夏の終り頃に熊本から汽車で上京する。乗り合わせた人妻から「女1人では不安なので、宿屋へ案内してほしい」と頼まれ、名古屋の旅館に同宿する。宿では2人を夫婦扱いして、狭い蚊帳の中に蒲団を1枚だけ敷く。三四郎は、蒲団の真中に敷布を巻いて長い仕切りを作り、女との間を隔てる。翌朝別れ際に女は、「あなたはよっぽど度胸のない方ですね」と言って笑う。

 *男女の間を、剣・毛布・帯などで隔てる→〔閨〕4a・4b。  

『盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめかがとび)(河竹黙阿弥)2幕目返し「天神前梅吉内の場」  鳶の頭(かしら)梅吉の妻おすがは、大の雷嫌いだった。初雷の日、おすがは恐れて蚊帳に入り、たまたま訪れていた子分の巳之助も雷嫌いゆえ、一緒に蚊帳へ入れてやる。雷雨がやんだところへ、夫梅吉が帰って来る。蚊帳の中の2人は「不義をした」と見なされ、巳之助は追放、おすがは離縁となる〔*後に誤解はとける〕。

★2.蚊帳つり狸。 

『百物語』(杉浦日向子)其ノ20  阿波には「蚊帳つり狸」がいる。夜、道の真ん中に蚊帳がつってある。まくって通ると、また別の蚊帳がある。いくらまくっても蚊帳がある。戻ろうとすれば、背後も無数の蚊帳である。夜が明けるまで、蚊帳の中をうろうろするだけだ。心を落ち着け、ひたすら蚊帳をまくって前進すれば、36枚目に向こうへ出られる。

★3.蚊帳を知らない人。

『飛びこみ袋』(昔話)  5人の田舎者が宿に泊まり、はじめて蚊帳を見た。蚊帳は折りたたんであったので、5人がかりで広げると、持つ所が4つある。「4人でこれを持ち、中へ1人が飛びこんで寝るのだろう。四方持ちの飛びこみ袋だ」と5人は考える。そこで、代わりばんこに1人ずつ蚊帳へ飛びこんで寝て、あとの4人が4隅を持つ、ということを一晩中やっていた(鳥取県東伯郡東伯町上法万)。

『二人の娘』(インドの昔話)  貧しい父親が2人の娘を持っていたが、そのうち1人が金持ちと結婚し、父親はその家へ招かれて1泊する。寝室に大きな寝台があり、その上に蚊帳がつってあった。蚊帳は寝台全体をおおって、寝台の脚までとどいていた。父親は「てっぺんに登って寝るのだろう」と考え、蚊帳の上へ寝ころがると、蚊帳もろともドスンと寝台へ落ちてしまった。父親は「頸の骨を折ってはたまらない」と、逃げ帰った(ケララ地方)。

★4.魔を追い払う蚊帳。

『絵本百物語』第27「手負蛇(ておひへび)」  蛇を半殺しにして棄てたところ、その夜、蛇は傷ついた身で「仕返しをしよう」とやって来た。しかし蚊帳を吊っておいたので、入ることができなかった。翌日、蚊帳のまわりに血がしたたり落ちており、「あたむくひてん(=仇を報いよう)」という文字になっていた。 

 

 

【烏(鴉)】

★1a.烏(鴉)の色が黒くなったわけ。

『ギリシア神話』(アポロドロス)第3巻第10章  アポロンはコロニスという娘を愛し、彼女と交わったが、コロニスはひそかに別の男とも関係を結んだ。鴉がこのことを告げたので、アポロンは怒り、コロニスを殺した。さらにアポロンは鴉をも呪い、白かった鴉を、黒色の鳥にしてしまった。

『ふくろう染め屋(ふくろう紺屋)(昔話)  いつも真っ白な着物姿のおしゃれな烏が、ふくろうの染め屋に、「私の衣裳を、またとないような色に染めてほしい」と注文する。ふくろうは烏を真っ黒に染め、「これが世界にまたとない色だ」と言う。烏は怒ってふくろうを追い回し、以来、ふくろうは昼間は森の奥に隠れ、夜だけ出てくるようになった(岩手県岩手郡平館村。*どんな色にしても烏が満足しないので、ふくろうは怒り、烏を真っ黒に染めた、という形もある)。

★1b.白い烏(鴉)。

『十訓抄』第1−41  右大臣源顕房は、身近に召し使う盛重の心を試そうと、ある朝、「屋根に烏が2羽とまっているが、1つの烏の頭は白く見える。見間違いだろうか」と問うた。盛重はじっと烏を見た後に、「間違いありません」と答えた。右大臣は盛重を「出世しそうな男だ」と認め、白川院に仕えさせた。

*白い烏の夢→〔死夢〕1の『酉陽雑俎』巻1−14。

*烏の頭が白くなったら、との仮定→〔あり得ぬこと〕1cの『平家物語』巻5「咸陽宮」。

*3本足の白烏→〔太陽〕3dの二つの太陽の伝説。

★1c.三本足の烏(鴉)。

『洞冥記』巻4  東北の地に地日草、西南の地に春生草という不老の薬草が生えている。太陽の中に住む3本足の鴉が、しばしば天から飛び降りてこの草を食べる。太陽が乗る龍車の御者・羲和(ぎか)が、それを妨げようとするが、鴉は制止を聞かず降下してしまう。この草を食べれば年をとらないことを、知っているからである。

『酉陽雑俎』続集巻4−981  天后(則天武后)の時、3足の烏が献上された。側近の者が、「1足は偽造だ」と言った。天后は笑いながら、「ただ記録に書いておきなさい。どうしてその真偽を見分ける必要がありましょう」と言った。

★2.烏(鴉)からさまざまな情報を得る。 

『ギュルヴィたぶらかし(ギュルヴィの惑わし)(スノリ)第38章  オーディンは天上の宮殿ヴァルハラ(=ワルハラ)の玉座に坐し、彼の肩には2羽の鴉、フギンとムニンがとまっている。オーディンは早朝に彼らを放って、世界中を飛び回らせる。鴉たちは朝食時に戻って来て、見聞きしたすべてを、オーディンの耳に告げ知らせる。

 *自身は動かず、1ヵ所にいながら世界のことを知るというのは、日本神話のクエビコと同様である→〔片足〕1の『古事記』上巻。

*烏の会話を聞く→〔立ち聞き(盗み聞き)〕6aの『聴耳頭巾』(昔話)・〔針〕2aの『聴耳草紙』(佐々木喜善)。

★3a.烏(鴉)が、人の死を知らせる。

『遠野物語拾遺』146  先年、佐々木(喜善)君の上隣りにある某家で起こったこと。親類の家の方角から、1羽の烏がけたたましく鳴いて飛び来たり、翼をバサリと障子に打ちつけて去った。皆驚いて、「何事もなければ良いが・・・・・・」と話し合っているところへ、親類の家の老婆が谷川の橋から落ちて死んだ、との知らせが来た。

★3b.烏(鴉)が、死体のありかを教える。

『渦巻ける烏の群』(黒島伝治)  雪のシベリアを一個中隊が行軍し、道に迷って行方不明になる。春が来て、無数の烏が空から舞い降り、雪の中をつつく。「日本兵が死んでいる」との報告があり、捜索隊は烏たちの群がる所々に、むさぼり傷つけられた兵たちの死体を見出す。

