前頁

【碁】

★1.碁の勝負を見ているうちに、長年月が経過する。

『述異記』(任ム)巻上  晋の時代。木こりの王質が石室山へ行き、数人の童子が碁を打つのを見物する。童子は棗(なつめ)の核(たね)のようなものを王質に与え、それを口に含むと飢えを感じなかった。しばらくして童子が「なぜ行かないの?」と言うので、王質は立ち上がって斧を取る。斧の柯(え)はぼろぼろに爛(くさ)っていた。山を下りて里へ帰ると、誰も知る人がいなかった。

『国性爺合戦』4段目  呉三桂が2歳の太子を連れて九仙山に登り、碁を打つ老翁2人と出会う。老翁らは仙術をもって、国性爺の春夏秋冬の戦いぶりを碁盤上に現し出す。見ているうちにいつしか5年が過ぎ、呉三桂は、7歳に成長した太子を見る。

『仙人の碁打ち』(松谷みよ子『日本の伝説』)  菅平(すがだいら)のふもとの仙仁(せに)部落に、太平さんという木こりがいた。今日も1日、山で切った木を背負い、その中の適当な1本を杖にして、山を下った。仙人岩まで来ると、洞穴で2人の老人が碁を打っているので、太平さんはそれを面白く見ていた。「はて、もう家へ帰らねば」と、杖を取り直そうとしたとたん、太平さんはよろめいて倒れた。杖の木はいつのまにか朽ちており、太平さんも白髪のおじいさんになっていた(長野県)。

★2.碁が始まるとともに宇宙が始まり、碁が終わるとともに宇宙が終わる。

『星碁』(小松左京)  「あたり!」と先番が言い、「これは手厳しい」と相手が応ずる。「待ちませんよ」「ここは1つ、長考一番」「劫ですな」「寄せですな」・・・と語り合ううち、勝負は終わりに近づく。退化した老地球人が、「宇宙の終わりだよ」と孫に教える。「宇宙の終わりの時には、空が星でいっぱいになって、それがはしから消えて行く、と昔の言い伝えにある」。星は切り取るようにゴソリと消えて行き、宇宙は太初の暗黒に還った。「もう1度しますか?」と先番の声が言った。

★3a.碁に夢中の男が、大金を置き忘れる。

『柳田格之進』(落語)  8月15夜の晩、質両替商・萬屋源兵衛が、浪人・柳田格之進と碁を打っているところへ、番頭・徳兵衛が50両を届ける。源兵衛はそれを受け取るが、はばかりへ立つ時に、「天下の通用金を不浄な所へ持って行くのは良くない」と思い、額(がく)の裏に50両を置いて、そのまま忘れてしまう。そのため、柳田格之進に疑いがかかる(*→〔身売り〕1)〔*師走の大掃除の時に50両が見つかり、源兵衛は柳田に詫びる。源兵衛は、柳田の娘お絹を番頭・徳兵衛と娶(めあ)わせ、2人は萬屋の夫婦養子となる。2人の間に生まれた男児は柳田が引き取り、家督を継がせた〕。

★3b.碁に夢中の男が、人を死に追いやる。

『酉陽雑俎』続集巻4−966  梁の武帝が、高徳の法師を召し出す。臣下が法師の参上を告げた時、武帝は碁を打っていて石を1つ殺すところだったので、「殺せ」と口に出す。臣下はただちに法師を斬り殺す。碁を打ち終えた武帝が法師に「入れ」と命ずると、臣下は「御命令どおり殺しました」と答える〔*『太平記』巻2「三人の僧徒関東下向の事」や『曽我物語』巻2「奈良の勤操僧正の事」の類話では、天竺の大王が「截(き)れ(=対戦相手の碁石のつながりを断つこと)」と言い、臣下が僧を斬る〕→〔王〕6

*碁に夢中の男が、人の寿命をのばしてやる→〔北斗七星〕5の『捜神記』巻3−6(通巻54話)。

★4a.仙人が碁を打つ。

『捜神後記』巻1−2  晋代の初め、男が崇高山の北の大きな穴に落ちた。男は穴の中を10日ほど歩いて、仙館(=仙人の修道場)へ到る。そこでは、2人の仙人が棋(=碁あるいは将棋)を囲んでいた。仙人に勧められて1杯の白い飲み物を飲むと、男は気力が10倍になった。仙人が「留まることを望むか?」と問い、男は「否」と答える。「西方に天の井戸があり、そこに身を投ずれば外へ出られる」と教られ、男は半年後に蜀の国へ出た。

★4b.老僧が碁を打つ。

『今昔物語集』巻4−9  天竺の寺で、80歳ほどの老比丘2人が、ひたすら碁を打ち続けていた。2人は自在に姿を消したり現したりした。2人は、「黒が勝つ時は我が身の煩悩が増さり、白が勝つ時は我が心の菩提が増さる」と、陀楼摩(だるま)和尚に語った〔*2人の老比丘と見えたのは実は1人であり、2人に分身して『1人碁』を打ち、自らの煩悩身(黒)と菩提心(白)の戦いを観じていたのだろう〕。

★5.碁子(ごいし)の精霊。

『玉箒木』(林義端)巻之2の2  江戸牛込の隠者昨庵は碁を好み、昼も夜も碁を打ったが、たいそう下手であった。春の日、彼は柏木村の円照寺へ花見に出かける。色白の男と色黒の男が「我らは貴殿と深き親しみあれども、見忘れてござろう」と昨庵に声をかけ、「ともに語り慰み、花をも眺めよう」と誘う。2人は碁子の精霊で、碁にまつわる多くの句を吟じ、四言八句の銘を昨庵に授けて去った。以来、昨庵は碁の名人となり、江戸には敵対する者がなかった。

★6.碁の上達。

『青年』(森鴎外)24  小泉純一(*→〔童貞〕3)が国にいた時、碁を打つ友達がいた。ある会の席でその男が、「打たずにいる間に碁が上がる(=上達する)」という経験談をすると、教員の山村さんが、「それは意識の閾(しきい)の下で、碁の稽古をしていたのだ」と言った。

★7.碁を知らぬ小児。

『子供五題』(稲垣足穂)「牡丹を焼くをぢさん」  「僕」の知人の南部さんの小さい子息が、「お隣の小父さん、よその小父さんと牡丹を焼いている」と、お母さんに報告した。「黒い牡丹と白い牡丹があって、木の網の上で焼いている」。お母さんが見に行くと、「牡丹」ではなくて、洋服の「ボタン」だった。小父さん2人は、縁側で碁を打っていたのである。

 

 

【恋文】

 *関連項目→〔手紙〕

★1.恋文が第三者の手に入る。

『芦屋道満大内鑑』初段  榊の前が恋人安倍保名からの手紙を読んでいると、にわかに天狗風が吹き起こる。手紙は空に飛ばされて、保名らに敵対する岩倉治部大輔の手に入る。

『落窪物語』巻1  道頼少将は乳母子(めのとご)の帯刀から、継母にしいたげられている落窪の姫君の噂を聞く。道頼は姫君に繰り返し恋文を送り、2人は内密に結婚する。ところが、姫君から道頼にあてた手紙を、帯刀が途中で落としてしまう。手紙は継母の手に渡り、継母は姫君と道頼の関係を知る〔*継母は姫君を一室に監禁し、老典薬の助が姫君を犯そうとする〕→〔老翁〕1a

『源氏物語』「若菜下」  女三の宮は光源氏の妻となったが、柏木は彼女を思い続け、とうとうある夜、寝所に忍び入って関係を結んでしまう。光源氏が女三の宮の部屋を訪れた時、彼女は柏木からの手紙をしとねの下に隠して源氏と語らい、そのまま2人は眠る。翌朝、源氏は、浅緑色の薄様(=手紙)がしとねの端からのぞいているのに目をとめ、柏木の筆跡であることを知って、持ち帰る。

『平家物語』巻9「小宰相身投」  車に投げこまれた平通盛からの文を、小宰相は捨てることもならず袴の腰にはさんで参内し、上西門院の御前に落としてしまう。女院が文を読んで通盛の恋情を知り、2人の仲をとりもつ。

『八百やお七』(紀海音)  お七が、吉三郎に愛を誓って書いた起誓文を、新発意弁長がすり取り、それを万屋武兵衛が入手する。武兵衛は、お七の父久兵衛たちの面前で起誓文を示し、お七と吉三郎の仲を暴露する。

★2.にせの恋文を出して、人をからかったり試したりする。

『青い山脈』(石坂洋次郎)  終戦直後の田舎町の女学校でのこと。不純異性交遊の噂のある寺沢新子に、同級生が、県立一中の学生をよそおってにせの恋文を出し、公園に呼び出そうとする。級友たちは、新子が誘いに乗るかどうか試したのだった。これが学校中の大問題になり、議論の末、健全な男女交際は必要なものであるという新しい考え方を、生徒も教員も町の人々も理解するようになった。

『いたづら』(志賀直哉)  東京近郊の中学の教師「私(田島)」は、女好きの教師山岡をからかおうと、同僚と相談して架空の娘を作り上げ、にせの恋文を何通も山岡に送る。逢い引きの場所に娘は来ないが、山岡は娘の実在を疑わず、恋文の文面をもとに、のろけ話を「私」たちに聞かせる。山岡がまったくへこたれないので「私」たちはあてがはずれ、「父の転勤で旭川へ引っ越します」との別れの手紙を出して、いたずらを終わりにする。

『十二夜』(シェイクスピア)第2〜3幕  執事マルヴォーリオはオリヴィア姫に思いを寄せている。マルヴォーリオと仲の悪いサー・トウビーたちが、オリヴィア姫の筆跡を真似た恋文を作り、マルヴォーリオに拾わせる。マルヴォーリオは有頂天になり、恋文の指示どおりに黄色の靴下に十文字の靴下留めをつけ、オリヴィア姫の前へ来てニヤニヤ笑う。オリヴィア姫は、マルヴォーリオを狂人だと思う。

『吾輩は猫である』(夏目漱石)10  金田家の令嬢富子がハイカラで生意気だというので、文明中学の生徒たちがにせの艶書を送り、その際、生徒の1人・古井武右衛門が名前を貸す。あとになって武右衛門は、「自分の名前が出たら退校になるかもしれぬ」と心配して、苦沙弥先生の家まで相談に来る。しかし苦沙弥先生は取り合わない。

★3.いつわりの恋文を受け取った人が、差し出した人に好意を持つ。

『赤西蠣太』(志賀直哉)  伊達兵部の屋敷に潜入した隠密・赤西蠣太は任務を終え、自分が醜男であることを利用し、美人の腰元・小江(さざえ)に艶書を送り恥をかいて逃げ出す形にして、怪しまれずに屋敷を去ろうとする。ところが意外にも小江が蠣太に好意を持つので、やむなく蠣太は艶書を人目につく所に落とし、面目なさに出奔するという体裁をとる。

★4.生前にもらった恋文が気がかりで、幽霊が成仏できない。

『葬られた秘密』(小泉八雲『怪談』)  お園は結婚して4年目に、幼い息子を残して病死した。葬儀の後、お園の幽霊が、部屋の箪笥の前にたたずむようになり、家族たちは怖がる。檀那寺の和尚が幽霊に問いかけて、お園が成仏できない理由を知る。お園は独身時代に1通の恋文をもらったことがあり、それを箪笥の引出しの敷紙の下にしまっておいたのだった。和尚が「寺で恋文を焼こう」と約束すると、幽霊は現れなくなった。

★5.女郎が、「あなたと夫婦になります」との起請文を、三人の客に与える。

『三枚起請』(落語)  猪之助が、女郎の喜瀬川からもらった「年季が明け候えば、あなたさまと夫婦になること実証也」という起請文を、棟梁に見せて自慢する。棟梁は驚いて、「おれも同じ起請文を喜瀬川にもらった」と言う。そこへやって来た清造も、「起請文をもらった」と言う。3人は、喜瀬川の所へ文句を言いに行く。喜瀬川はいろいろ言い訳をしてごまかそうとするが、最後には、「私たち女郎は客をだますのが商売だ」と開き直る。

★6a.自分自身に宛てて恋文を書く。

『葉桜と魔笛』(太宰治)  18歳の妹が腎臓結核で臥し、「私(姉)」は妹の箪笥の中に、M・Tという男からの手紙の束を見つける。M・Tは妹と身体の関係を持ちつつも妹を捨てたらしかったので、「私」はM・Tの筆跡を真似て、妹を励ます手紙を書く。しかし妹は、「1昨年から1人であんな手紙を書いて、自分宛てに投函していたの」と打ち明け、死ぬ。

★6b.知らずして、自分宛ての恋文を書く。 

『代作恋文』(野村胡堂)  売れない青年作家・東野南次は、論文から小説まで、あらゆる文書の代作業を始める。幽里子(ゆりこ)という美女が現れ、恋文の代作を依頼する。彼女は「ある男性」への思慕を語り、それをもとに南次は恋文を書く。実は幽里子の恋の対象は、東野南次なのだった。彼女は講演会で南次の話を聞いて以来、彼を恋し、代作にかこつけて自分の思いを南次に訴えたのである。南次は知らずして、自分宛ての恋文を書いていたのだ。

★7.「恋文を見た」との返事。 

『今昔物語集』巻30−1  平中(=平定文)は、本院の大臣に仕える女房・侍従の君に懸想したが、彼女は恋文の返事さえくれなかった。平中は「せめて、『見つ(=この手紙を見た)』という2文字だけでもいいから、御返事をたまわりたい」と訴える。すると侍従の君は、平中の手紙の「見つ」という2文字を破り、紙に貼りつけて送り返した。 

★8.開封されなかった恋文。 

『軒もる月』(樋口一葉)  職工の妻である袖は、かつて小間使いとして桜町家に奉公していた。袖は桜町の殿に寵愛され、今もなお、殿からの恋文がしばしば届く。しかし袖はそれらを読むことなく、葛籠(つづら)の底に納める。ある夜、夫の帰りを待ちつつ、袖は思い立って、殿からの恋文を次々に開封し、合計12通をすべて読む。読み終えると袖は高く笑い、「やよ(=さあ)殿、今ぞ別れまいらする」と、12通を破り捨てて火にくべた。 

 

 

【恋わずらい】

★1.男が一目見た女に恋して、病臥する。 

『古本説話集』下−60  大和国の長者邸の門番女の息子・真福田丸(まふくたまろ)が、長者の姫君を見て恋わずらいになり、病み臥す。姫君はそれを知ってあわれがり、「やすきことなり。早く病をやめよ」と言い、密会の手順を真福田丸に教える→〔誘惑〕5b

『鮫人(さめびと)の恩返し』(小泉八雲『影』)  青年俵屋藤太郎は、三井寺の女人詣での折に珠名という美女を見そめる。しかし家人が宝玉1万の結納を要求し、藤太郎は気落ちして重病になる。鮫人(*→〔龍宮〕2)は紅玉(ルビー)の涙を流すので、藤太郎は、鮫人に故郷龍宮を思い出させて泣かせ、紅玉1万を得る。

『紺屋高尾』(落語)  染物職人の久蔵が、友人に誘われて吉原の花魁道中を初めて見に行き、三浦屋の高尾太夫に心奪われ、恋わずらいになって寝こむ。往診した医師が、「10両あれば、高尾太夫に会うことができる」と教える→〔遊女〕1

『崇徳院』(落語)  ある大家の若旦那がお参りに行き、茶店で見たお嬢さんに一目ぼれして恋わずらいになる。お嬢さんは、崇徳院の和歌の上の句「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の」を書いた短冊を置いて行った。この和歌の下の句は「割れても末に逢はんとぞ思ふ」だから、末は夫婦になろう、との意味だというので、若旦那の家の使用人たちが、お嬢さんを捜し回る→〔歌〕3b

『ろばの皮』(ペロー)  王子が狩りの帰りに小作地の農家を訪れ、下女「ろばの皮」の美しい姿を見て(*→〔のぞき見〕5)、恋わずらいになる。病臥した王子は、「『ろばの皮』にケーキを作らせて欲しい」と母妃に願う。母妃は愛する1人息子の命を救うため、まわりの反対を押し切って、「ろばの皮」にケーキを作らせる→〔指輪〕3

★2a.男が夢で見た女に恋して、病臥する。

『肝つぶし』(落語)  由松が、夢で見た女に恋して病臥する。命を救うには、生まれた年・月・日・刻が、辰とか寅とか1つに揃った女の生き肝を煎じて、由松に飲ませるしかない。かつて由松の亡父から恩を受けた男が、「妹が年月揃った女だから、生き肝を取って恩返しをしよう」と考え、出刃包丁をかまえる。妹が驚くので、男は「芝居の稽古だ」と言ってごまかす。妹「肝をつぶしたわ」。男「ああ。それでは薬にならぬ」。

 *寅の年・寅の月・寅の日・寅の刻に生まれた女の血→〔子殺し〕3の『摂州合邦辻』「合邦内」。

 *生き肝は、さまざまな病気を治すことができる→〔生き肝〕1

★2b.老翁の恋わずらい。

『宇治拾遺物語』巻4−8  『法華経』を8万4千余部読んだ、80歳の老僧が、進命婦(しんのみやうぶ)という若い女房を見て欲心を起こし、不食の病になって死に瀕する。それを知った進命婦が老僧の許へ行くと、老僧は「嬉しく来たらせ給ひたり」と喜び、「関白・摂政を産ませ給へ。女御・后を産ませ給へ。大僧正を産ませ給へ」と、彼女を祝福して死んだ。後、彼女は宇治殿(藤原頼通)に寵愛され、京極大殿・四条宮・覚円座主を産んだ。

★3.男が恋わずらいのあげく、死んでしまう。

『今昔物語集』巻30−1  色好みの平中(=平定文)は、本院の大臣に仕える女房・侍従の君に懸想するが、さんざんに翻弄されて、思いを遂げることができない。彼はどうしても侍従の君をあきらめきれず、あれこれと思い悩んでいるうちに、とうとう病気になり死んでしまった。

『対髑髏』(幸田露伴)  華族の若殿が、美女・妙(たえ)を恋するが、妙は遺伝病の家系であり〔*当時、癩病は遺伝病と考えられていた〕、若殿の求愛を受け入れることはできなかった。若殿は恋わずらいのあげく、血を吐いて死んでしまった〔*妙は世を捨て、山にこもって生涯を終える。やがて白骨と化した彼女は自分の身の上を、旅の男である「我(=露伴)」に語る〕→〔髑髏〕2c

★4a.恋わずらいして死んだ男が、神になる。

『じゅりあの・吉助』(芥川龍之介)  昔、「べれん」の国の若君「えす・きりすと」が、隣国の「さんた・まりあ」姫に恋し、焦がれ死にした。「えす・きりすと」は「われと同じ苦しみに悩むものを救おう」と思い、神になった。浦上村の某家の下男吉助は、主家の娘への叶わぬ恋に苦しみ、紅毛人から「えす・きりすと」の話を教えられて、切支丹宗門の信者となった。

★4b.恋わずらいして死んだ男が、天で女と結ばれる。

『キリシタン伝説百話』(谷真介)100「雪の三タ丸屋(サンタマルヤ)」  るそんの国の王様が、貧しい大工の娘・丸屋に求婚したが、丸屋は天へ去ったので(*→〔雪〕7)、王様は恋い焦がれて死んでしまった。一方、丸屋は天からまた地上へ降り、イエス・キリストを産んだ後に(*→〔蝶〕6)、再び天へ昇った。神様が仲だちをして、るそんの王様と丸屋は、天で夫婦になった。

★5.娘が恋わずらいして、死ぬ。 

『三尺角』(泉鏡花)  豆腐屋の娘お柳は、叶わぬ恋の悩みで床に臥し、明日をも知れぬ容態だった。そこへ、男から「そこらの材木に枝葉がさかえるようなことがあったら、夫婦になってやる」との手紙が届く。折しも、外では木挽(こびき)の与吉が、「材木に葉が茂った。枝ができた」と叫び(*→〔あり得ぬこと〕3)、お柳は微笑んで頷(うなず)く。今や死のうとするお柳の耳に、与吉は福音を伝えたのである。

『振袖』(小泉八雲『霊の日本』)  江戸時代の初め頃。金持ちの商人の娘が、祭礼に出かけた。娘は群集の中に1人の美しい若侍を見そめるが、すぐに見失う。娘は、若侍が着ていたのと同じ紋・同じ色模様の振袖を作らせる。それを着て出かければ、何かの折に若侍の注意を引くことができるかもしれない、と思ったのである。しかし娘は2度と若侍と出会うことなく、やつれはて病気になって、死んでしまった。

『闇桜』(樋口一葉)  園田良之助は某学校の学生で22歳、隣家の中村千代は女学校へ通う16歳。2人は幼なじみで、兄妹のように仲が良かった。2人が摩利支天の縁日に出かけた時、女学校の友人たちが千代の背中をたたいて「おむつましいこと」と、からかう。千代は良之助への恋心を自覚して、恥ずかしく悩ましく、たちまち病に臥す。下女の訴えで、良之助が千代の恋心をようやく知った時、彼女の命は尽きようとしていた。 

*→〔蛍〕4の『伊勢物語』第45段。

★6.娘が恋わずらいして、熱病になる。 

『吾輩は猫である』(夏目漱石)2〜3  水島寒月がある会合へ出て、某家の令嬢○○子さんの病気のことを聞かされる。○○子さんは2〜3日前、寒月に会ったその晩から急に発熱して、いろいろな譫語(うわごと)を口走る。その譫語のうちに、寒月の名が時々出てくるという。寒月は○○子さんの身の上を案じ、暗い気分になる〔*「○○子さん」は、金田家の令嬢富子のこと。これは富子の母鼻子が、寒月の気を引くためにこしらえた作り話だった〕→〔身投げ〕2。 

★7.対象不定の恋わずらい。 

『鹿の子餅』「恋病」  年頃の娘が、物思いにふけって病臥する。乳母が「恋わずらいに違いない」と推量して、「相手は誰じゃ。隣の繁さまか? 向かいの文鳥さまか?」と問う。娘は「いいえ」と首をふる。乳母「いったい誰じゃ?」。娘「誰でもよい」。

 

*息子が母を恋して病床に臥す→〔母子婚〕2の『故郷へ錦』(落語)。 

*倩娘は、恋人王宙との仲を裂かれて病臥するが、その分身は王宙のもとへ行く→〔分身〕2の『離魂記』(唐代伝奇)。

*恋わずらいしたまま死ぬと、転生も成仏もできないことがある→〔転生する男女〕3の『伊藤則資のはなし』(小泉八雲)。

*弁才天像への恋わずらい→〔神仏援助〕4cの『奇談異聞辞典』(柴田宵曲)「弁才天奇談」。

 

 

【硬貨】

 *関連項目→〔金〕〔金貨〕〔紙幣〕〔紙銭〕

★1.電話に必要な硬貨。

『百円硬貨』(松本清張)  昭和50年代。東京の銀行に勤める村川伴子(ともこ)は、土曜の午後に3千万円を盗み出し、日曜の朝、山陰地方の小駅に着いた。公衆電話で愛人に連絡しようと思うが、それに必要な百円硬貨がない。1万円札をくずすために近距離の切符を買おうとすると、「早朝ゆえ、何千円ものツリ銭の用意がない」と断られた。あせった伴子は、他の客がツリ銭として受け取る百円硬貨に手を伸ばし、逮捕された〔*松本清張自身が、電話に必要な小銭を持ち合わせず困った体験から、着想されたという〕。 

★2a.銃弾を防ぐ一枚の銀貨。 

『荒野の1ドル銀貨』(パジェット)  ゲイリーとフィルは仲の良い兄弟だった。しかし悪人マッコーリー一味の悪だくみによって、フィルは兄ゲイリーを拳銃で撃ってしまう。さいわいゲイリーは、左の胸ポケットに1枚の1ドル銀貨を入れていたので、銃弾は銀貨に当たり、ゲイリーは命拾いした〔*フィルはマッコーリー一味に殺され、ゲイリーはマッコーリー一味に復讐する〕。

 *矢を防ぐペンダント→〔装身具〕4の『ピーター・パン』(バリ)。

 *矢をはね返す『観音経』→〔経〕1aの『太平記』巻3「赤坂の城戦の事」。 

★2b.銃弾を防ぐ多くのバラ銭。

『一発』(つげ義春)  「バラ銭のサム」という60歳近くの殺し屋がいた。彼は常に、相手に勝つことよりも、自分が負けぬ工夫をしてきた。かつてサムは、たった1枚の硬貨で命拾いしたことがあった。以来、彼はいつも、身体中のポケットにバラ銭を詰めていた。サムの話を聞いた中年の殺し屋鮫島は、同じように胸ポケットにバラ銭を詰め、彼をねらう若い殺し屋との決闘に勝った。

★3.硬貨の鳴る音。

『ナスレッディン・ホジャ物語』「ホジャの名裁判」  ホジャが法官になり、さまざまな訴えを聞く。「私が肉を煮ていると、Aがその湯気にパンを当てて食べた。Aは私に代金を払え」、「私は夢の中でBに20文取られた。Bは私にそれを返せ」、「私が掛け声をかけて、Cが薪を伐るのを助けた。Cは私に礼金をよこせ」。ホジャは銭をジャラジャラ鳴らして、訴えた者たちに聞かせ、「この音を受け取って帰れ」と裁いた。

『匂いの代金』(昔話)  けちな男が鰻屋へ行き蒲焼きの匂いをかいで、それをおかずにして弁当を食べる。鰻屋が匂いの代金を請求すると、男は銭の音だけ聞かせる(京都府与謝郡伊根町泊)。

『パンタグリュエル物語』第三之書(ラブレー)第37章  焼肉屋の軒先で、肉を焼く匂いを嗅ぎながら人足がパンを食べる。焼肉屋の亭主が「匂いの嗅ぎ代を払え」と要求し、人足は拒否する。通りかかりの瘋癲ジョアンが裁きをまかされ、人足から銀貨を受け取って焼肉屋の台の上でちゃりんちゃりんと音をさせ、「これで支払いは済んだ」と言う。

*→〔金〕3にも記事。

★4.硬貨を捜す幽霊。

『くすねた銅貨』(グリム)KHM154  子供が、貧しい人に与えるための銅貨2枚を、母から預かる。子供は「お菓子を買おう」と思い、銅貨を床板の隙間に隠す。しばらくして子供は死んでしまい、幽霊となって、毎日正午に銅貨を捜しに来る。父母にはその姿は見えなかったが、お客さんが、「白い着物を着た子供が床板の隙間を指でほじくっている」と教える。父母は銅貨2枚を取り出して、貧しい人に与える。以後、幽霊は出なくなった。 

 *現世に残した物をあきらめきれず、幽霊となって出てくる→〔霊〕3a・3b

★5.まだ造られていないはずの今年の硬貨。

『星が二銭銅貨になった話』(稲垣足穂)  先生が、「星がピカピカの二銭銅貨になっても不思議はない」と説くので(*→〔星〕5a)、「マッチでも鉄砲玉でもかまわないのに、なぜ二銭銅貨になったのでしょう」と聞くと、先生は「そこが君、選択の自由じゃないか」と答える。「それはムチャクチャです」「そうとも。だいたい、星を拾って、それが1晩のうちに、まだ造られていない今年の二銭銅貨になったなんて、そんなムチャな話があるかね」。 

 

*変造貨幣→〔金〕8の『二銭銅貨』(江戸川乱歩)。

 

 

【交換】

 *関連項目→〔入れ替わり〕〔売買〕

★1a.衣服を交換する。

『王子と乞食』(トウェイン)  乞食の少年トムは、「本物の王子を見たい」との願いを持っていた。ある日、トムはウエストミンスター宮殿の門前まで来て、門内にエドワード王子の姿を見る。番兵がトムを捕らえるが、エドワード王子は番兵を叱りつけて、トムを宮殿内に入れる。トムは王子にあこがれ、王子はトムの自由な生活に興味をおぼえて、2人はお互いの衣服を取り替える。