『鴉(からす)(松本清張)  道路公団が、新道路建設のために、浜島庄作所有の土地を買い取ろうとする。しかし浜島は、いくら高額を提示されても売らない。彼は会社の同僚柳田修二を殺して、死体を敷地内に埋めていた。その場所の上に、やがて多くの鴉が群がり、舞うようになる。近所の人が不審に思い、警察に通報する。

*蝿が、死体のありかを教える→〔蝿〕8a

★3c.逆に、烏(鴉)が死体の匿(かく)し方を教える。

『コーラン』5「食卓」30〜34  兄カインが弟アベルを殺した時、アッラーに遣わされて1羽の鴉がやって来た。鴉はさかんに地を引っ掻き、アベルの穢れ身(=死体)を匿す方法を教えた。それを見てカインは言った。「ああ何たる情けないことだ。俺はもうこの鴉にもかなわないのか。弟の穢れ身を匿す力すらないのか」。 

★3d.烏(鴉)が、鬼の有無を教える。

『和漢三才図会』巻第65・大日本国「出羽」  陸奥と出羽の交(あわい)に、牟夜牟夜(むやむや)の関がある。俗に有也無也(うやむや)の関というのは、訛りである。昔この山に鬼神が住み、不意に出ては人をとらえた。烏が「有也有也」「無也無也」と鳴き分けて鬼神の有無を告げ、人はその声によって往来したという。これはでたらめの説である。 

★4a.烏(鴉)が、軍勢や猟師を導く。

『古事記』中巻  カムヤマトイハレビコは九州から東征の旅に出て、熊野へ到る。高木の大神が「天から八咫烏(やたがらす)を遣わして導くから、その後を行け」と告げる。カムヤマトイハレビコは、八咫烏にしたがって大和方面へ向かい、土地の荒ぶる神を平定し、服従せぬ人たちを追い払う。彼は橿原宮(かしはらのみや)で即位し、神武天皇となる。

『神道集』巻2−6「熊野権現の事」  第7代・孝霊天皇の代。紀伊国牟婁郡の猟師千代包(ちよかね)が猪に手を負わせたが、見失った。八咫烏が現れ、前方を悠々と歩いて行くので、千代包は後を追う。途中で、八咫烏の体色が金色に変ずる。やがて千代包は倒れ臥した猪を見つけ、気がつくと八咫烏は姿を消していた。千代包は八咫烏を捜して天を仰ぎ、光る物を見た→〔飛行〕6a

★4b.烏の戦争。

『烏の北斗七星』(宮沢賢治)  烏の大尉が、強い山烏との戦闘を命ぜられ、「おれはあした戦死するのだ」と覚悟して、許嫁に別れを告げる。大尉は北斗七星を仰ぎ、「わたくしが勝つことがいいのか、山烏が勝つのがいいのか、わかりません。ただ、あなたのお考えどおりです」と訴える。翌日、大尉は部下を率いて山烏と戦い、これを殺す。大尉は少佐に昇進し、「憎むことのできない敵を殺さずにすむ世界が、早く訪れますように」と祈る。

★5.人間が烏(鴉)になる。

『聊斎志異』巻11−433「竹青」  魚客(または魚容)という男が呉王廟で眠り、夢で呉王から黒衣を授けられ、それを着るとたちまち烏に化した。烏となった彼は、「竹青」という雌烏と結婚して楽しく暮らすが、人の投げた石つぶてに当たって死んだ。目覚めると、魚客は呉王廟で寝ていた〔*後、魚客は人間の姿をした竹青に再会する。魚客は黒衣を着て烏となり、遠方の竹青の所まで飛ぶ、などのことをする〕。

*父親の言葉によって、息子たちが烏になってしまう→〔呪い〕1の『七羽のからす』(グリム)KHM25。

★6.烏(鴉)と太陽。

『山海経(せんがいきょう)第14「大荒東経」  温源の谷があり、その上に扶桑の木が生えている。1個の太陽がやって来ると、1個の太陽が出て行く。太陽はみな、烏を載せている。

 *太陽の中に住む3本足の鴉→〔烏(鴉) 〕1cの『洞冥記』巻4。

 *太陽に化けた3本足の白烏→〔太陽〕3dの二つの太陽の伝説。

 

*烏の鳴き声→〔動物音声〕2aの『駒長』(落語)。

*「鴉が鳴くと悶着が起こる」との俗信→〔木〕3の『水滸伝』第7回。

*烏の羽に書かれた文字→〔知恵比べ〕の『日本書紀』巻20敏達天皇元年5月。

 

 

【ガラス】

 *関連項目→〔瓶(びん)〕

★1.ガラスの靴。

『サンドリヨン』(ペロー)  名付け親の仙女がサンドリヨン(=シンデレラ)に、美しいガラスの靴を与える。サンドリヨンは舞踏会から帰る時に、靴の片方を落とす。王子が「ガラスの靴にぴったり足の合う女性を妻に迎える」と宣言し、大勢の娘が試みるが、誰も靴をはけない。サンドリヨンの足が靴にぴったり合ったので、彼女の姉2人はびっくりする。しかしサンドリヨンがポケットからもう片方の靴を取り出してはいた時は、もっと驚いた。

*ガラスのマントにガラスの靴→〔風〕1の『風の又三郎』(宮沢賢治)。

★2.ガラスの山。

『ガラスの山』(イギリスの昔話)  魔法にかかった夫が、妻を捨てて、ガラスの山をいくつも越えた向こう側へ行き、別の女と結婚する。妻はガラスの靴をはき、ガラス山の山なみを越えて、夫が住む城にたどり着く。妻が「あなたの子供を3人産んで、たらいに3杯涙を流し、7年がかりでガラスの山を登りました」と言うと、魔法がとけて、夫は妻のことを思い出した。

『ガラス山の姫』(スエーデンの昔話)  15歳の姫が、「高いガラス山の頂上まで、武具をつけ、馬に乗って登った人を、私の花婿にします」と言う。姫は頭に金の冠をのせ、手に金のりんごを持って、ガラス山の頂上にすわる。大勢の求婚者が山に登ろうとするが、皆すべり落ちてしまう。他国の王子が、小人からもらった黄金の甲冑を着て、黄金の馬具をつけた馬にまたがり、頂上まで駆け上る。姫と王子は結婚し、幸福に暮らした。

『太鼓たたき』(グリム)KHM193  魔法つかいの妖婆が、王女をガラス山の上に封じ込める。太鼓たたきの青年が、魔法の鞍にまたがってガラス山へ飛び、妖婆から「池の魚を1匹残らず種類分けして、大きい順に並べよ」「森の木を1本残らず伐り倒して、薪にせよ」などの難題を課せられる。太鼓たたきは王女の助けで難題をやりとげ、妖婆を焔の中へ放り込む。2人は山を降りて結婚する。太鼓たたきがガラス山で過ごした3日の間に、人間界では3年が経過していた。