★1b.仕事の道具を交換する。

『古事記』上巻  兄ホデリ(=海幸彦)は魚を、弟ホヲリ(=山幸彦)は獣を取って暮らしていた。ある時、弟ホヲリが「お互いの漁具と猟具を取り替えよう」と提案したが、兄ホデリはそれを許さなかった。しかしホヲリから3度請われて、ようやくホデリは交換に応じた〔*『日本書紀』巻2神代下・第10段本文および一書第1では、兄弟が相談して道具を交換する。一書第3では、兄が交換を提案する〕。

★1c.握り飯を果実の種と交換する。

『毛蟹の由来』(中国の昔話)  蟹が握り飯を食べているところへ猿が来て、「お前の握り飯を、おれの桃の種と取り替えっこしないか?」と声をかける。猿は言う。「握り飯は食ってしまえばそれっきりだ。桃の種を川岸に埋めて育てれば、3年たつとたくさんの実がなる」。蟹は「それもそうだ」と納得して、握り飯と桃の種を交換する(浙江省)→〔猿〕6

『猿蟹合戦』(昔話)  猿と蟹が遊びに出て、猿は柿の種を拾い、蟹は握り飯を拾う。猿は、蟹から握り飯をまきあげようと思い、蟹にむかって言う。「君の握り飯は食べてしまえばそれっきりだが、僕の柿の種は地に蒔けば、やがて柿の木が生え、実がいっぱいなる」。蟹は猿の口車に乗せられて、握り飯と柿の種を交換する→〔猿〕6

*鮭をりんごと交換する→〔りんご〕3の『林檎』(林房雄)。

★2.影あるいは魂と交換に、富を得る。

『影をなくした男』(シャミッソー)  青年シュレミールは、灰色の燕尾服の男に請われて、自分の影を、いくらでも金貨が出てくる幸運の金袋と交換する。シュレミールは大金持ちになるが、影がないと人間扱いされないことを知り、「影を返せ」と灰色服の男に言う。ところが男の正体は悪魔で、「影を返してやるから、死後、魂を渡せ」と要求する〔*シュレミールは魂を与えず、その後も影のないまま生きる〕。

無間の鐘の伝説  遠江国の光明山の寺の鐘をつく人は、現世で必ず富貴になるが、それと交換に、来世は無間地獄に落ちる。その鐘は今は土中に埋めてあるので、つくことができない。貪欲の人は、せめてものことに、鐘を埋めた上に立って足で踏み鳴らすという(静岡県掛川市粟が岳)。

*お金を打ち出す鞭と、魂を交換する→〔悪魔〕1aの『悪魔と悪魔のおばあさん』(グリム)KHM125。

★3a.耳と交換に、金を得ようとする。

『耳の値段』(安部公房)  事故などで眼球や指を失うと、保険金が得られる。耳たぶを失っても保険金が出るので、大学生2人が「耳たぶなんか、なくても困らない」と言って、耳を失う事故にあうよう様々な試みをする。しかしなかなかうまくいかず、結局挙動不審で警官に逮捕されてしまう。

★3b.舌と交換に、人魚が脚を得る。

『人魚姫』(アンデルセン)  人魚姫は地上にあがって王子に逢うため、海の魔女に頼んで尻尾を2本の脚に変えてもらう。それと交換に、魔女は人魚姫の舌を切り取って、姫の美しい声を自分のものにする。声を失った人魚姫は、王子に逢っても無言のままでいなければならない。

★3c.目と交換に、食べ物を得る。

『旅あるきの二人の職人』(グリムKHM107)  仕立て屋と靴屋が、旅をする。仕立て屋は食べ物がなくなって、動けなくなる。靴屋はパンを1切れ、仕立て屋に与える。「ただし無償(ただ)ではない」と言って、靴屋は仕立て屋の右目を小刀でえぐり出す。2人は旅を続け、靴屋はパンをもう1切れ仕立て屋に与えて、彼の左目をえぐる。靴屋は、盲目になった仕立て屋を、野原の絞首台のそばに置き去りにする→〔首くくり〕5

★3d.片目と交換に、貴重な情報を得る。

『ギュルヴィたぶらかし(ギュルヴィの惑わし)(スノリ)第15章  大樹ユグドラシルの根の下にミーミルの泉があって、知恵と知識が隠されている。オーディンが来て、泉の持ち主ミーミルに「一口飲ませて欲しい」と頼み、片目を与えた。

*5年あるいは30年の命と交換に、名歌を詠む→〔歌〕1bの『今鏡』・『西行上人談抄』。

★3e.身命と交換に、人々の苦を救う教えを聞く。

『大般涅槃経』(40巻本)「聖行品」  帝釈天が羅刹に変身し、ヒマラヤ山へ下って、「諸行無常。是生滅法(諸行は無常である。これが生成と消滅の道理である)」の偈を唱えた。苦行者(=雪山童子。仏陀の前世)が、「この教えのためなら命も惜しくない」と思い、自分の身体を羅刹に食わせる約束で、偈の後半「生滅々已。寂滅為楽(生成と消滅の繰り返しがなくなった時、まったくの静寂の安楽が得られる)」を聞かせてもらった。羅刹は帝釈天の姿に戻り、苦行者を讃嘆した〔*『三宝絵詞』上−10に類話〕。

★3f.全人類の生命と交換に、宇宙の真理を教わる。

『すぺるむ・さぴえんすの冒険』(小松左京)  遠未来。1人の男の脳に、「あるもの」が語りかける。「お前を人類の中からただ1人選んで、宇宙の一切の秘密と真理を教えよう。その代償に、われわれは220億の全人類の命を奪う。その時、空間に孔(あな)が開いて、お前の変貌した意識は、われわれが今いる所に送り込まれる。お前は、この申し出を受けるか?」。男は拒否する〔*しかし拒否しようがしまいが、まもなく全人類はブラック・ホールに呑み込まれて、死滅する運命だった〕。 

★3g.自分の子供の身体と交換に、天下を取ることを願う。

『どろろ』(手塚治虫)  戦国時代。醍醐景光は「天下を取りたい」と願い、地獄堂の48体の魔人像に祈る。魔人像は、引き換えに醍醐の子供の身体を要求し、醍醐は「あさって生まれるわしの子供をやろう」と約束する。やがて生まれた醍醐の子供は、目も耳も口もなく、手足もない男児(=百鬼丸)だった。醍醐は、男児をたらいに入れて、川へ流し捨てた。 

*逆に、全財産を失うことと引き換えに、子供を授かる→〔長者〕2bの『神道集』巻6−33「三島大明神の事」。

★4.交換を繰り返して、だんだん価値高い物を手に入れる。

『カター・サリット・サーガラ』「『ブリハット・カター』因縁譚」・挿話2  貧しい男が大商人ヴィシャーキラから、1匹の死んだ鼠を資本として借りる。男はそれを猫の食糧に売り、両手一杯の豆をもらう。その豆を粉にし、冷水と粉とを、休息中の木材運搬業者たちに与えると、業者たちは喜び、1人2本ずつの木材を謝礼にくれる。男は多くの木材を蓄え、多雨で木材が高騰した時に売って財産を築く。男は黄金の鼠を造ってヴィシャーキラに贈り、世人は男を「鼠」と呼ぶ。

『今昔物語集』巻16−28  長谷の観音の夢告を得た男が、帰途わらすじを拾い、それに虻をくくりつけたものを、大柑子3つと取り替える。ついで、布3反・馬・田と、交換を繰り返すにつれて、だんだん価値高い物が手に入る〔*『宇治拾遺物語』巻7−5などに類話。*→〔長者〕1aの『藁しべ長者』(昔話)の古形〕。

『サザエさん』(長谷川町子)朝日文庫版・第39巻113ページ  年末の1日。カツオが波平から年賀ハガキを1枚もらって出かける。カツオはそれを柿の1枝と交換し、柿を菊の鉢植えと交換して、ついには大きなクリスマス・ツリーをかついで帰ってくる。波平は「ワシより世渡りはうまいぞ」と感心する。

『大黒舞』(御伽草子)  大悦の助は、清水観音の化身である老僧の教えにしたがい、藁しべ1筋を拾う。彼は、鼻血の止まらぬ男の小指を藁しべ1すじで結んで血を止めてやり、礼に梨3つを得る。その梨3つを衣2疋(ひき)、それを馬1頭と取り替え、馬は黄金3枚で売れる。

★5a.交換を繰り返して、だんだん価値の低い物と取り替えていく。

『果報にくるまったハンス』(グリム)KHM83  7年の奉公の給金として大きな金塊をもらったハンスは、家へ戻る途中でそれを馬と交換し、その後、牝牛・豚・鵞鳥・砥石と、しだいに価値低い物と取り替えていく。最後に、重いので持て余していた砥石をうっかり泉の中へ落とし、「これで厄介払いができた」とハンスは喜ぶ。

『父さんのすることはいつもよし』(アンデルセン)  百姓が、馬を何か良いものと交換しようと考え、市へ出かける。見るものがすべて良く見え、彼は馬を、雌牛・羊・ガチョウ・めんどり・腐ったりんごの袋と、順次取り替えて行く。りんごの袋を持って帰宅した百姓を、女房は怒るどころか「父さんのすることはいつも良い」と、誉める。そのありさまを見たイギリス紳士が感心して、百姓に100ポンドを与える。

★5b.価値の低い物と交換したと思ったら、そうではなかった。

『ジャックと豆の木(豆のつる)』(イギリスの昔話)  母1人子1人のジャックが、市場へ牝牛を売りに行く途中、老人に出会う。老人が「この豆をまくと、一晩で天まで伸びる」と言うので、ジャックは牝牛を老人に与え、豆をもらって帰って来る。母親はジャックを叱り、怒って豆を庭に捨てる。豆のつるは一夜のうちに成長して天まで伸び、ジャックはつるを攀じ登って、天上の人食い鬼の家を訪れる。

 *ひさごのつるが、一夜のうちに天まで伸びる→〔瓢箪〕5の『天稚彦草子』(御伽草子)。

 *トルコ豆のつるが、みるみる伸びて三日月に巻きつく→〔月〕1aの『ほらふき男爵の冒険』(ビュルガー)「ミュンヒハウゼン男爵自身の話」。

★6a.私製の紙幣を官製の通貨と交換する。

『西郷札(さつ)(松本清張)  明治10年(1877)の西南戦争の折、薩軍は独自に発行した紙幣・西郷札で、弾薬や食糧を買い取ろうとした。しかし商人や農民たちは、西郷札を受け取ることをいやがった。薩軍の兵士たちは、隊を組んで富裕な商家を訪れ、わずかな買い物に高額の西郷札を出して、太政官札のつり銭を受け取る、というようなことまでした。

★6b.古い品を新品と交換する。

厚狭の寝太郎の伝説  厚狭の庄屋の1人息子・太郎は、寝てばかりいたので「寝太郎」と呼ばれていた。ある時、寝太郎は3年3ヵ月寝て暮らした後にひょっこりと起き出し、船に多くのわらじを積んで佐渡へ渡る。そして新品のわらじを、金山の人足たちの履き古したわらじと無料で交換した。寝太郎は、古わらじを厚狭へ持ち帰って洗い、多量の砂金を手に入れた(山口県厚狭郡山陽町)。

*古いランプを新しいランプと交換する→〔妻〕2の『千一夜物語』「アラジンと魔法のランプの物語」マルドリュス版第765〜766夜。

★7.契りを交わした男女が互いの持ち物を交換する。

『とはずがたり』(後深草院二条)巻2  二条は、後深草院や「雪の曙(=西園寺実兼)」の愛人であったが、18歳の9月に、高僧「有明の月(=性助法親王?)」ともひそかに関係を結んだ。2人は形見として、互いの肌につけていた小袖を交換した。

*契りを交わした男女が扇を交換する→〔扇〕1の『源氏物語』「花宴」。

*恋敵である男2人が十字架を交換する→〔十字架〕5の『白痴』(ドストエフスキー)。

★8.馬を交換する。

『日本書紀』巻14〔第21代〕雄略天皇9年(A.D.465)7月1日  田辺史伯孫(はくそん)が月夜に帰宅する途中、誉田陵(=応神天皇陵)の下で赤馬に乗る人に出会った。赤馬は素晴らしい駿馬だったので伯孫はこれを欲し、自分が乗る葦毛の馬と交換してもらい、挨拶をして別れた〔*翌朝、赤馬は埴輪に変じた〕→〔馬〕11

*→〔馬〕4に記事。

★9.名前を交換する。

『古事記』中巻  武内宿禰が、皇太子(=後の応神天皇)を角鹿(敦賀)の仮宮に住まわせた時、夢にイザサワケの神(気比の大神)があらわれ、「我が名を御子の名と換えたい」と告げる。皇太子は、神の言葉のままに、名を交換する〔*『日本書紀』巻10応神天皇即位前紀にも簡略な記事〕。

『日本書紀』巻11〔第16代〕仁徳天皇元年(A.D.313)正月  かつて仁徳天皇誕生の日、木菟(つく)が産屋に飛びこんで来た。同日、大臣武内宿禰の子が生まれるにあたり、鷦鷯(さざき)が産屋に飛びこんだ。瑞兆であるので、それぞれの鳥の名を取り、お互いにあい換えて、生まれた子の名とした。大鷦鷯皇子(おほさざきのみこ)と木菟宿禰(つくのすくね)である。

★10.交換殺人。

『見知らぬ乗客』(ヒッチコック)  テニス選手ガイは列車内で、初対面の男ブルーノから交換殺人を持ちかけられる。ガイが離婚したいと思っている妻をブルーノが殺し、ブルーノが憎んでいる父をガイが殺す。犯人と被害者に接点はないから完全犯罪だ、とブルーノは言う。ガイは断るが、ブルーノは勝手に遊園地でガイの妻を殺し、ガイに「早く俺の父を殺せ」と迫る〔*ガイとブルーノはメリーゴーラウンド上で格闘し、ブルーノは死ぬ〕。

 *沼の主も、犯人と被害者の接点を作らぬよう工夫した→〔犯人さがし〕4の『沼の主のつかい』(昔話)。

 