*兄たちが烏になって、ガラス山へ行ってしまった→〔末子〕3の『七羽のからす』(グリム)KHM25。

*「ガラスの山」は「死の国」の象徴、という説がある。 

★3.ガラスでできた棺。

『ガラスのひつぎ』(グリム)KHM163  魔法使いが、伯爵の姫君を妻にしたいと思うが、姫は魔法使いの言うことを聞かない。魔法使いは姫を地底の穴倉へ運び、ガラスの棺に閉じ込めて、去って行く。姫は棺の中で眠る。長い時間の後、旅の仕立て屋がやって来る。姫は目を開き、「ガラスの棺のかんぬきを抜いて、私を救い出して」と言う。仕立て屋は姫を棺から出し、2人は結婚する。

*→〔仮死〕5の『白雪姫』(グリム)KHM53。

★4.ガラスの指。

『ガラス指の李二』(北京の伝説)  峠の向こうに美しい山や川や町があり、そこへ行くためには、目の前にある汚い泥を食べなければならない。この世のつらい暮らしを嘆く鐘つき男・李二が、右手の人差し指を泥に突っ込むが、泥があまりに臭いので食べられず、美しい世界へ行くことはできなかった。李二が人差し指を泥から引き抜くと、透き通ったガラスの指になっており、そこに峠の向こうの縮小された景色が見えた。

★5.ガラス障子に気づかず、ぶつかる。

『西洋道中膝栗毛』(仮名垣魯文)2編上  ロンドンまで船旅をする弥次と北八(*→〔旅〕7)が、途中、上海の旅籠屋で、同行の日本人10数名とともに飲めや歌えの大騒ぎをする。ガラス障子の向こうに支那人が集まり、酒宴のありさまを見て笑う。弥次が「無礼者め」と怒ったので、支那人たちは「ワハハハハ、じゃつぱん、ばんかん、どろんけん、ざんまんみんろう、ウワアイ」とはやしたてて逃げる。弥次は追いかけようとしてガラスにぶつかり、仰向けにひっくり返る。 

★6.すべてガラス製の建物。

『われら』(ザミャーチン)  単一国では(*→〔戦争〕7b)、道路も建物もすべてガラス製だ。したがって、「個人の秘密」というものは存在しない。ただし性交の時には、ブラインドを下ろすことが許可される。性規制局で算定された各人別の「セックス・デー予定表」にもとづき、日時と対象者を記入した申請書を提出すれば、それで手続きは完了である。 

★7.謎のガラス工場。

『ココァ山の話』(稲垣足穂)  月夜村の丘々は、まるでココァ製だった。どこでも一匙すくってお湯を注げば、チョコレットができそうなのだ。丘蔭の小屋に、怪しい者たちが出入りして、青のような紫のような色合いの、綺麗なガラスを製造して出荷していた。夜、お巡りさんが小屋を調べに行くと、何と! 開いた窓の四角い枠の中から、数秒間ごとに月夜が薄くはがし取られている。月光を盗んで、ガラスにしていたのだ。 

 

*ガラス窓をへだてての接吻→〔接吻〕6aの『また逢う日まで』(今井正)。 

*ガラスは氷からできた→〔氷〕6の『酉陽雑俎』巻11−440。

 

 

【川】

 *関連項目→〔天の川〕〔冥界の川〕

★1.神が矢となって川を流れ下り、女と結婚する。

『山城国風土記』逸文  タマヨリヒメが石川の瀬見の小川で川遊びをしていた時、丹塗り矢が流れて来た。それを床の辺にさして置くと、身ごもって男児を産んだ。その子は成人の祝宴の折、屋根を突き破って天に昇った〔*→〔矢〕8の『賀茂』(能)では、丹塗り矢ではなく白羽の矢が流れて来る。女がそれを取って庵の軒に挿し、男児を産む〕。

*神の化身の矢が、厠(=川屋)の女の陰部を突く→〔厠〕1の『古事記』中巻。

*仙人が川辺の女を見て落下し、その女と結婚する→〔飛行〕1cの『今昔物語集』巻11−24。

★2.川を流れ下る木の枝が女に変じ、漁夫の男と結婚する。

『万葉集』巻3には、「この夕べ柘(つみ)のさ枝の流れ来ば梁(やな)は打たずて取らずかもあらむ」〔389歌〕など、柘枝(つみのえ)伝説にもとづく歌が3首ある。ただし、この伝説を記した『柘枝伝(しゃしでん)』は、現存しない。「吉野の谷川を流れて来た柘(=山桑)の小枝が、漁夫味稲(うましね)の梁にかかって美女と化す。美女は味稲の妻になるが、後に昇天した」という内容であろうと考えられている。

*釣り上げた亀が美女に変じ、男と結婚する→〔釣り〕2aの『丹後国風土記』逸文(浦島説話)。

★3.神々の世界の情報が川を通じて知られる。

『更級日記』  13歳の菅原孝標女が、父とともに上総国から上京する途中、富士河の辺で、土地の人が来て語った。「ある暑い日、富士河を流れる黄色い反故紙を見つけて拾うと、翌年の除目の内容が朱文字で記してあり、1つも違わずそのとおりになった。富士山に多くの神が集まり、翌年の人事を決めるということが、これによってわかった」。

★4.川の両岸の男女。

『妹背山婦女庭訓』3段目「山の段」  妹山・背山の中を流れる吉野川をはさんでその両岸に、久我之助・雛鳥の恋人どうしが住む→〔和解〕2

『古事記』上巻  スサノヲが地上から高天原へ昇り、アマテラスが武装して待ち迎える。スサノヲとアマテラスは、天の安の河を間にして向かいあう。2神は互いの持つ剣〔*十拳剣(とつかのつるぎ)〕と、珠〔*八尺(やさか)の勾玉の五百津(いほつ)の御統之珠(みすまるのたま)〕を交換して、天の真名井の水でそそぎ、それを噛んで吹き出す(*→〔息〕1a)。そこから合計8柱の神が生まれる〔*『日本書紀』巻1に同記事〕。

 *「天の安の河」=「天の川」とすれば、「御統之珠」は「すばる星」に化したかもしれない→〔すばる〕5の『星の神話・伝説集成』(野尻抱影)。

『舟橋』(能)  川むこうの恋人に逢うために、暗夜、舟をならべ板を渡して作った橋の上を男が行く。女の親が橋板をとりはずし、男は川に落ちて死ぬ。

★5a.川を流れ下るさまざまなもの。

『出雲国風土記』嶋根の郡加賀の神埼  「失せた弓箭出よ」と枳佐加比売命が願うと、水のまにまに角の弓箭が流れ来る。これではない、と投げ捨てると金の弓箭が流れ来る。

『東海道名所記』巻4  布留の川を鉾が流れ下り、女の洗っていた布にかかる。鉾を取り上げて沙の上に立てると、根づいて杉の木となり二(ふた)もとに別れる。これが石上布留明神の御神木である。

『遠野物語』(柳田国男)63  川上から流れて来た赤い碗を女が拾い、ケセネギツの中の米や麦を計る容器としてその碗を使う。すると、ケセネギツの中の米や麦はいつまでたってもなくならなかった。かつて女はマヨイガを訪れながら何も取って来なかったので、碗が、女に与えるべく自分から流れて来たのだった→〔異郷訪問〕2

『ハックルベリー・フィンの冒険』(トウェイン)  「僕(ハックルベリー・フィン)」は、親父から逃れてミシシッピー川のジャクソン島に隠れる。そこには、雇い主ミス・ワトソンのもとから逃亡した黒人奴隷ジムがいた。「僕」とジムは自由な暮らしを求めて、筏でミシシッピー川を南下する〔*物語の最後で、ミス・ワトソンが死に、彼女の遺言で、ジムはもはや奴隷ではなく自由の身になったことがわかる〕。