*片腕の交換→〔片腕〕3に記事。

*首の交換→〔首〕8に記事。

*剣の交換→〔剣〕5a・5bに記事。

*子供の交換→〔取り替え子〕に記事。

*夫婦の交換→〔取り違え夫婦〕

*夢の交換→〔二人同夢〕3に記事。

*プレゼントの交換→〔二者同想〕1aの『賢者の贈り物』(O・ヘンリー)。

*交換条件→〔踊り〕2の『サロメ』(ワイルド)。

*『猿蟹合戦』などのような意図的な交換ではなく、偶然に互いの持ち物を取り違えるところから始まる物語もある→〔取り違え〕6の『恋におちて』(グロスバード)。

 

 

【洪水】

 *関連項目→〔水没〕

★1a.大洪水のために世界が水没する。

『シャタパタ・ブラーフマナ』  ある朝マヌが水を使っていると、1匹の魚が手の中に入り、洪水を予言する。その時助けてくれる約束で、マヌは魚を海に放す。魚の予告した年に大洪水がおこり、すべての生類が滅びる。マヌだけは舟に乗り、魚の導きで北方の山(=ヒマラヤ)に到る。

『創世記』第6〜7章  神は、人と動物を創ったことを悔やみ、これを絶やそうと考えた。神はノアだけに、3階から成る巨大な箱船を造るよう告げる。ノアは神の言葉に従い、家族と雌雄つがいの動物たちを連れて、箱船に入る。ノアが600歳の時に洪水が起こり、40日40夜雨が降って、地上の全生物が死んだ。

『変身物語』(オヴィディウス)巻1  ゼウスが雷電で人間を撃ち滅ぼそうとするが、雷火が天空に燃え移ることを恐れ、大雨を降らせて水で人間を滅ぼすことにする。世界は水でおおわれ、デウカリオンと、彼の従妹であり妻であるピュラだけが、生き残る。彼らは筏に乗って、パルナソスの頂きにたどり着く→〔母なるもの〕1

*→〔箱船(方舟)〕1に関連記事。

★1b.大洪水で生き残った兄妹が夫婦になる。

洪水と兄妹婚(樺太、ギリヤーク族の神話)  大洪水で世界は水中に没した。水上を流れる一片の土(あるいはツンドラ)の上に、一対の兄妹が生き残り、彼らは夫婦になった。妹(=妻)は娘を1人産み、やがて死んだ。兄(=夫)は娘を新たな妻とし、娘は男子1人と女子1人を産んだ。男子は成長後に家を出て独立し、女子を嫁として迎えた。こうして義父の氏族(兄・娘夫婦)と婿の氏族(男子・女子夫婦)が発生した。これ以来、人々は自分の娘や妹とは結婚せず、他の氏族から妻をめとるようになった。

雷公を捕らえる(中国・トン族の神話)  人間に捕らえられた雷公が、腹いせに多量の水をまき、地上は大洪水に見舞われる。姜良(チャンリャン)・姜妹(チャンメイ)兄妹だけが、大きなふくべに穴を開けてその中に隠れ、難を逃れた。洪水が引いた後、姜良・姜妹は家を作り地を開墾して、それぞれの伴侶をさがす。しかしどこにも人影を見つけることができなかったので、姜良・姜妹は兄妹婚をした。 

*大洪水で生き残った母と子が交わる→〔声〕7の『なぜ神々は人間をつくったのか』(シッパー)第2章「無からの創造」。

★2a.洪水で流される人。

『今昔物語集』巻26−3  美濃国・因幡河の洪水で、家もろとも流された少年が、水面に出ていた木の枝につかまる。水が引いてから見ると、10丈ほどの高木の梢に取りついていたのだった。人々が少年を助けようと、多くの網を持って来る。少年は観音を念じて網の上に飛び降り、無事だった。

『発心集』巻4−9  武蔵国・入間河の堤防が切れ、家々が流される。1人の男が、蘆の末葉につかまっていると、水に流されてきた多くの蛇が、彼の身体にまといつく。男は「地獄の苦しみもこれほどであろうか」と嘆くが、さいわい、浅い所へ泳ぎついたので、蛇を片端から取って棄てた〔*『三国伝記』巻7−30に類話〕。

★2b.洪水で流される動物。

『塵袋』第10所引『因幡ノ記』  昔、因幡国の竹林に、老いた兎が住んでいた。洪水が起こり、兎は隠岐の島まで流された。兎はもといた所へ帰ろうと思い、水の中にいる「ワニト云フ魚」を集め、「数を数える」と称して隠岐から因幡まで並ばせる。しかし「お前たちをだましたのだ」と言ってしまい、着物(=体毛)を剥ぎとられた。

★3.近代小説の中の洪水。

『洪水』(安部公房)  世界のいたるところで、労働者や貧しい者たちが次々と液化する。洪水が起こり、ノアの方舟も液体に満たされ、こうして第2の洪水で人類は絶滅する。

『高野聖』(泉鏡花)  飛騨山中の医者の娘が、手術の失敗で腰が抜けた少年を、家まで送って行く。娘がその家に数日逗留するうち、大雨が降り出し、風も加わって大洪水となり、村は壊滅する。かろうじて生き残った娘は、不具の少年を夫として、一つ家に住む。娘は魔力を得て、訪れる旅人を誘惑し、次々に猿・蟇蛙・蝙蝠・兎・蛇・馬などの動物に化す。

『細雪』(谷崎潤一郎)中巻4〜8  昭和13年(1938)7月5日、阪神地方に豪雨が降り、川が氾濫して低地は水に没する。蒔岡家の四女妙子は知人の家を訪問していて、浸水のため水死しそうになるが、危ういところを写真師板倉に救われる→〔四人姉妹〕

*→〔土地〕3aの『ドラえもん』(藤子・F・不二雄)「ひろびろ日本」。

★4.洪水の幻覚。

『ユング自伝』6「無意識との対決」  1913年10月、1人で旅行していた「私(ユング)」は、恐るべき洪水が、北海・アルプス間の北の低地地方をおおう幻覚を見た。スイスの山は、洪水から国を守るために高くなった。無数の溺死体があり、海全体が血に変った。2週間後にも、再び同じ幻覚が生じた。翌年8月1日に、第1次世界大戦が勃発した。

 

*世界各地の大洪水神話は、紀元前15世紀に彗星が地球に接触した時の記憶→〔彗星〕6の『衝突する宇宙』(ヴェリコフスキー)。

 

 

【こうもり】

★1.どっちつかずのこうもり。

『イソップ寓話集』(岩波文庫版)172「蝙蝠(こうもり)と鼬(いたち)」  こうもりが地面に落ちて、いたちにつかまった。いたちが「羽根のあるものと戦争をしている」と言って、こうもりを殺そうとしたので、こうもりは「自分は鳥ではない。鼠だ」と言って、放免してもらった。しばらくして、こうもりは別のいたちにつかまった。今度のいたちは「鼠は仇敵だ」と言うので、こうもりは「自分は鼠ではない。鳥の仲間だ」と言って、またもや逃がしてもらった。

『こうもりの二心(ふたごころ)(昔話)  獣と鳥が戦争を始めた。獣が優勢になると、こうもりは「おれは足が4本あるし、乳で子供を育てるから、獣の仲間だ」と言った。鳥が優勢になると、こうもりは「おれは羽を持ってるし、空を飛ぶから、鳥の仲間だ」と言った。やがて獣と鳥の講和が成立し、こうもりは両方から毛嫌いされる。獣は夜に出歩き、鳥は昼に空を飛ぶので、その間の夕方に、こうもりは巣から出て、虫を食うようになった(山形県上山市)。

★2.人間がこうもりに変身する。

『こうもり』(バレエ)  ヨハンは、5人の子供を産んだ妻ベラに魅力を感じなくなり、ベッドへの誘いも無視する。夜、彼はこうもりに変身して空を飛び、カフェへ遊びに出かける。ベラは妖艶な美女に変身してカフェへ現れ、ヨハンはそれが自分の妻とは気づかずに口説く。ベラはヨハンの背中の羽を、はさみで切り落とす。ベラの魅力を再発見したヨハンは、もう夜遊びに出かけることもなく、家庭を守る良き夫となった〔*オペレッタ『こうもり』の「こうもりの扮装(*→〔舞踏会〕4)」を、「こうもりへの変身」に変えて、バレエにアレンジした作品〕。 

★3.こうもりが人間に転生する。

『今昔物語集』巻4−11  南海の浜辺の大樹の下に、旅の商人が大勢宿を取り、火を焚いて夜を明かした。商人のうちの1人が、阿毘達磨(あびだるま)という法文を誦する。樹のうつほ(穴)の中には5百の蝙蝠が住んでおり、尊い法文を聞こうと、火の熱さを辛抱して樹にとどまった。蝙蝠たちはすべて焼け死んだが、法文を聞いたおかげで、皆、人間に生まれ変わり、出家して比丘となった。 

★4.白いこうもり。

『和漢三才図会』巻第42・原禽類「伏翼(かわほり)」  仙経によれば、「白蝙蝠を服用すれば千百歳まで長生きできる」というが、これは方士のでたらめの言である。唐の陳子真という人が、鴉ほどの大きさの白蝙蝠を得て服用したところ、非常な下痢をおこして死んでしまった。 

 

*数十のこうもりの夢→〔死夢〕1の『酉陽雑俎』巻1−14。

*こうもりが千年たって、「のぶすま」という化け物になる→〔吸血鬼〕7の『のぶすま』(松谷みよ子『日本の伝説』)。

*こうもりの扮装をしたヒーロー→〔笑い〕6の『バットマン』(オニール)。

 

 

【声】

★1a.超自然的な声。神霊の声。

『ウィッティントンと猫』(イギリス昔話)  貧しい少年ウィッティントンはロンドンへ出て奉公するが、辛さのあまり逃げ出す。行くあてもなく石の上に座っていると教会の鐘が鳴り、その鐘の音が「すぐ引き返せウィッティントン。3たび続けてロンドン市長」と聞こえる。彼は引き返し、後にロンドン市長になる→〔売買〕1

『ギリシア奇談集』(アイリアノス)巻8−1  ソクラテスは、しばしば「神霊の声(ダイモニオン)」を聞いた。それは神から遣わされ、天命によって彼に定められたことがらを語る。その声が聞こえる時は常に、彼のしようとしていることをやめよと指示し、それをせよと勧めることは決してない。

『使徒行伝』第22章  キリスト教を迫害する「わたし(サウロ)」は、旅の途中、天からの光に打たれて倒れた。「サウル、サウル、なぜ私を迫害するのか」と呼びかける声がし、「どなたですか」と問うと、声は「私はナザレ人イエスである」と答えた。「わたし」と一緒にいた者たちは、光は見たが、その声は聞かなかった〔*同・第26章にも、類似の記事。同・第9章では、サウロの同行者たちも声を聞いた、と記す〕。

『長谷雄草子』(御伽草子)  中納言長谷雄は朱雀門の鬼から絶世の美女を得る。長谷雄が鬼との約束を守らなかったため、美女は水と化して流れ失せ、鬼は怒って夜道で長谷雄を襲う。長谷雄が北野天神に助けを請うと、空から鬼を叱る声がして、鬼は姿を消す。

『浜松中納言物語』巻4  中納言は唐へ渡って河陽県の后と契りを交わし、生まれた若君をともなって帰国する。帰国して2年後の3月16日の夜、中納言が月を眺めていると、空から大きな声がして、「河陽県の后は今、この世の縁が尽きて、天に生まれ給うた」と、3度告げた〔*河陽県の后はしばらく天にいた後に、中納言への思いから、現世にもう1度生まれようとする〕→〔転生先〕6

*→〔凶兆〕3bの『平家物語』巻6「嗄(しわがれ)声」・〔人形〕3の『あきみち』(御伽草子)。

*歌をほめる声→〔歌〕1cの『今昔物語集』巻27−45。

*笛の音をほめる声→〔笛〕2bの『遠野物語』(柳田国男)9。

★1b.家族や恋人の呼び声。

『高野物語』(御伽草子)第2話  宇都宮の一阿弥陀仏は在俗時、父の敵を討った。敵の兄弟ら大勢に追いつめられた時、「我は汝が父ぞ」と言う声が聞こえ、にわかに震動雷電大雨となって、敵は同士討ちを始めた。

『ジェーン・エア』(ブロンテ)  ある夜、ジェーンは自分を呼ぶロチェスターの声を聞き、馬車で1日半かかる遠方のロチェスター邸まで駆けつける。そこで彼女は、火事で妻を亡くし失明したロチェスターと再会し、彼と結婚する。

『雑談集』(無住)巻7−2「法華ノ事」  病気の娘が、臨終時に「母よ」と3度呼んで死んだ。その時、1日の行程を隔てた地に住む母は、はっきりとその3声を聞いた。

『遠野物語』(柳田国男)10  弥之助老人が茸採りに奥山に入っていた時、深夜に遠方から女の叫び声が聞こえた。里へ帰ってみると、同じ夜の同じ刻限に、彼の妹である女が、その息子によって殺されていた→〔母殺し〕1

『破戒』(島崎藤村)第6章  天長節(11月3日)の夜、瀬川丑松は小学校の宿直当番にあたっていた。どこか遠くから、「丑松、丑松」と呼ぶ父の声が、繰り返し聞こえた。声のする方へ捜しに行っても、誰もいない。同僚の銀之助や敬之進は、「神経のせいだ」と言った。しかしその翌朝、丑松は父死去の電報を受け取る。父は牛の角に突かれて、前夜10時頃に息を引き取ったのだった。

★1c.持ち帰りを禁ずる声。

『捜神記』巻17−12(通巻411話)  3人の男が東望山の頂に登り、整然と並んだ果樹を見る。3人は、熟した実を取って腹いっぱい食べ、懐に実を2つずつ入れて持ち帰ろうとする。その時、空から声が響き「実を置いて行け。そうすれば帰ることを許してやる」と告げる〔*物語はここで終わっている〕。

『幽霊滝の伝説』(小泉八雲『骨董』)  夜、2歳の息子を背負った女房お勝が、肝試しで幽霊滝まで来る。確かに来た証拠として、滝壺近くの社の賽銭箱を持ち帰ろうとすると、「おい!お勝さん!」と言う警告の声が2度聞こえる。お勝は声を無視して賽銭箱を持ち帰ったが、見ると、息子の首がもぎとられていた。

*→〔釣り〕1aの置いてけ堀の伝説。

★1d.破壊的な叫び声。

『ブリキの太鼓』(グラス)第1部「ガラス、ガラス、小さなガラス」・「奇蹟は起こらない」  3歳で成長を止めたオスカルは、その後まもなく、遠くにある窓や電球や瓶などガラスでできたものを、叫び声で破壊する能力を得た。しかし20代の後半になって、オスカルはその能力を失った。

『ヨシュア記』第6章  ヨシュアは、イスラエルの人々を率いてエリコの町を攻めるにあたり、主(しゅ)の教えにしたがって、エリコの町の周囲を毎日まわった(*→〔周回〕5)。7日目に、祭司たちの角笛の音を合図に、民はいっせいに鬨(とき)の声をあげた。するとエリコの城壁は崩れ落ちたので、民はその場から突入し、町を占領した。

★2.声色を使う。

『狼と七匹の子山羊』(グリム)KHM5  7匹の子山羊が留守番をしていると、狼が母山羊のふりをして家に入ろうとする。しかし、声がしゃがれているので狼だとわかってしまう。狼は大きなチョークを1本食べて声を美しくし、7匹の子山羊をだまそうとする〔*子山羊たちは、黒い前肢を見て狼だと知る〕。

『ギリシア神話』(アポロドロス)摘要第5章  50人の将兵を隠した巨大な木馬が、トロイア城市の前に放置される。夜、ヘレネが木馬の周囲を回り、将たちを、各々の妻の声を真似て呼ぶ。木馬内のアンティクロスが答えようとした時、オデッュセウスが彼の口をおさえる。その後に将兵たちは木馬から出て、トロイア城内に攻め入る。

『源氏物語』「浮舟」  薫は宇治の山荘に浮舟を住まわせて、隠し妻とする。匂宮はこのことを知り、夜更けに宇治の山荘を訪れて、浮舟の部屋の格子を叩く。声を薫そっくりに似せて「開けよ」と言うので、女房右近はだまされ、匂宮を浮舟のもとへ導く。

『干物箱』(落語)  商家の若旦那が、2階の自室に本屋の善公を留守番させて、吉原へ出かける。善公は声色を使い、若旦那が2階でおとなしくしているかのごとく、階下の父親をだまそうとするが、ばれてしまう。そうとは知らず帰って来る若旦那を、父親が叱る。若旦那は感心して「善公は器用だ。親父そっくり」と言う。

*→〔にせ花婿〕2の『シラノ・ド・ベルジュラック』(ロスタン)第3幕。

★3.声の吹き替え。

『雨に唄えば』(ドーネン他)  映画女優リタは悪声だったので、コーラス・ガールのキャシーが声の吹き替えをして、ミュージカル映画が作られた。観客の要求で、リタが舞台上で「雨に唄えば」を歌うことになった時、彼女は口を動かすだけで、幕の後ろでキャシーが歌った。しかし途中で幕が開いてしまい、映画の台詞も歌もキャシーの声だったことを、観客は知った。

★4.かき消される声。

『望郷』(デュヴィヴィエ)  パリの女ギャビーは、アルジェのカスバを観光に訪れ、犯罪者ペペと知り合って愛人関係になる。しかし「警察がペペを射殺した」との虚報がもたらされたため、ギャビーはアルジェを去る。ペペは波止場へ来て、出航する船の甲板にギャビーの姿を見る。ペペは「ギャビー」と叫ぶが、その時汽笛が鳴り、彼の声はかき消される。ギャビーは汽笛に驚き、両手で耳をおおう。ペペは絶望して自殺する。

★5.声の大きさと距離。

『鷺とり』(落語)  田に下りた鷺を取る方法を、男が語る。「鷺の後ろへまわって遠くから、『さーぎー』と呼ぶ。そーっと近づきながら、声をだんだん小さくして行く。鷺は『誰かおれを呼んでいるが、声が小さくなったから、遠ざかっているのだろう』と油断する。そこをパッとつかまえる」。

*笛・太鼓の音を大きくすれば近くからのように聞こえ、小さくすれば遠くからのように聞こえる→〔狸〕9bの『銭形平次捕物控』(野村胡堂)「たぬき囃子」。

★6.大声と小声を使い分けて、離れた所にいる人をだます。 

『千一夜物語』「竪笛吹きの話した物語」マルドリュス版第851夜  老父と息子が出かけるが、草履を忘れたので、息子が家まで取りに戻る。息子は老父の2人の妻に向かって、「私は父から、あなたがたを抱くように命じられました」と言い、遠方の老父に「片方だけですか? 両方ともですか?」と大声で叫ぶ。老父は、草履のことだと思って「両方だ!」と叫び返す。2人の妻は、息子の言葉を信用して抱かれる。 

『付き馬』(落語)  吉原で遊んだ男が、「代金は叔父さんがこしらえて(=払って)くれるから」と言い、吉原の若い衆を、早桶屋の店まで連れて行って、離れた場所で待たせておく。男は早桶屋に「(大声で)小父さん」と呼びかけ、「(小声で)外にいる奴の兄貴が急死したから早桶を(大声で)こしらえて下さい」と注文する。そして「(大声で)じゃあ小父さん、よろしくお願いします」と言って立ち去る。若い衆は「小父さん」を「叔父さん」と思って男を信用し、外で待ち続ける。

★7.叫び声から人間が生まれた。 

『なぜ神々は人間をつくったのか』(シッパー)第2章「無からの創造」  大洪水の後、1人の母親とその息子だけが生き残った。神が母親を少女の姿に変えたため、息子は母親と結婚した。息子は、結婚相手が自分の母親だと知ると、森へ走り込んで絶叫した。母親は息子を追って荒野へ行き、絶叫した。2人の声が響いたあらゆる場所から、人間が現れ出た(中国雲南省ミャオ族)。 

★8.「声」の意味。 

『男はつらいよ』(山田洋次)第37作「幸福の青い鳥」  寅次郎が源公を連れて、葛飾区役所へ行く。入り口のカウンターに、「あなたの声をお聞かせ下さい」と記した郵便受けが置いてある。寅次郎と源公は郵便受けに向かって、「ワー」「ワー」と声を出す。

★9a.三百人の声を聞き分ける。 

『声』(松本清張)  高橋朝子は新聞社の電話交換手で、社員3百人の声を聞き分けた。ある夜、彼女は間違い電話がきっかけで、強盗殺人犯の声を聞いてしまう。その声は、彼女の記憶にはっきり残った。1年ほどして朝子は退社し、結婚したが、夫の会社の同僚・浜崎がかけてきた電話の声は、あの強盗殺人犯の声であった〔*浜崎は正体を知られたことを察知し、朝子をおびき出して殺した〕。

 *声を聞いて、暴行犯であることを知る→〔暴行〕4の『死と処女(おとめ)』(ポランスキー)。

★9b.一時に八人の言葉を聞き分ける。 

『上宮聖徳法王帝説(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ)  上宮王(聖徳太子)は幼少の頃から聡明であり、成長後は、一時に8人の訴えを聞き分けた。また、一を聞いて八を智(さと)った。ゆえに号して「厩戸豊聡八耳命(うまやとのとよとやつみみのみこと)」と言う〔*『日本書紀』巻22〔第33代〕推古天皇元年(A.D.593)4月および『日本霊異記』上−4では、10人の訴えを聞き分けた、とする〕。

 

*猫の声が犯罪をあばく→〔動物教導〕2の『黒猫』(ポオ)。

*無声映画から聞こえる声→〔映画〕1の『人面疽』(谷崎潤一郎)。

*声を聞くことの禁忌→〔禁忌〕7a・7b

*声の残存→〔残像・残存〕4

*録音された声→〔録音〕

 

 

【氷】

★1.氷結した湖面を走る。

『肉体と悪魔』(ブラウン)  レオとウルリッヒは幼い頃からの親友だったが、2人とも美女フェリシタスに魅惑されたため、敵対関係になる。雪の降り積もった真冬、小さな湖に浮かぶ島で、2人は拳銃による決闘をする。フェリシタスは決闘をとめようと、氷結した湖面を走る。氷が割れ、フェリシタスは水中に没する。レオとウルリッヒはそれを知らなかったが、その時、彼女の呪縛がとけたごとく、レオとウルリッヒの心に友情がよみがえり、2人は和解して抱き合った。

『和漢三才図会』巻第68・大日本国「信濃」  毎年、小寒の後に諏訪湖の湖面は氷結する。神獣がおり、それが氷上を走ると、人はその足跡を見て、はじめて湖の上を陸を行くように往来する。立春の後、また神獣が歩くと、そのあと氷が溶ける。神獣とは狐のことである。狐は本能によって、よく氷の性質を知るのである。

★2.氷を使った殺人と自殺。

『坂道の家』(松本清張)  寺島吉太郎の囲いものだった杉田りえ子は、若い情夫と共謀して吉太郎を殺した。3貫目の氷を砕いて水風呂に入れ、睡眠薬入りビールを飲ませた吉太郎の身体を、その中に漬けたのだ。吉太郎は「ウウン」とうなり、手足を突っ張ってのびてしまった。りえ子はそれから風呂を焚き、医師を呼んだ。医師は、「狭心発作による死亡」と診断を下した。

『茶の葉』(ジェプスン/ユーステス)  トルコ風呂の熱室で、浴客ケルスタンが心臓を刺されて即死した。ケルスタンの娘の恋人ウィラトンが近くにいたため、殺人犯として逮捕されたが、凶器は見つからなかった。ケルスタンは、不治の癌に苦しんでいた。彼はドライアイスで短刀を作り、魔法瓶に入れて熱室に持ち込んで、自ら心臓を突き刺して自殺したのだ。短刀はすぐに溶けてしまった。ケルスタンはウィラトンを憎んでおり、彼を犯人に仕立てたのである。

★3.凍った凶器。

『おとなしい兇器』(ダール)  メアリは冷凍庫から、硬く凍りついた骨つきの羊腿肉を取り出し、夫の後頭部を一撃して殺した。彼女は腿肉をオーブンに入れて火をつけ、それから「夫が死んでいる」と警察に電話した。警官たちがやって来て現場を調べ、兇器を捜す。メアリは、おいしく焼けた腿肉を警官たちに勧める。警官たちは「犯人は、でかい棍棒か何かで撲ったんだろう」「兇器はすぐ見つかるはずだ」「きっと、俺たちの目と鼻の先にあるだろう」などと話し合いながら、肉料理を食べた。

 *→〔食物〕7aの『凶器』(松本清張)と同様の展開である。

★4.氷姫の接吻。

『氷姫』(アンデルセン)  アルプスの氷河の底に、氷姫が住んでいる。若い母親が赤ん坊のルーディを抱いて山を越える時、クレバスに落ちた。母親は死に、ルーディは助け出された。氷姫がルーディの口にキスしたのだったが、命を奪うことはできなかった。氷姫は「あの子は私のもの! きっと取り戻してみせる!」と叫ぶ。やがてルーディは青年になり、恋人と結婚する。2人は湖へ出かけ、流されたボートを追って、ルーディは湖水を泳ぐ。氷姫がルーディの足にキスし、死の世界へ連れ去る。

★5.光る氷。

『氷と後光』(宮沢賢治)  真冬の岩手県を、汽車がいっしんに走る。朝日がさし、窓の氷から、かすかに青空が透いて見える。若い夫婦が、幼い子供を窓の前に座らせる。「この子の頭のとこで、氷が後光のようになってますわ」と、お母さんが言う。「この子が大きくなって、あらゆる生物のために無上菩提を求めるなら、その時は本当にその光が、この子に来るのだよ」と、お父さんが言う。

★6.氷とガラス。

『酉陽雑俎』巻11−440  頗梨〔=玻璃(はり)〕は、千年たった氷が変化したものである。

★7.氷漬け。

『神曲』(ダンテ)「地獄篇」第34歌   地獄の最下層コキュトスは氷の国で、3つの顔を持つ巨大な悪魔ルチーフェロが、胸から下を氷漬けにされている。ルチーフェロの3つの口は3人の大罪人をくわえ、歯で噛み砕いている。その3人とは、キリストを裏切ったユダ、カエサルを暗殺したブルータスとカシウスである。

 

 

【古歌】

★1.古歌を知らない。

『今物語』第44話  随身下毛野(しもつけの)武正が、女雑仕から「『鳩吹く秋』とこそ思ひまゐらすれ(『鳩吹く秋』と思い申し上げます)」と呼びかけられた。これは、「み山いでて鳩吹く秋の夕暮れはしばしと人を言はぬばかりぞ」という古歌をふまえた表現で、女雑仕は武正に思いを寄せて、「しばらくおとどまり下さい」と言いたかったのだった。武正は古歌を知らず、「女雑仕に罵られた」と誤解して、怒って行ってしまった。

『十訓抄』第7−29  梅の咲く平経盛邸を源頼政が訪れ、「我が宿の梅の立ち枝や見えつらむ思ひのほかに君が来ませる」という古歌をふまえて、「『思ひのほかに』参りてこそ侍れ」と言った。取次の侍は古歌を知らなかったので、「思はざるほかに参りて侍り」と主人経盛に伝えた。経盛は不得要領のまま頼政に対面し、しばらくして頼政は辞去した。

『常山紀談』巻之1  蓑を借りに行った太田持資(後の道灌)に、女が山吹一枝を差し出す。「みの一つだになきぞ悲しき」の古歌を知らぬ持資は、要領を得ず怒って帰る。

『英草紙』第1篇「後醍醐の帝三たび藤房の諌を折く話」  後醍醐帝が「逃水のにげかくれても世を過すかな」の古歌を速水下野守に与える。万里小路藤房はこれを古歌と知らず帝の御製と誤解して、「速水」と「逃水」の関係が不審である、と難ずる。帝は立腹し藤房を追放する。