★5b.川をさかのぼるもの。

『一寸法師』(御伽草子)  津の国難波の里の翁・媼の子として生まれた一寸法師は、12〜13歳になっても背丈が伸びず、翁・媼からうとまれたため、家を出た。彼は、針の刀を麦藁の鞘におさめ、御器の舟と箸の櫂で川をさかのぼり、都に到った。

『地獄の黙示録』(コッポラ)  ウィラード大尉と4人の部下が、メコンデルタ地帯から哨戒艇で川をさかのぼり、ベトナム戦争のさまざまな局面を見る。ヘリコプター部隊が、大音量でワーグナーの『ワルキューレ』の音楽を流しつつ、地上を爆撃・銃撃する。アメリカ本土から派遣された踊り子3人が腰をくねらせて、基地の兵士たちを慰問する。上流に到ると、岸からロケット弾や槍などで攻撃され、2人が死ぬ。ウィラード大尉と2人の部下が生き残り、川の行き止まりの王国にたどり着く。

*死体が川の上流へのぼって行く→〔あり得ぬこと〕1dの『へたも絵のうち』(熊谷守一) 「生いたち」。

★6.川を流れ下る物を見て、その上流を尋ねる。

『草迷宮』(泉鏡花)  葉越明は、幼い頃母が歌った手毬唄の歌詞を知る人を捜し、故郷小倉を出て諸国を旅する。三浦半島秋谷の川に手毬の流れるのを見た彼は、上流にある鶴谷邸の空き屋敷へ泊まりこみ、そこで、畳が動き行燈が天井へ上がるなど、さまざまな怪異に遭う。

『今昔物語集』巻10−8  帝からの召しがなく後宮で空しく日を送る女が、柿の葉に詩を書き、宮中の川に流す。葉は宮中から流れ出て、川下にいた呉の招孝がそれを拾う。招孝は別の葉に返詩を書き、川上まで行って流す。葉は宮中へ流れ入り、女の手に入る。後、不思議な巡り合わせで2人は夫婦になる〔*『俊頼髄脳』に類話〕。

『長谷寺験記』下−15  高光少将の妻は、行方知れずの夫を捜して長谷寺に参籠の帰途、夫の扇が泊瀬川のしがらみに流れかかっているのを見る。彼女は川上を尋ね上り、多武峰に修行する夫と再会する。

『発心集』巻6−13  ある聖が、北丹波の谷川で切り花の捨てがらが流れるのを見る。上流を尋ねると庵が2つあり、かつて上東門院に仕えた女房が2人、世を逃れ40余年隠れ住んでいるのだった。

*箸が川を流れるのを見て、上流を尋ねる→〔箸〕2の『古事記』上巻。

*瓢(ひさご)が川を流れるのを見て、上流を尋ねる→〔異郷訪問〕2の『剪燈新話』巻2「天台訪隠録」。

★7.川に合図の物を流す。

『トリスタンとイゾルデ』(シュトラースブルク)第22章  トリスタンは、果樹園の泉から王妃イゾルデの部屋の方へ流れる川に、片面に「T」、もう一方に「I」と書いた板切れを流す。それが密会の合図で、2人は泉のほとりのオリーブの木陰で逢瀬を重ねる→〔影〕5

*→〔合図〕1の『妹背山婦女庭訓』3段目「吉野川」・『国性爺合戦』3段目「甘輝館」・〔合図〕2の『椿三十郎』(黒澤明)。

★8.川の向こうの死者。

『ムーンライト・シャドウ』(吉本ばなな)  百年に1回くらいの割合で、川の向こうに死者の姿が見えることがある。死者の残留思念と、残された者の悲しみがうまく反応し合った時、それは起こり、「七夕現象」と呼ばれている。早春の夜明け前、女子大生の「私(さつき)」は、2ヵ月前事故死した恋人等(ひとし)を、川の向こうに見た。声を出したり、橋を渡ったりしてはいけない。やがて夜が明け、等は笑って手を振りながら、青い闇の中へ消えて行った。

*死者の姿が見える島→〔島〕3の『かげろふ日記』上巻・康保元年7月。

★9.忘却の川。

『団子婿』(昔話)  愚かな婿が嫁の里ではじめて団子を食べ、美味だったので、忘れないよう「団子、団子、団子、・・・・」と言いながら帰って来る。ところが、村の近くの川を「ふいっ」と飛び越した拍子に団子を忘れ、「ふいっ、ふいっ、・・・・」と唱えつつ家に着き、「ふいっを作ってくれ」と嫁に注文する(兵庫県城崎郡香住町御崎。*川を「どっこいしょ」と飛び越し、「どっこいしょ」を作ってくれ、と言う形もある)。

*川を渡る時に足を踏み外して、自分の名前を忘れる→〔名前〕2の『名取川』(狂言)。 

*渡し舟で川を渡る時に、只乗りするための言葉を忘れる→〔乗客〕9aの『薩摩守』(狂言)。

*霊界にある忘却の川→〔冥界の川〕4の『国家』(プラトン)第10巻・『神曲』(ダンテ)「煉獄篇」第28〜33歌。

★10.川の水を飲んだために、妻に逢えなくなる。

『日光山縁起』上  有宇中将は妻・朝日の君を下野国に残し、都への旅に出る。朝日の君が、「途中にある『つまさか川』の水を飲むと2度と妻に逢えなくなるので、飲まないように」と教えるが、有宇中将は我慢できずに川の水を飲んでしまう。そのため中将は病気になり、野辺に倒れ死ぬ。朝日の君も中将の後を追って旅に出、道中で死ぬ〔*しかし炎魔王が2人を蘇生させる〕。

★11.天界の河が地上に降下する。

『マハーバーラタ』第3巻「森の巻」  サガラ王の息子である6万人の王子が、カピラ仙に睨まれ、一瞬にして灰と化した。ヤマ(死神)の国をさまよう彼らの霊を天界へ送るには、ガンガー(ガンジス河)の聖水で清めなければならない。ガンガーの女神は、その頃は天界に住んでいた。王子たちの子孫にあたるバギーラタ王が、千年間苦行をして、ガンガーに地上への降下を請う。ガンガーは大瀑布のごとく渦巻いて落下し、6万の王子の霊は天界へ上ることができた。 

 

*川の上流の異郷へ行く→〔異郷訪問〕2

 

 

【厠】

★1.厠へ流れ入る矢。

『古事記』中巻  美女セヤダタラヒメが厠にいた時、美和の大物主(オホモノヌシ)の神が丹塗り矢となって溝を流れ下り、彼女の陰部を突いた。セヤダタラヒメは驚いたが、その矢を床の辺に置くと、美しい男に変じた。男とセヤダタラヒメは結婚して、女児が生まれた〔*女児=イスケヨリヒメは、成長後、神武天皇の皇后になった〕。

★2.厠にかけた弓矢。

『古事記』中巻  春山の霞壯夫(かすみをとこ)が、藤の蔓(つる)で作った衣服と弓矢を身につけて、伊豆志袁登賣(いづしをとめ)の家へ行くと、彼の衣服も弓矢も、藤の花になった。霞壯夫は弓矢を、伊豆志袁登賣の厠に掛けておく。伊豆志袁登賣は花(=弓矢)を見て不思議に思い、自分の部屋へ持ち帰る。霞壯夫はその後について部屋に入り、伊豆志袁登賣と交わって子供ができた。

★3a.厠に出る幽霊。

『現代民話考』(松谷みよ子)7「学校ほか」第1章「怪談」の6  昭和20年(1945)頃。女学校の体育館の裏手に木造の便所があった。女学生が電球を使って自慰をしていたところ、誤って怪我をしてしまった。女学生は「痛いよう、痛いよう」と言いながら死んでいった。その後、時々、便所の方から痛みを訴える声が聞こえ、しばらくの間、その便所は使用禁止になった(大分県)。 

 *薯蕷(やまのいも)を用い、死んでしまったという物語もある→〔手〕2の『古事談』巻1−1。

★3b.厠に出る妖怪。

トイレの花子さん(水木しげる『図説日本妖怪大鑑』)  花子さんは、学校の女子トイレに出没する。誰もいないトイレの戸を叩きながら「花子さん、いますか?」と尋ねると、中から「は〜い」と返事をする。おかっぱ頭の少女が姿を現すこともある。便器の中から青い手が出るともいう。問いかけに対して、コックリさんのように、イエスなら1回、ノーなら2回と、ノックの回数で答えてくれる、という話もある。

★4a.厠の神。

紫姑神(しこしん)の伝説  紫姑(しこ)はたいへん美しい娘だったので、県知事の妾(しょう)になり、寵愛された。知事の妻は嫉妬の鬼と化し、正月15日に厠の中で紫姑を殺した。これを見た天の神が紫姑を憐れみ、彼女を厠の神とした。以来、人々は紫姑の姿を絵に描き、厠や豚小屋に貼って祀(まつ)るようになった。 

『和漢三才図会』巻第81・家宅類「厠」  厠の精を「倚(い)」という。青衣を着て白杖を持っている。その名を知っていて、名前で呼びかければ、「倚」は姿を消す。名前を知らずに呼びかければ、呼んだ人は死ぬ。新築した室には、3年間「倚」が居ない。人を見ると、「倚」は自分の面(おもて)を掩(おお)い隠す。もし人が「倚」の面を見ることができれば、福がある。 

★4b.厠に住む鬼。

『今昔物語集』巻7−21  宋の時代。恵果和尚が厠の前で1人の鬼に出会った。鬼は「前世で私は寺の事務僧だったが、過ちがあったので、現世は、厠で糞を食う鬼になってしまった」と言い、「この苦を救い給え」と請う。恵果和尚は、鬼のために法華経を書写し、供養する。後、恵果和尚の夢に鬼が現れ、「おかげで鬼の境涯を脱することができました」と、礼を述べた。 

★4c.厠の幽霊にとりつかれた人。

『李赤伝』(唐代伝奇)  士人の李赤が、厠の幽霊にとりつかれた。彼は肥甕に抱きついてゲラゲラ笑い、「蘭のような香気が立ち昇る部屋で、わしの妻になる美女と会っていたのだ」と友人に説明する。そして、「ここは天帝の住む清都と変わらない。きさまの住む浮世をふりかえれば、肥甕みたいに見える」と言った。方々へ転地し祈祷をしても、李赤の病は治らず、とうとう肥甕の中に身を沈めて死んでしまった。

★4d.厠の中に置かれた人。

『史記』「呂后本紀」第9  漢の高祖が微賤であった頃からの妻呂后は、高祖の寵をうけた戚夫人を怨んだ。高祖が没した後、呂后は戚夫人の手足を断ち切り、眼球をくり抜き、薬を飲ませて唖(おし)にし、便所の中に置いて「人豚」と名づけた。

★5a.厠から手が出て、尻をなでる。

『諸国百物語』第42話  某家の雪隠に化け物がおり、風の吹く時は、毛の生えた手で尻をなでるという。ある人が「化け物の正体を見届けてやろう」と雪隠に入り、化け物の手を捕らえてみると、それは薄(すすき)の穂であった。雪隠の下に生えた薄が、風になびいて尻にさわるのを、毛の生えた手がなでる、と皆が思い込んだのである。 

*厠から手が出て、陰部をさわる→〔河童〕5の『夜窓鬼談』(石川鴻斎)上巻「河童」。

★5b.厠から手が出て、人を引きずりこむ。

トイレ・手が出る(日本の現代伝説『幸福のEメール』)  ある田舎の学校では、昔、右から3番目のトイレの便器から青い手が出てきて、入っている人の足をつかみ、便器の中に引きずりこんだそうだ。その学校が建っていた土地は、もとは墓地だった。

*トイレからナイフを持った手が出て、人を刺す→〔言挙げ〕5bの赤いはんてん(松谷みよ子『現代民話考』7「学校ほか」第1章「怪談」の6)。

★5c.厠にいる人が、天狗にさらわれる。

『現代民話考』(松谷みよ子)1「河童・天狗・神かくし」第3章の1  明治初期の新潟。「万之助」という屋号の家に、オモという若嫁がいた。ある吹雪の夜遅く、風呂から上がって腰巻をつけただけで、玄関近くの便所へ小用を足しに行き、忽然と姿を消してしまった。天狗が、湯上りで半裸体のオモを見て欲情し、さらって行ったと思われた。以来、猛吹雪を「オモ荒れ」と呼んだり、「腰巻1つで便所に行くと天狗にさらわれる」と言われるようになった(新潟県東頸城郡松代町池尻)。 

★5d.厠にいる人が、ほととぎすの声を聞く。

『酉陽雑俎』巻16−603  厠にいる人が、杜鵑(ほととぎす)の声を聞くのは不吉である。これを調伏する方法は、大声で応答することだ〔*『太平広記』巻463所引の『酉陽雑俎』では、「大声」ではなく「犬声」。犬の鳴き真似をして応答せよ、というのである〕。 

 *夏目漱石の俳句に、「ほととぎす厠なかばに出かねたり」がある。

★6.厠にいる人を襲って殺す。

『古事記』中巻  「朝夕の食事の席に出て来ない大碓命を教えさとせ」と、父景行天皇が小碓命(後のヤマトタケル)に言う。小碓命は、兄大碓命が厠に入った所を捕え、手足をもぎ取り、薦に包んで投げ棄てた〔*『日本書紀』には、ヤマトタケルが兄を殺す物語はない〕。

『古事記』下巻  隼人(はやひと)の曾婆訶理(そばかり)は、墨江中王(すみのえのなかつみこ)の寵臣だった。しかし曾婆訶理は、主君墨江中王が厠に入るのをうかがって、矛で刺し殺した〔*『日本書紀』巻12〔第17代〕履中天皇即位前紀(A.D.399)では、隼人・刺領巾(さしひれ)が、厠にいる住吉仲皇子を、矛で刺し殺す〕。 

★7.厠の中の人を見る。

『共同生活』(大江健三郎)  勤務先の職員トイレで自涜する青年がいた。ある日、隣の女子用個室の下から、誰かが手鏡を使って、青年の自涜を覗き見た。同じ職場の30歳過ぎの女事務員らしかった。ところが、人員整理で退職者を選出せねばならなくなった時、女事務員は青年を指さして、「この男はトイレを覗きながら厭らしいことをしていたわ。クビになるべきよ」と言った。青年は抗議するが、馘首(かくしゅ)されてしまった。