★2.古歌にある言葉。

『今物語』第43話  「ある人」が自分の詠んだ歌を集めて、三位大進(=藤原清輔)に見せた。その中に「はへる(=侍る)」という語があったので、三位大進は「『侍る』は、歌では使わない」と指摘した。すると「ある人」は、「古歌にまさしくあり」と言って『古今集』を開き、「山がつのかきほにはへる(這へる)青つづら(=山人の家の垣根に這う青つづら)」の歌を示した〔*「ある人」は『古今集』の歌を、「かきほに侍る」と誤解していたのである〕。

『宇治拾遺物語』巻1−10  秦兼久の「去年(こぞ)見しに色もかはらず咲きにけり花こそものは思はざりけれ」の歌を、治部卿通俊(=『後拾遺集』の撰者)が批判した。「『花こそ』は女児の名前のような言葉で、歌にはふさわしくない」というのである。それに対して兼久は、「四条大納言(=藤原公任)の『春来てぞ人も訪ひける山里は花こそ宿のあるじなりけれ』は、秀歌として人口に膾炙しているではないか」と言った。

『土筆(つくづくし・どひつ)(狂言)  男が土筆を見て「つくづくしの首しほれてぐんなり」と詠んで笑われ、「我が恋は松を時雨の染めかねて真葛が原に風騒ぐんなり」という古歌がある、と主張する。これは慈鎮の歌で、正しくは「風騒ぐなり」であった。次に男は、芍薬を詠んだ古歌があると言って「難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと芍薬の花」と詠ずる。これは王仁の歌で、正しくは「咲くやこの花」であった。

『袋草紙』上巻「雑談」  平兼盛の屏風歌「衣打つべき時や来ぬらん」の「らん」の言葉づかいがおかしい、と紀時文が難ずる。兼盛は、同様の「らん」の使い方をした名歌、時文の父貫之の屏風歌「今や引くらん望月の駒」を引き、これは如何にと問う。時文は口をつぐむ〔*『古今著聞集』巻5「和歌」第6・通巻188話、『十訓抄』第4−11に類話〕。

 

 

【誤解による殺害】

★1.誤解によって動物を殺す。

『ごん狐』(新美南吉)  ごん狐は大変ないたずら狐で、ある時、兵十(ひょうじゅう)が病気の母に食べさせようとしたうなぎを、奪ってしまった。ごんはそのことを反省し、償いのために栗や松茸を、毎日そっと兵十の家に運ぶ。兵十はそれを「神様のお恵み」と考える。ところがある日、兵十は、ごんが家に入るのを見て、「また悪さをしに来たな」と思い、猟銃で撃ち殺した。

『三国伝記』巻2−18  狩人が山中の朽木の下で野宿をする。つないでおいた犬が、夜更けに主に向かって吠えかかる。狩人は怒って刀で犬の首を打ち落とす。首は樹上に飛び、狩人を狙っていた大蛇に食らいつく。犬は主を蛇から救おうとしていたのだった〔*『今昔物語集』巻29−32の類話では、犬は殺されずにすむ〕。

『千一夜物語』「シンディバード王の鷹」マルドリュス版第5夜  狩りに出たシンディバード王が、1本の樹から流れ出る水を杯に受け、愛鷹に飲ませようとする。鷹が杯を蹴り倒すので王が怒って鷹を斬ると、鷹は頭上を見よとの身振りを示し、死ぬ。樹上には蛇がおり、流れ出ていたのはその毒液だった。

『椿説弓張月』前篇巻之1第3回  鎮西八郎為朝は、狼の「山雄」を猟犬代わりにして(*→〔横取り〕1e)、狩りに出かける。明け方、山中の楠の株に腰かけて眠る為朝と従者重季に、「山雄」が激しく吠えかかる。為朝は「馴れたといっても狼のことだから、私を喰うつもりなのだろう」と誤解し、走り寄ろうとする「山雄」の首を、重季が斬る。首は飛んで、楠の梢にいたうわばみの喉に噛みつく。うわばみが為朝を呑もうとしたので、「山雄」は危険を知らせたのだった。

『パンチャタントラ』第5巻第2話  黒蛇が、寝台に眠る嬰児を狙っていたので、マングースが黒蛇と闘って殺し、嬰児を救った。ところがマングースの口に黒蛇の血がついたために、母親は「マングースが我が子を食った」と誤解して、マングースを殺してしまった〔*→〔見間違い〕4aの『サセックスの吸血鬼』(ドイル)は、この物語をヒントにして作られたのであろう。『ヒトーパデーシャ』第4話などに類話。『七賢人物語』「第一の賢人の語る第一の物語」では、猟犬が蛇を殺して赤ん坊を救うが、主人の騎士によって首をはねられる〕。

*→〔犬〕3の『弘法様の麦盗み』(昔話)・『忠義な犬』(昔話)。

★2.誤解によって人を殺す。

『グレート・ギャツビー』(フィツジェラルド)第7〜8章  ギャツビーの車が女を轢き逃げし、女は死ぬ。運転していたのは彼の恋人デイズィだったが、女の亭主は、ギャツビーの仕業と思いこんで彼を射殺する。

『太平記』巻13「北山殿謀叛の事」  謀反の企てが発覚して(*→〔落とし穴〕2b)、西園寺公宗は出雲国へ流されることになった。公宗が護送の輿(こし)に乗ろうとした時、中将貞平が伯耆守長年に向かって、「早」と言った(「早く連れて行け」という程度の意味だったのであろう)。ところが長年は「『早く殺せ』との命令だ」と誤解し、すぐさま腰の刀を抜いて、公宗の首を斬り落としてしまった。

『二人兄弟』(グリム)KHM60  双子の兄が弟と間違えられ、弟の妻である妃と1つのベッドに寝かせられる。兄は自分と妃の間に両刃の剣を置く。後に弟は、「兄と妃が一緒に寝た」と聞いて怒り、兄の首を切る〔*しかし兄は生命の草の根のおかげで生き返り、弟は妃の言葉から、兄が貞操を守っていたことを知る〕。

『時鳥の兄弟』(昔話)  弟が山の薯のおいしいところを煮て兄に食べさせる。兄は、「弟はもっとうまいところを食べているのだろう」と疑い、弟を殺して腹を裂く。弟の腹の中は薯の筋ばかりだったので、兄は悔い悲しんで時鳥になった(富山県)。

『義経千本桜』3段目「すし屋」  いがみの権太が平維盛の首を取り、捕われの若葉内侍・六代君ともども梶原景時に差し出すので、我が子の非道に怒った弥左衛門は、権太を刺し殺す。しかし権太は維盛たちを救おうとしたのであり、維盛の首はにせ首で、若葉内侍・六代君と見えたのは権太の妻子だった。

*→〔愛想づかし〕4の『ルイザ・ミラー』(ヴェルディ)・〔子殺し〕3の『摂州合邦辻』「合邦内」・〔仲介者〕2の『オセロー』(シェイクスピア)・〔葡萄〕1の『ギリシア神話』(アポロドロス)第3巻第14章・〔宿〕3eの『三国志演義』第4回・〔遊女〕2の『五大力恋緘』。

★3.逆に、「人を殺した」と誤解する。

『暗殺の森』(ベルトルッチ)  マルチェロは13歳の時、同性愛者リーノに犯されそうになり、拳銃で彼を撃って逃げた。人を殺した罪の意識から逃れるために、マルチェロは社会の秩序を守る正しい人間になろうと考え、ファシズム体制下の秘密警察の一員となる。彼は同志たちとともに、反ファシズムの教授クアドリ夫妻を暗殺した。やがてムッソリーニが失脚し、ファシズム崩壊を喜ぶ人々が街にあふれる。その中にリーノの姿を見て、マルチェロは驚愕する。リーノは生きていた。マルチェロは、誤解と虚構の上に自らの人生を築いてきたのだ。

『俺は待ってるぜ』(蔵原惟繕)  早枝子はキャバレーの歌手だったが、ヤクザに暴行されかかったため、花瓶をその男の頭にたたきつける。男が動かなくなったので、早枝子は「殺してしまったかもしれない」と思い、その場を逃れて、夜の埠頭にたたずむ。もとボクサーの島木譲次が通りかかり、2人は知り合う〔*ヤクザたちは、1年前、譲次の兄を殺していた→〔ボクシング〕3〕。 

『犯人』(太宰治)  青年が、「恋人と暮らす部屋を貸してほしい」と姉に頼んで断られ、姉を刺して逃げる。青年は「姉を殺した」と思いこんで自殺するが、姉は腕に傷を負っただけだった〔*志賀直哉は雑誌「文芸」の座談会で、この作品について『読んでいるうちに話のオチがわかった』という趣旨の発言をして、太宰治の怒りをかった(『太宰治の死』)〕。

★4.誤解によって戦争が起こる。

『アーサーの死』(マロリー)第21巻第4章  アーサー王とモードレッドが、両軍の見守る中で、14人を引き連れて対面し休戦協定を結ぶ。会見が終わり酒が運ばれた時、ヒースの中から毒蛇が這い出して、1人の騎士の足を噛む。騎士は剣を抜いて蛇を殺す。剣が抜かれたのを見た両軍は、ただちに戦闘態勢に入り、10万の兵が死んだ。

『神道集』巻8−48「八ヵ権現の事」  上野の国司家光の若君・月塞が、伊香保山船尾寺の稚児になるが、天狗にさらわれてしまう。母や御守役は悲嘆して自殺し、絶望した父国司は伊香保山で死のうと考え、家来たちと山へ登る。ところが船尾寺では、国司が寺を恨んで攻めて来たと誤解し、戦争になって寺は全焼する。その後、国司も病死する。

 

 

【誤解による自死】

★1.誤解によって自殺する。

『仮名手本忠臣蔵』5〜6段目「山崎街道」「与市兵衛内」  猟師となった早野勘平は、暗闇の中で猪と間違えて斧定九郎を鉄砲で撃つ。金の必要な勘平は(*→〔身売り〕1)、定九郎の死体から50両入りの財布を取って去るが、その財布は実は舅与市兵衛の持ち物であった(*→〔財布〕1)。勘平は、「自分は舅を撃ち殺して、その懐から財布を奪ったのだ」と思い込んで切腹する→〔仇討ち〕8

『太平記』巻33「飢人身を投ぐる事」  困窮した兵部少輔某は、ある家に物乞いに行き、怪しい者だとして捕えられ拷問される。残された妻と2人の小児は、人の噂から夫が拷問死したものと思い、絶望して河に身を投げる。夫はやがて許され解放されるが、妻子の死を知り、自らも同じ河に投身する。

『氷点』(三浦綾子)  辻口陽子は、「自分は殺人犯の子である」と思いこみ、睡眠薬自殺をはかる→〔出生〕2a

『変身物語』(オヴィディウス)巻4  夜、乙女ティスベ(シスビー)が、恋人ピュラモスを待つ。そこへ、牛を食い殺したばかりのライオンがやって来る。シスビーは逃げるが、その時落としたベールを、ライオンが血だらけの口で引き裂く。遅れて密会の場所へ来たピュラモスは、獣の足跡と血に染まったベールとを見て、「ティスベがライオンに喰われた」と思う。彼はその場で剣で自殺する。ティスベもあとを追って死ぬ。

*柿が当たったのを、矢傷を負ったと思う→〔落下〕2の『古今著聞集』巻12「偸盗」第19。

*死の誤報による悲劇→〔死の知らせ〕3に記事。

★2.誤解によって心労死する。

『クレーヴの奥方』(ラファイエット夫人)第4巻  クレーヴ公の奥方と、貴公子ヌムール公は、互いに好意を抱くが、クレーヴ公の奥方は固く貞操を守る。クレーヴ公は、近侍の報告から「妻がヌムール公と姦通した」と信じこみ、絶望して重い病気になる。クレーヴ公の臨終の床で、奥方は潔白を証明する。しかし時すでに遅く、クレーヴ公は死ぬ。

『源氏物語』「夕霧」  夕霧は落葉の宮のもとで一晩を過ごすが、関係を持つことなく翌朝帰る。しかし彼女の母・一条御息所は、「夕霧は娘と夫婦関係を結んだ」と思い、夕霧の真意をただす手紙を送る。帰宅した夕霧が手紙を読もうとすると、妻・雲居の雁が怪しんでそれを奪い、どこかへ隠してしまう。夕霧は1日中手紙を捜しまわり、返事を書くことができない。一条御息所は、「娘は夕霧に捨てられたのだ」と誤解して、心労で急死する。

 

 

【五月】

★1.五月生まれの人。

『アーサーの死』(マロリー)第1巻第27章  「アーサー王を亡ぼすのは5月1日生まれの者だ」、と魔法使いマーリンが予言する。アーサーは、貴婦人から生まれた5月1日誕生の子を召し寄せ、全員を船に乗せて海に流す。船は難破して子らは死ぬが、ただ1人モードレッドだけが、岸に打ち上げられ善人に拾われて成長する〔*後に、アーサー王はモードレッドと戦って致命傷を負う〕。

『今鏡』「序」  大宅世継の孫娘(あやめ)は、5月5日の午の時に、志賀へ向かう舟の中で生まれた。

『大鏡』「序」  夏山繁樹は、10人もいる兄弟たちの末に生まれた。父が40歳の時の子で、しかも5月生まれであったため、銭10貫で人に売られた。

『史記』「孟嘗君列伝」第15  孟嘗君は身分賎しい妾を母とし、5月5日に誕生した。父田嬰は、5月生まれの子は身長が戸の高さまで成長すると父母に害をおよぼすから、という理由で、養育せぬよう命じた。しかし、母はひそかにこれを育てた。

『新可笑記』(井原西鶴)巻1−4「生肝は妙薬のよし」  5月5日生まれの美女の生き肝は、難病の妙薬になる。某家の主君の病を治すため、家臣が諸国を尋ねて、5月5日生まれの娘を探し出す。1人の家来が僧形に扮してその娘の家に宿を請い、家族が油断している隙に娘を殺し、生き肝を取って去る。

★2.五月の節句。

『食わず女房』(昔話)  頭の上にも口がある鬼女房が蛇に変身して、夫を追う。夫が道端のお地蔵様の後に隠れると、蛇は夫を呑むことをあきらめて去る。お地蔵様は「あの魔物はまた来るから、家に入れぬように菖蒲と蓬を軒に刺しておけ」と夫に教える。以来、5月の節句には、菖蒲と蓬を刺すようになった(宮城県伊具郡丸森町大山)。