『天狗』(大坪砂男)  (僕が)温泉宿の厠の戸を開けた時、喬子(たかこ)は洋褌を着了して立ち上がる所だった。ちらりと目に入ったのは、純白のブルーマースを穿(うが)った2本のすらりと肥えた下肢だ。(僕が)失礼を詫びても、喬子は許そうとしない。それならば喬子は死なねばならず、彼女の下肢は白日に曝(さら)されねばならない。竹藪の仕掛けによって、喬子の身体は宙を飛んだ。頭部は沼に没入し、白い2本の脚が青空に向けて開いた。

★8.厠へ流し捨てる。

下水溝のワニ(ブルンヴァン『消えるヒッチハイカー』)  フロリダへ旅行した人たちが、ワニの赤ん坊をペットとしてニューヨークへ持ち帰る。ワニが大きくなると、飼い主は持て余してトイレに流してしまう。真っ暗な下水溝の中で、ワニたちは生きのび繁殖する。陽の当たらぬ場所で生まれ育った盲目の白いワニたちが、今、ニューヨークの下水溝を泳ぎまわっている。

★9.貸し雪隠。

『雪隠成仏』(川端康成)  嵐山の花見の女客を当て込んで、百姓・八兵衛が1回3文(もん)の貸し雪隠を造り、大もうけした。これをうらやむ男が、新たに茶席風の高級雪隠を建て、「1度8文」の看板を出す。妻は「こんなに高くては、借り手はいない」と言うが、案に相違して次々に女たちが借りに来る。その日、男は3文を払って八兵衛の雪隠に居座り、誰も使えないようにしていたのだ。しかし1日中狭い所でしゃがんでいたため、男は雪隠の中で死んでしまった。

 

 

【癌】

 *関連項目→〔病気〕

★1.癌に直面した男が、公園作りを考える。

『生きる』(黒澤明)  初老の渡邊勘治は妻を早くに亡くし、息子夫婦と暮らしている。彼は市役所の市民課長で、毎日ただ機械的に事務をとっていた。ある日渡邊は、自分が胃癌で余命半年ほどであることを知る。これまで死んだような生活をしていた彼は、癌に直面して、かえって生きることに目覚める。彼は、以前に退けた住民の陳情(*→〔円環構造〕4)を思い出し、下水溜まりを埋め立てて児童公園を作ろうと奔走する。雪の夜、完成した公園で渡邊はブランコに乗り、「いのち短し、恋せよ乙女・・・・」と歌いつつ、やがて息絶えた。

『化石』(井上靖)  建設会社社長の一鬼(いっき)太治平は、自分が手術不能の癌で余命1年であることを知る(*→〔電話〕2)。彼はそれを誰にも打ち明けず、同伴者となった「死」と対話を重ねながら、働き続ける。7ヵ月を過ぎた頃、一鬼は貧血で倒れ、病院に運ばれる。精密検査の結果、癌は手術可能とわかり、一鬼は命拾いする。死を覚悟して生きた日々は、苦しくはあったが充実していた。その頃に考えた計画――老人と子供のための大きな公園造り――を、今こそ実行に移そうと一鬼は思う。

★2.癌の手術によって「性」を失う。

『ブラック・ジャック』(手塚治虫)「めぐり会い」  医局員時代のブラック・ジャックは、後輩の如月恵(めぐみ)と、互いに口には出さないが愛し合う仲だった。ところが彼女は子宮癌に侵される。ブラック・ジャックが手術を担当し、彼女は一命を取り留めるが、子宮も卵巣も切除して、女でなくなってしまう。以後、彼女は如月恵(ケイ)と名乗り、ネクタイをしめスーツを着て、船医となって働く。

★3.癌患者の入院生活。

『ガン病棟』(ソルジェニーツィン)  1955年。ラーゲリ(=矯正労働収容所)帰りの男コストグロートフが腹部の腫瘍治療のため、タシケントの総合病院癌病棟に入院する。病室には大勢の重症患者たちがいて、互いの病状を語り合い、ソビエト社会主義の問題点について議論する。コストグロートフはX線照射とホルモン注射を受け、腫瘍は縮小する。2ヵ月の入院生活の後コストグロートフは、彼に好意を寄せる女医ガンガルトや看護婦ゾーヤと別れ、腫瘍再発の可能性をはらんだまま退院する。

★4.癌への恐れ。

『5時から7時までのクレオ』(ヴァルダ)  夏至の日の午後5時。若い女性歌手クレオは癌検診の結果を、2時間後の午後7時に電話で聞くことになっている。占いで死のカードが出たり、友人の手鏡が割れたりしたので、クレオは暗い心を抱いてパリの街を歩く。アルジェリア戦線から一時帰休中の兵士アントワーヌが、クレオに話しかけてくる。クレオは病気による死の不安を語り、アントワーヌは戦争による死の不安を語る。アントワーヌは「7時まで待たずに、今から病院へ行こう」と言う。午後6時半。医師はクレオに「放射線治療をすれば必ず治る」と告げる。

★5.「不治の癌」との診断を受けて、自殺を決意する。

『レベッカ』(ヒッチコック)  マキシムは美女レベッカと結婚するが、彼女は邪悪な心の持ち主だった。2人は憎み合い、うわべだけの夫婦生活を送る。ある時レベッカは医師から、「不治の癌で余命わずか」と診断される。彼女は自殺を決意し、「どうせ死ぬなら、夫を殺人犯にしてやろう」と考える。レベッカはマキシムを挑発して怒らせる。2人が激しく言い争ううち、レベッカは転倒し、頭を打って死ぬ。マキシムは「自分がレベッカを殺したのだ」と思う。

★6.「不治の癌」との偽りの診断を受けて、自殺する。

『日本庭園の秘密』(クイーン)  癌研究の世界的権威であるマクルーア博士が、女性作家カレンを死に追いやるべく、「不治の癌である」との偽りの診断を下す。カレンは前途に希望を失い、日本製のはさみの片方を短刀代わりにして、喉を突いて自殺する(*→〔切腹〕8)。その直後に、鳥がはさみをくわえて屋根の上へ持って行ってしまったので、何者かがカレンを刺殺して凶器を持ち去った、と見なされた。

 

*手術不能の胃癌→〔手術〕6の『白い巨塔』(山崎豊子)。

 

 

【漢字】

 *関連項目→〔文字〕

★1.漢字を分解する。

『南総里見八犬伝』肇輯巻之5第9回  伏姫は夏の伏日(=夏の末の最も暑い頃)に誕生したので、父里見義実が伏姫と名づけたのだったが、「伏」の字は人にして犬に従うのであり、伏姫は生まれながらに、犬の八房と夫婦となる運命に定まっていたのだった〔*また、子犬の八房を育てた狸は別名「玉面」と言い、これを訓読みすれば「たまつら」で、里見家を呪う玉梓(たまづさ)と似通い、不吉なことであった〕。

『南総里見八犬伝』第2輯巻之2第14回  八房が銃弾に倒れ(*→〔穴〕1)、伏姫が自害して、数珠の8つの玉が八方に飛び去った。「八房」の2文字は分解して配列すれば、一尸八方「ひとりのしかばねはっぽう(にいたる)」となり、伏姫の死が、やがて関東の諸地方からの八犬士の出現をもたらすことを暗示していた。

『和漢三才図会』巻第69・大日本国「参河」  松平清康公(徳川家康公の祖父)が妙大寺村の龍海院(岡崎市)に宿った夜、夢に「是」の字が掌に書かれているのを見た。これを判じさせると、「是=『日の下の人』である。徳化を天下に及ぼすことになるでしょう」と言われた。清康公は日に日に威を増し、家康公に至って天下一統の主将となった。これによって、俗にこの寺を「是(ぜ)の字寺」と称する。

★2.二つの漢字を合わせて、一文字の人名と見る。

『太平記』巻3「主上御夢の事」  後醍醐帝は、鎌倉幕府を倒すべく挙兵したが、十分な軍勢が集まらなかった。思い悩みつつまどろんだ帝は、「常磐木の南枝のもとに臣下が列座し、そこに自らが坐すべき玉座が設けられている」との霊夢を見る。帝は「木に南と書けば、楠という字である」と夢解きをし、「このあたりに、『楠』と言う武士がいるか?」と尋ねる。召しに応じて楠正成が参上し、帝への忠誠を誓う。

*2つの漢字を、1文字に見間違える→〔読み間違い〕3の棒の手紙(日本の現代伝説『幸福のEメール』)。

*「八」と「人」を合わせると、「火」になる→〔火〕6の『酉陽雑俎』巻2−82。

★3.漢字の意味を説き聞かせる。

『白楽天』(能)  白楽天が日本にやって来て、「唐土では詩を作って遊ぶ。日本で翫(もてあそ)ぶ『歌』とは、いかなるものか?」と、漁翁(=住吉明神の化身)に問う。漁翁は、「天竺の霊文(=経典の陀羅尼)を唐土の詩賦とし、唐土の詩賦を日本の歌とする。天竺・唐土・日本と、三国を和(やわ)らげ来たるゆえ、大いにやわらぐる歌と書いて『大和歌(やまとうた)』というのである」と説く→〔知恵比べ〕

『義経千本桜』2段目「渡海屋」  北条の家来・相模五郎主従が船問屋へ来て「船を貸せ」と命じ、さらに「義経の縁者などをかくまっているのではないか」と、刀に手をかけて踏み込もうとする。主の渡海屋銀平が押しとどめ、「刀脇差は人を斬るものではなく、身を守る道具。武士の『武』の字は、『戈(ほこ)を止(とどむ)る』と書くそうにござります」と説く。相模五郎主従は銀平に斬りかかるが、逆に投げ飛ばされて逃げて行く→〔共謀〕1

★4.形が類似した漢字。

『今昔物語集』巻28−29  博士の紀長谷雄は、陰陽師から「某月某日に物忌みせよ」と注意されたが、それを忘れた。その日、長谷雄邸では怪事が起こった(*→〔見間違い〕2)。人々は、「博士なのに『忌』と『忘』を間違え、『(物)忌ノ日』が『忘ル日』になった」と言った。

*「太」と「犬」→〔書き間違い〕1aの『ドラえもん』(藤子・F・不二雄)「ライター芝居」。

*「雷」と「電」→〔書き間違い〕1cの『剪燈新話』巻3「富貴発跡司志」。

*「圓」と「團」→〔金〕8の『二銭銅貨』(江戸川乱歩)。

 

 

【観相】

★1.人相を見て、将来、地位と権力を得るであろうことを見抜く。

『大鏡』「道長伝」  飯室の権僧正の伴僧に観相者がいた。彼は「道隆には天下を取る相があり、道兼には大臣の相があり、伊周には一時的に権勢を得る相がある」 と占ったが、結局、「道長こそ、『虎の子が奥山の峰を渡る』という最高の相があり、誰よりもすぐれ、際限なく栄える」と結論した。

『江談抄』第2−25  一条左大臣源雅信がまだ年少の時、平時望が占って「必ず従一位左大臣に至るでしょう。その時、もし縁あらば、我が子孫を挙げ用いて下さい」と言った。雅信は大臣になってからもその言葉を忘れず、時望の孫惟仲に特別の好意を示した。

『江談抄』第2−26  平珍材は、息子惟仲の相を見て「大納言になる相だが、貪りの心のため妨げられるだろうから慎むべし」と占った。後、惟仲は中納言に至り、太宰帥となったが、職務上の失敗により解任された。

『江談抄』第3−23  藤原道明(後に大納言)が妻と同車して市に行った。1人の老女が妻を見て、「貴女は必ず大納言の妻になる」と予言し、次に道明を見て「それはこの人の力によるものだろうか」と言った。

*自らの出世の相を見る→〔水鏡〕3aの『古今著聞集』巻7「術道」 第9・通巻297話。

★2a.身分をいつわっても、それを見抜く。 

『源氏物語』「桐壺」  光源氏が7歳を過ぎた頃、高麗からすぐれた相人が来朝した。父・桐壺帝は、光源氏が帝の子であることを隠し、右大弁の子のように仕立てて相人の所へ連れて行く。相人は光源氏を見て驚き、「帝王の相があるが、そうなると国が乱れるかもしれぬ。だからといって、摂政関白のような臣下の相とも異なる」と、不思議がった〔*光源氏は、帝王とも臣下とも異なる、准太政天皇という位についた〕。

『古今著聞集』巻7「術道」第9・通巻299話  野宮の左大臣藤原公継が 幼少の頃、その身分を隠して、母が播磨の相人の所へ連れて行った。相人は、「この子は一の上(左大臣)にいたる人です」と占った。母が「これは、侍程度の身分の者の子です」と言ってあざむくと、相人は「大臣の相おわしますものを」と、不思議がった〔*占いどおり、公継は左大臣従一位になった〕。

★2b.寿命を占い、才能を評価し、身分を見抜く。

『大鏡』「昔物語」  高麗の相人が、若き日の夏山繁樹夫妻を見て、「2人長命」と占う。また、藤原時平・仲平を「日本国には過ぎた人」、忠平を「日本国のかため。末長く子孫が繁栄するのは、この殿」と判ずる。さらに、若き日の小野宮実頼が、わざと卑しい恰好をして身分低い者たちの中にいるのを、相人は遠くから見て指さし、「貴臣である」と看破した。

★3a.少年を見て、聖者であることを知る。

『三宝絵詞』中−1  百済から日羅が来朝した。少年聖徳太子が身をやつして童たちにまじって見ていると、日羅は太子を指さして怪しみ、ひざまづき合掌して「敬礼救世観世音」と唱えた〔*『今昔物語集』巻11−1などに類話〕。

『マホメット伝』(イブン・イスハーク)  おじに連れられて来た少年マホメットを見て、占い師が「その子だ」と叫ぶ。おじがマホメットを隠すと、占い師は「あの子にはたしかに何かがある」と言った。

★3b.青年の将来を予言する。

『思い出す事など』(夏目漱石)28  「余(夏目漱石)」は学校を出た当時、小石川の寺に下宿しており、和尚に人相を見てもらったことがあった。和尚は「余」の顔をじっとながめて、「貴方は親の死にめにはあえませんね」と言い、「西へ西へと行く相がある」とも言った。1年もせぬうちに、「余」は松山へ行った。それから熊本に移り、ロンドンへ向かった。西へ西へとおもむいたのである。母は「余」の少年時に死に、父は「余」の熊本時代に死んだが、どちらも死にめにあえなかった。 