『太平広記』巻291所引『続斉諧記』  屈原は5月5日に汨羅(べきら)に入水した。楚人は毎年その日に竹筒に米を入れて水中に投じ、屈原を弔った。ある時、屈原の霊が現れて、「供え物がミズチに取られぬよう、ミズチの苦手な楝の葉で包み五色の糸で縛るように」と教えた。これが粽(ちまき)の起源である。

*5月5日の節句に薬草を採りに行く→〔異郷訪問〕2の『剪燈新話』巻2「天台訪隠録」。  

*5月5日の節句に薄餅(すすきもち)を食べる起源→〔人肉食〕6bの『遠野物語拾遺』296。  

★3.五月の禁忌。

『異苑』  5月5日に母親が蒲団を日にさらすと、3歳の娘がその蒲団の上に寝ているのが見えた。すぐに娘の姿は消え、本物の娘は別の寝台で異常なく寝ていた。しかし、それから10日を経ずして娘は死んだ。「5月には蒲団を動かすのを忌む」と世に言い伝えるが、これがその実証である。

*5月は屋根へ上がることを忌む→〔屋根〕6の『酉陽雑俎』巻11−423。  

★4.五月一日に見えるもの。

『五個の白い小石』(イギリスの昔話)  5月1日の午前1時に、ウーズ川に5個の白い小石を投げ込むと、過去・現在・未来のどんなことでも、見たいものが水面に現れてくる。騎士が、自分の恋人である娘を見たくなって、小石を投げ込む。すると娘の邸に、仮面をかぶった若者が見えるので、騎士は駆けつけて若者を殺す。ところがそれは、仮面舞踏会へ行くために男装した娘だった。

 

 

【極楽】

 *関連項目→〔天〕〔天国〕 

★1.死んで極楽に往生する。

『極楽』(菊池寛)  染物屋の老母おかんは67歳で死去し、極楽へ往生した。そこは金銀瑠璃玻璃の楼閣が連なり、孔雀や迦陵頻伽(かりょうびんが)が飛び交う、すばらしい所だった。おかんは、10年前に死んだ夫と再会し、並んで蓮の台(うてな)に坐った。何十年も過ぎ、2人はずっと坐り続けた。彼らは「地獄はどんな所じゃろう?」「恐ろしい所かもしれんが、ここほど退屈はしないだろう」と話し合うようになった。 

★2.死者が、極楽に往生したことを、知人の夢にあらわれて教える。

『大鏡』「伊尹伝」  少将義孝は疱瘡のため若くして死んだので、彼の母は悲しんだ。義孝は死後しばらくたってから、賀縁阿闍梨の夢にあらわれ、「私は蓮の華がふりそそぐ極楽に往生したのに、なぜ母上は嘆いているのだろう」という意味の歌を詠んだ。また、小野宮実資の夢にあらわれて「今は遊ぶ、極楽界の中の風に」との詩を詠じた。

★3.極楽へ行く夢を見る。

『今昔物語集』巻15−1  僧智光は学問に励んだが、僧頼光は寝てばかりいた。やがて頼光は死去し、それから2〜3ヵ月後、智光は夢で極楽浄土に赴き、頼光と会った。頼光は「私は、阿弥陀仏の相好と浄土の荘厳を観想し、雑念なく静かに寝ていたおかげで、極楽に往生できた」と語った。そして智光を阿弥陀仏の所へ連れて行った。阿弥陀仏もまた、「極楽往生のためには観想が第一である」と教えた。

『今昔物語集』巻15−19  僧玄海は、常に『法華経』を読み、『大仏頂真言』を唱えていた。ある夜の夢で玄海は、右脇に『法華経』の翼、左脇に『大仏頂真言』の翼が生え、浄土まで飛んで行った。地面は七宝で、さまざまな宮殿・楼閣があった。聖人が来て「ここは極楽の辺境だ。汝は、いったん現世へ帰れ。3日後に迎え取ろう」と告げた。夢から覚めた玄海は仏道修行に励み、3年後に死去した。

 *冥界の1日は人間界の1年→〔冥界の時間〕1a

★4.悪人も死後、極楽へ行くことができる。 

『死ぬなら今』(落語)  臨終の男が「冥土で必要だから、小判百両を一緒に埋めてくれ」と言い遺す。しかし親族は百両を惜しみ、贋小判を埋める。男は地獄へ落ちたが、閻魔大王や鬼たちに百両を渡して、極楽へ行かせてもらう。百両を得た閻魔や鬼たちは喜び、贋金とは知らず豪遊して、極楽の警察に逮捕される。皆牢屋に入れられたので、今、地獄には閻魔も鬼もいない。どんな悪人も自由の身で、極楽へ行くことができる。死ぬなら今。

*地獄の石川五右衛門が、誤って極楽へ往生してしまう→〔地獄〕5の『お血脈(けちみゃく)』(落語)。

★5.犬も極楽往生する。

『大鏡』「昔物語」  亡き愛犬のために法事を営んだ人があり、清範律師が講師(こうじ)として招かれた。清範律師は、「この世を去った精霊(しょうりょう=犬の霊魂)は、今、極楽の蓮華台座の上で、『ひよ(=ワン)』と吠えていらっしゃることだろう」と説いた。聴聞の人々は、わあわあ笑って帰って行った。 

★6.極楽へ往生せずに、俗世へ戻る。

『沙石集』巻10本−1  長雨による崖崩れで、浄土房は庵もろとも土砂に埋もれた。しかし奇跡的に、無傷で救出された。浄土房は「崖崩れの時、『南無観世音』と一声唱えたので、難をのがれて命が助かってしまった。『南無阿弥陀仏』と唱えて、極楽往生すべきだった。この憂き世に長らえるのは、損をした気分だ」と、悔やんで泣いた。 

★7.極楽へ往生せずに、魔道へ入る。

『沙石集』巻10本−10  高野の遁世聖たちは、臨終の時に極楽往生を目ざすが、なかなか困難なことであった。ある僧が端坐合掌し、念仏を唱えて息を引き取ったので、「間違いない往生人だ」と仲間の僧たちが評した。しかし恵心房の上人が、「阿弥陀仏に迎えられて往生する人は、心地良い表情であるはずだが、この僧は眉をしかめて恐ろしげな顔をしている。魔道に入ったに違いない」と言った。 

★8.一九八〇年代頃の日本は極楽。

『福来たる』(藤子・F・不二雄)  福の神が、昭和末期頃の中年サラリーマンを、昔の日本へ送り込む。そこで彼は、首つりに失敗した貧農吾助として目覚める。大凶作のために吾助の妻は餓死、娘は身売りしていた。友人が、「いっそ死んで極楽へ行く方がましかもしれん」と同情する。吾助は「そういえば、おら、ついさっきまで、極楽みたいな所に住んでいた。飯が捨てるほどあり、夜も明るく、夏涼しく冬暖かいカラクリ・・・・」と言う。友人は「そりゃ夢だ。そんな暮らしは、人間の分に過ぎるだよ」と打ち消す。 

★9.皆が極楽へ行ってしまって、誰もいなくなる。

『今昔物語集』巻4−37  執師子国(スリランカ)の西南沖の孤島の人々が、さかんに「阿弥陀仏」と唱えて魚を食べた(*→〔魚〕4)。そのうちの1人が死んで3ヵ月後、紫の雲に乗って現れ、「私は極楽浄土に生まれた」と告げた。これを聞いた島人たちは、殺生を断って阿弥陀仏を念じ、その結果、皆が浄土へ往生して島は無人になった。島は荒れ果てたが、執師子国の師子賢大阿羅漢が神通力で島へ飛び、このことを知って語り伝えた、ということだ。 

★10.極楽は西方にある。

『宇治拾遺物語』巻5−4  比叡山の範久阿闍梨はひたすら極楽往生を願い、行住坐臥、どんな時でも、西方を後ろにしなかった。唾を吐いたり、大小便をする折も、西に向かってはしない。入り日を背中に負うこともない。彼は常に、「木が倒れる時は、必ず、傾いている方へ倒れる。心を西方浄土にかけていれば、極楽往生疑いなしだ」と言っていた。 

 *太陽を背に負って戦う→〔太陽〕9の『古事記』中巻。

★11.生きた身のまま極楽へ行く。

『発心集』巻3−5  極楽往生を願う男が、「死んでから極楽に生まれるのでは仕方がない。また、臨終時に疑いが起こって、往生できないかもしれない。生きた身で極楽へ行こう」と考える。補陀落山(ふだらくせん)は現世にあり、生きた身のまま詣でることが可能なので、男は土佐国へ渡り、船の梶取りを学ぶ。北風の吹く日、男は小船に帆をかけ、ただ1人乗って南へ向かった。 

 

 

【心】

 *関連項目→〔発心〕

★1a.悪心から善心への転換。回心。

『今昔物語集』巻2−19  夜、盗人が宝物塔から盗み出すべき宝をよく見るため、消えかけた燈明を掻き上げて明るくする。その光で仏像が輝き、盗人はたちまち改心して、何も取らずに去った。この功徳で、盗人は転生後に仏弟子となった。天眼第1といわれた阿那律が彼である。   

『使途行伝』第9章  ユダヤ教の信者サウロが、キリスト教徒を捕らえ弾圧すべくダマスコへ向かう途中、天からの光に打たれ、イエスの声を聞く。サウロは3日間、目が見えなかったが、イエスの弟子アナニヤが手を当てると回復した。サウロは回心し、「イエスは神の子である」と人々に説き始める(第22章26章に類話)。

『レ・ミゼラブル』(ユーゴー)  46歳で出獄したジャン・ヴァルジャン(*→〔パン〕2a)を、ミリエル司教は罪人扱いせず、善き人間となるよう説く。しかしその日ジャン・ヴァルジャンは、これまでの習性から、通りかかりの少年の銀貨を奪ってしまう。直後に彼は自分のしたことに気づき、「ああ。おれはみじめな男だ」と叫ぶ。これを契機に彼は心を入れ替え、以後は自らを犠牲にしても、苦境にある人を救う善行ひとすじの生き方をつらぬく。ジャン・ヴァルジャンは64歳で、彼が育てた娘コゼットとその夫マリユスに看取られて、死ぬ。

*冷酷・強欲な老人が、一夜のうちに心を入れ替える→〔クリスマス〕1aの『クリスマス・キャロル』(ディケンズ)。

*琴の音を聞いて改心する→〔琴〕3cの『琴の音』(樋口一葉)。

★1b.人為的に、悪心を改造して無害な人格にする。

『時計じかけのオレンジ』(キューブリック)  暴力とセックスに明け暮れる不良少年アレックスが、殺人を犯して収監される。彼は、暴行や強姦の映画を嫌悪感を感じるまで見続けて心を改造する、という療法を受ける。釈放されたアレックスは、破壊衝動や性衝動を覚えるたびに吐き気に襲われて苦しむ、無力な人間に変わっていた。反体制運動のグループが、彼を人格改造療法の犠牲者と位置づけ、政府批判に利用しようとする。政府はアレックスに今後の生活保障を約束し、世論操作のための協力を依頼して、彼をもとの人格に戻す。

★1c.改心するが、予期せぬ結果に終わる。

『警官と讃美歌』(O・ヘンリー)  浮浪者ソーピーは、冬の3ヵ月間の食事とベッドを求め、刑務所へ入ろうと考える。彼は様々な軽犯罪を犯して逮捕されようと努力するが、うまくいかない。夜になり、教会から聞こえる讃美歌に彼は心打たれ、「真人間になって働こう」と決心する。その時、警官が彼を挙動不審と見て逮捕し、彼は禁固3ヵ月の刑を受ける。

★2.心の転換。悪人への変身。

『小袖曽我薊色縫(こそでそがあざみのいろぬい)(河竹黙阿弥)  僧清心は女犯の罪で追放され、稲瀬川へ入水をはかるものの、死にきれず岸に上がる。闇の中、通りかかった寺小姓求女と争ううち、清心は彼を殺してしまう。清心は罪滅ぼしに自害しようとするが、「しかし待てよ」と考え直す。「1人殺すも千人殺すも、取られる首はたった1つ。同じことなら悪人として世を渡り、栄耀栄華に暮らすが得」と、清心は心を変える。

★3.心の転換。瞬時に白けた気分になる。

『トカトントン』(太宰治)  第2次世界大戦の敗戦の日、軍人の演説に感激した「私」が「死のう」と思った時、金槌で釘を打つ音がトカトントンと聞こえる。悲壮も厳粛も一瞬に消えて、「私」は白々しい気持ちになる。以後、創作・恋・革命・スポーツなどに心を奮い立たせるたびに、トカトントンが聞こえ、とたんに「私」は情熱を失う。その音は、虚無をさえ打ちこわすのだった。

★4.緊張の後の気のゆるみ。油断。

『恐怖の報酬』(クルーゾー)  山の油井に大火災が発生し、石油会社は、ニトログリセリンの爆風で消火しようと考える。マリオ、ジョー、ルイジ、ビンバという4人の男が、トラック2台に分乗し、町から油井まで大量のニトログリセリンを運ぶ。あと少しという所で、ルイジとビンバの乗るトラックは爆発する。ジョーは怪我をして死に、マリオ1人が生き残ってニトログリセリンを届け、4千ドルの報酬を得る。恐怖から解放されたマリオは、恋人リンダを思い、空のトラックで心うきうきと帰途につく。気のゆるみからマリオは運転を誤り、崖下へ転落して死ぬ。

*木登り名人の心がけ→〔木登り〕2の『徒然草』第109段。 

*曲芸師の精神集中→〔自転車〕6の『或る精神異常者』(ルヴェル)。 

★5a.他人の不幸を喜ぶ心。

『母』(芥川龍之介)  敏子は、赤ん坊を肺炎で亡くしたばかりだった。彼女が滞在する旅館の隣室に、元気そうな赤ん坊を抱いた婦人がおり、婦人は敏子に慰めの言葉を述べた。しかし赤ん坊に乳房をふくませる婦人は、いかにも幸福そうだった。2〜3ヵ月後、その赤ん坊が風邪で死んだ、との手紙が届いた。敏子は涙ぐみつつ、夫に言った。「私は悪いんでしょうか? あの赤さん(=赤ちゃん)の亡くなったのが嬉しいんです」。