★3c.出家者・往生者の相を見る。

『大鏡』「道長伝」  藤原道長の息子・顕信は、寛弘9年(1012)正月19日、19歳で出家した。右衛門督実成は、早くから「顕信には出家の相がある」と言い、顕信が実成の娘に求婚した時も、これを許さなかった(*顕信の母も、彼の出家を予知する夢を見た→〔夢解き〕2)。

『今昔物語集』巻15−22  相人が、足切りの刑に処せられる盗人を見て「往生すべき相のある者だ」と言い、検非違使は盗人を放免する。盗人は出家し、日夜念仏を唱えて極楽往生した。

★4.非凡の相ゆえ、特別に取り立てられる。

『入鹿』(幸若舞)  天津児屋根の命の36代の御末・御食子(みけこ)の卿は常陸国へ流され、農夫となった。常陸で誕生した息子・鎌足は、16歳の時、 庭の夫(にはのぶ。内裏の庭の掃除をする役)に指名されて京へ上る。行事の弁が彼を見て、「この童(わっぱ)は、やつれ果てているが、大臣の相がある。宮中で帝を守護し申せ」と言う。鎌足は右京の大夫になり、帝から、悪臣入鹿誅殺を命ぜられる。

『信田(しだ)(幸若舞)  信田の小太郎は、奥陸奥(おくむつ)外の浜の塩商人にその身を買われて、浜で塩を焼いていた。浦の領主・塩路の庄司が、信田の高貴な姿を見て驚き、「身分ある人が拐(かど)わかされて来たのだろう」と思い、養子にする。都から国司が下って来た時、信田は自らの系図(葛原親王6代の後胤、将門の孫、信田の小太郎何某)を見せ、やがて上洛して、帝から坂東八ヶ国をたまわった。

★5.死相を見る。

『近世畸人伝』(伴蒿蹊)巻之3「相者龍袋」  中村龍袋はすぐれた観相家で、門人たちの血色を見てその将来を言い当て、外れることがなかった。彼は57歳の時、「私には餓死の相がある」と言い、門戸を閉じて絶食し、数日後に死去した〔*このタイプの物語を極端な形にしたのが、→〔予言〕1cの『百喩経』〕。

*→〔手相〕2の『誰がために鐘は鳴る』(ヘミングウェイ)第2章。

*→〔水鏡〕3aの『平治物語』上「信西出家の由来」。

*→〔予言〕3の『現代の英雄』(レールモントフ)第2部「運命論者」。

*面にあらわれた死相→〔面〕6の『修禅寺物語』(岡本綺堂)。

*人相を見て寿命を知る→〔寿命〕2aに記事。

★6.女難の相。

『男はつらいよ』(山田洋次)第22作「噂の寅次郎」  橋の上ですれ違った雲水(演ずるのは大滝秀治)が寅次郎を呼び止めて、「あなたのお顔に女難の相が出ております。お気をつけなさるように」と忠告する。寅次郎は神妙な顔をして、「わかっております。物心ついてこのかた、そのことで苦しみぬいております」と言う。2人は礼を交わして、右と左へ別れて行く。

★7.貧賤の相。

『広異記』44「象牙の中の龍」  則天武后が、貴重な象牙を献上した男(*→〔象〕3)を引見して、「その方は貧賤の相をしている。多くの財物を受けることはできまい」と言い、毎年、銭50貫ずつを支給することにした。男は、もらった銭がなくなると、また支給してもらい、死ぬまでこれを繰り返した。

 

 

【観法】

★1.水想観。心の中に水を観じ、自身とその周囲をすべて水にしてしまう。

『弘法大師御本地』(御伽草子)  空海は、たびたび水想観を修し、家の内が池となることがよくあった。

『撰集抄』巻7−6  恵心僧都は常に水想観を修し、我が身と一室を、ことごとく水になしていた。ある日、保胤入道が訪れると、室内は水ばかりで恵心の姿がなかったので、保胤は枕を水中に投げ入れた。翌日、恵心は「胸苦しいので枕を取ってくれ」と言って再び水想観をし、保胤は水に入って枕を取り出した。保胤の身体は少しもぬれなかった。

『ねむり姫』(澁澤龍彦『ねむり姫』)  中納言家の14歳の姫君が突如昏睡におちいり、いつまでも目覚めない。数十年以上が経過し、姫は14歳の姿のまま、小舟に乗せられて宇治川へ流される。姫には異母兄がおり、80歳近くの老僧になっていた。老僧は自らの死期を悟り、宇治川の水を部屋にまいて、最後の水想観をする。彼の身体も外界も、すべて水になる。水の彼方に小さな点が見え、だんだん近づいて来る。それは、眠る姫君を乗せた小舟である。

★2.柏の木を観想すれば、柏の木が現れる。

アゴの杢之助の話  江戸時代。アゴが長いので「アゴの杢之助」と呼ばれた泥棒が、夜、愚堂国師の部屋へ盗みに入る。ところが部屋には誰もおらず、柏の木が1本そびえていた。愚堂は坐禅をして「庭前の柏樹子」の公案に取り組んでおり、我を忘れて公案になりきっていたため、愚堂の姿は消え、室内に柏の木が生じたのである。坐禅を終えると、愚堂の姿が現れた。杢之助は驚き、愚堂に弟子入りした。

★3.次の例は、禅師が「無」を観じていたために、その姿が見えなかったのであろう。

『雨月物語』巻之5「青頭巾」  旅の快庵禅師が、山寺に宿を請う。山寺の僧は鬼畜の境涯に陥っており、快庵禅師を喰おうとして、月明の夜、寺中を捜し回る。しかし、どこにも快庵禅師の姿は見えない。快庵禅師は終夜眠らず一所に坐しており、朝になって僧はようやく快庵禅師の姿を見出す。僧は「鬼畜の目で活仏を見ることができないのは当然だ」と言って、恥じ入る。

*→〔変身〕3aの、『変身』(カフカ)の主人公グレゴール・ザムザは、自身を「毒虫のようなものだ」と観じていたゆえに、家族の目からも彼が毒虫に見えたのかもしれない。

★4.食物も、その本体は不浄のものである。

『閑居の友』上−19  中間僧(ちゅうげんそう=雑用をする法師)が毎夜、不浄観を修していた。それを知った主が、「粥を観じて見せ給え」と望む。中間僧が、粥の入った椀を折敷(おしき=角盆)でおおい、しばらく観念してあけて見ると、粥はすべて白い虫に化していた。

*生きた人間を、「髑髏」や「白骨」と観ずる→〔骨〕9

 

*幽界に行った人が精神統一に入ると、人間の姿は消えて、白い球になる→〔玉(珠)〕9の『小桜姫物語』(浅野和三郎)10。

*狸や狐がいろいろなものに化けるのも、「観法」と同様の原理である→〔狸〕10の『悟浄歎異』(中島敦)。

*「水」「木」「虫」など心の中に観じたイメージが他人の目にも見える「観法」の物語とは異なり、心の中の思いが言葉として他人に知られてしまうのが→〔悟り〕6の『サトラレ』(本広克行)である。

 

次頁