★5b.他人の幸福を喜び、他人の不幸を悲しむ心。

盤珪禅師の故事(『正眼国師逸事状』26)  人の言葉を聞いて、その意中を察知する盲人がいた。彼は言った。「どんな人でも、賀辞の内には必ず愁いの声がこもっている。弔辞の内には必ず歓びの声がかくれている。しかし盤珪和尚は、口から出た言葉と心の内の声とが、ぴったり一致して、異なるところがない」。 

★5c.言葉とうらはらの本心。

『シャボン玉物語』(稲垣足穂)「客と主人」  帰ろうとする客を、主人がしきりに引き止める。しかし主人が客に見せたアルバムの頁には、「もういいかげんに帰らないか?」と記した紙片がはさまっていた。客は時刻を見ようと、金時計を取り出す。その蓋には、「まだまだ帰るものか!」という紙片があった。主人は客にコーヒーを出す。客が飲み終わると、茶碗の底に「無神経!」と書いてあった。ようやく客は帰り、主人は、客が座敷に置き忘れた扇子をひろげて見る。扇面には太い字で、「月夜の他に闇があるぞ!」。 

★6.心に憎しみを抱くか否かで、結果が異なる。

『大般涅槃経』(40巻本「師子吼菩薩品」)  前世の仏陀と提婆達多が商売のために、各々仲間5百人を率いて船出した。台風に遭って仲間は溺れ死に、仏陀と提婆達多だけが海岸にたどり着く。仏陀が疲れて眠った時、提婆達多は仏陀の目をつぶし、宝石を奪って逃げてしまった。仏陀は「私が提婆達多に対して憎しみを抱けば、目は見えないままだろう。憎しみを持たなければ、目は治るはずだ」と言う。言い終わると目は平癒し、見えるようになった。

 *→〔首くくり〕5の『旅あるきの二人の職人』(グリムKHM107)も同様に、悪人によって目をえぐられる物語だが、その後の展開が大きく異なる。 

★7.他人の心を鏡のように映す。 

『豊饒の海』(三島由紀夫)・第3巻『暁の寺』  本多繁邦は、タイの王女・7歳のジン・ジャンに拝謁し、その言動から、「彼女は松枝清顕や飯沼勲の生まれ変わりかもしれぬ」と思う(3)(*→〔前世〕4b)。しかしジン・ジャンは18歳の時、本多に向かってこう言った。「小さい頃の私は鏡のような子供で、人の心の中にあるものを全部映すことができ、それを口に出して言っていたのだ、と思います。あなたが何か考える、それがみんな私の心に映る。そんな具合だったと思うのです」(30)。 

★8.心は物理的制約を受けず、超スピードで移動することができる。

『ギュルヴィたぶらかし(ギュルヴィの惑わし)(スノリ)46〜47  トールと従者たちが巨人国ヨトゥンヘイムを訪れ、ウートガルザ・ロキ王の家来と、さまざまな技芸くらべをする。俊足の従者スィアールヴィが、フギという少年と競走をするが、3回競走して3回とも完敗する。実はフギの正体は、ウートガルザ・ロキ王の「思考」だった。いくら速く走っても、「思考」のスピードにはかなわないのだ。

*魂は1日に千里を行く→〔魂〕9aの『雨月物語』「菊花の約(ちぎり)」。

*小さな頭の中の方が、大きな物理的空間よりも広い→〔空間〕3の『三四郎』(夏目漱石)。

★9.無心で行なったことが奇跡を起こす。

『ライムライト』(チャップリン)  老芸人カルヴェロが、脚の麻痺で動けない踊り子テリーの面倒を見る。医者は「心理的な麻痺だろう」と言う。ある日、カルヴェロは久しぶりで舞台に立つが、彼の芸がまったく観客に受け入れられず、ひどく落胆する。テリーは脚のことも忘れ、懸命にカルヴェロを励ますうちに、いつのまにか立ち上がり歩いている自分に気づく。彼女は歓喜して「私は歩いている!」と叫ぶ。

*夢中で子供を抱きとめようとすると、ないはずの両手が生えていた→〔手〕1の『手なし娘』(昔話)。

★10.善悪がわからぬ幼児の心。

『子どもたちが屠殺ごっこをした話』(グリム)  5〜6歳の子どもたちが牛や豚の屠殺ごっこをし、屠殺役の子どもが、動物役の子どもを刃物で殺してしまう。大人たちは、この事件をどう裁こうか困惑する。賢い老人が、「屠殺役の子どもに、りんごと銀貨を見せよ。りんごを取ったら無罪、銀貨を取ったら死刑だ」と提案する。子どもは笑いながらりんごを取ったので、何の罰も受けなかった。 

*赤ん坊の大五郎は、大人並みの心を持っていた→〔赤ん坊〕8の『子連れ狼』(小島剛夕)其之9「刺客街道」。

★11.潜在意識の思いが、実体となって現れる。

『禁断の惑星』(ウィルコックス)  西暦2200年。アダムス船長たちの一隊が、惑星アルテア4を訪れる。そこに住んでいたモービアス博士の娘アルタと、アダムス船長は恋仲になる。アダムス船長はアルタを地球へ連れ帰ろうとする。突然、半透明の怪物が現れ、隊員たちを襲って数人を殺す。それはモービアス博士の潜在意識が具象化したものだった。娘を奪ったアダムス船長への憎しみが、怪物と化したのである。そのことを自覚したモービアス博士は、惑星とともに自爆する。アルタとアダムス船長たちは、惑星を脱出して地球へ向かう。

*潜在意識内にある母親への抑圧感情が、妻への殺人衝動に転化する→〔扉〕5aの『扉の影の秘密』(ラング)。

★12.心の深層へ降り、超空間の穴を抜けて、異世界を探索する。

『ゴルディアスの結び目』(小松左京)  18歳の少女マリアは悪人に犯され、麻薬を打たれて、心に深い傷を負った。サイコダイバーの伊藤がマリアの心に分け入り、真っ黒な森、濃い霧を越えて、マリアの心の中ではない異世界へ踏み込む。悪臭を放つ花畠があり、花の1つ1つは、糞便まみれの肛門だった。空中には、恐竜や毒蛇や猛獣の顎が飛び回っている。2匹の悪魔が、全裸のマリアを前と後ろから犯していた。さらに奥へ進もうとした時、マリアと伊藤のいる部屋は内部へ向かって崩壊し、急速に収縮し始める。やがてそれは、マイクロ・ブラック・ホールとなるであろう。

★13.心を持つものと、心を持たぬもの。

『法句経物語』第80偈  7歳の子供パンディタが出家し、托鉢に出かける。その道筋に、百姓が水を農地へ運ぶために作った堀割があった。さらに行くと、矢作りが矢柄を火にあぶって真っ直ぐにしており、大工が木片で車を造っていた。パンディタは考えた。「水や矢柄や木片は心を持たないのに、求められれば、農地へ流れ、真っ直ぐになり、車の形になって、仕事をする。それならば、心を持っている自分が、己の心を制して、沙門法を行えぬはずがない」。パンディタは心を沙門法に傾注し、修行に励んだ。

★14a.外界と見えるものも、心の中の景色である。

『マグノリアの木』(宮沢賢治)  霧の中、諒安(りょうあん)は1人で、峯から谷底へ、谷底から次の峯へ、懸命に伝って行く。疲れて睡(ねむ)る諒安の耳もとで、誰かが、あるいは諒安自身が、何度も叫ぶ。「これがお前の世界なのだよ。お前にちょうど当たり前の世界なのだよ。それよりもっと本当は、これがお前の中の景色なのだよ」。諒安はうとうと返事をする。「そうです。いかにも私の景色です。私なのです。だから仕方がないのです」→〔アイデンティティ〕6

*竹の声も桃の花も鷹も、自分の中にある→〔鷹〕1cの『竹の声桃の花』(川端康成)。

★14b.心に浮かぶ「考え」は、自分で作り出したものではない。

『ユング自伝』6「無意識との対決」  「私(ユング)」の無意識から、異教徒の老賢者フィレモンの人格像が生じて来た。「私」は空想の中で彼と会話をした。「私」は、「私」の心に浮かぶ「考え」を、自分で作り出したもののように扱うが、フィレモンの観点からすれば、そうではない。彼は言った。「『考え』は、森の動物や、部屋の中の人々や、空の鳥のようなものだ。あなたは部屋の中の人々を見て、あなたがその人々を作ったとか、あなたが彼らに対して責任があるとか、思わないだろう」。

★15a.身体に別人の心を入れる。

『聊斎志異』巻2−47「陸判」  朱爾旦は、閻魔庁に仕える判官像(=陸判官)と親しくなった(*→〔像〕8a)。朱爾旦は科挙の試験になかなか合格できないでいたので、陸判官は、冥界の何万何千もの心の中から優秀なのを1つ持ってきて、手術をして朱爾旦の身体の中に入れてくれた。まもなく朱爾旦は、科試・郷試を首席で通過した。

★15b.身体に別人の心を入れたら、という想像。

『友情』(武者小路実篤)上・21  野島が部屋で仰向けに寝て、杉子のことを考えているところへ、武子(=親友大宮の従妹)が「ちょっと、御本拝借」と言って入って来た。武子が本を捜している後ろ姿を見て、野島は「武子が杉子だったら。武子の心が杉子に入っていたら」と思った。そして「自分は杉子の心を愛しているのではなく、美貌と身体と、声とか形とかを、愛しているのだな」と思った。

 

*病気と心→〔病気〕4

 

 

【子殺し】

★1.父親が、家のためあるいは使命のために、子を殺す。

『景清』(幸若舞)  阿古王が夫景清を裏切り、頼朝の兵たちを宿所へ導く。景清は2人の子、いや石といや若に「あさましき母に添うよりも、閻魔の庁で父を待て」と言い聞かせ、殺す〔*『出世景清』(近松門左衛門)4段目では、牢に入れられた景清の眼前で、阿古屋が2人の子を殺して自害する〕。

『士師記』第11章  エフタは神に戦勝の祈願をしたために、はからずも自分の娘を燔祭として捧げることとなった→〔最初の人〕2a

『撰集抄』巻6−10  時朝(ときとも)大納言家には、先祖の大織冠(=藤原鎌足)以来伝わる大切な硯があった。侍の仲太がこの硯をとり落とし、真っ二つに割ってしまう。10歳になる若君が、「私が割ったことにすれば、父も許してくれるかもしれぬ」と考え、仲太の過ちを我が身に引き受ける。しかし父大納言は、「家宝の硯を割る者はただではおけぬ」と、若君の首を斬った。仲太は出家した(後の性空上人である)〔*『今昔物語集』巻19−9の類話では、父親は子を殺さない〕→〔追放〕1a

『保元物語』(古活字本)巻下「為朝鬼が島に渡る事並びに最後の事」  院宣を受けた討手が、大嶋の為朝の館へ押し寄せる。為朝は今はこれまでと、9歳の子為頼を刺し殺した後、自害する。

*→〔誤解による殺害〕2の『義経千本桜』3段目「すし屋」・〔血〕5の『忠臣ヨハネス』(グリム)KHM6・『ペンタメローネ』(バジーレ)第4日第9話・〔盲目〕7の『入鹿』(幸若舞)・〔和解〕2の『妹背山婦女庭訓』3段目「山の段」。

★2.主君の若君や主君の妻の身代わりとするために、家来が自分の子を殺す。

『国性爺合戦』初段  臨月の后華清夫人が敵の鉄砲に当たって死ぬ。呉三桂は后の腹を切って若君を取り出し、代わりに、生まれて間もない我が子を刺し殺して后の腹に押し入れる。追って来た敵軍は、后・若君ともに死んだものと思う。

『太平記』巻18「程嬰杵臼が事」  亡君智伯の3歳になる若君を程嬰がかくまい、杵臼は我が子が若君と同年なので、これを智伯の遺児と披露して山中にこもる。敵兵に囲まれた杵臼は、我が子を刺し殺し自らも切腹して、敵を欺く〔*『曽我物語』巻1「杵臼程嬰が事」の異伝では、11歳の子が若君の身代わりに自害する〕。

『百合若大臣』(幸若舞)  別府兄弟が、百合若大臣を玄海が島に置き去りにして、「百合若は戦死した」と、百合若の妻に告げる。別府兄弟は百合若の妻に懸想文を送るが、拒否される。怒った別府兄弟は、彼女をまんなうが池に柴漬け(ふしづけ)にしようとする。しかし百合若の家来だった門脇の翁が、自分の娘を身代わりに池に沈めて、百合若の妻を救う。

*→〔にせ首〕1の『一谷嫩軍記』3段目「熊谷陣屋」・『菅原伝授手習鑑』4段目「寺子屋」・『満仲』(能)。

★3.子が、わざと親から殺されるように仕向ける。

『摂州合邦辻』「合邦内」  家督争いのために、俊徳丸の命が狙われる。継母の玉手御前は俊徳丸を救おうと、彼に偽りの恋をしかけ毒酒を飲ませて、癩病にさせる。病人であれば家督は継げず、したがって俊徳丸の身も安全だからである。玉手御前は父親を怒らせてその刃にわざと刺され、血を流して死ぬ。寅の年・寅の月・寅の日・寅の刻に誕生した玉手御前の血を用いれば、俊徳丸の癩病は治るのである。

 *生まれた年・月・日・刻が1つに揃った女の生き肝→〔恋わずらい〕2aの『肝つぶし』(落語)。

★4.子を殺そうとして、天に助けられる。

『二十四孝』(御伽草子)  貧しい郭巨夫婦は、老母を養うため、口べらしに3歳の子を殺そうとする。子を生き埋めにする穴を掘ると、黄金の釜が出てくる。

★5.神の命令によって父親が我が子を殺そうとする。

『アウリスのイピゲネイア』(エウリピデス)  アガメムノン率いるギリシア軍がトロイアへ船出するためには、彼の娘イピゲネイアを女神アルテミスに捧げねばならない。アガメムノンは娘を呼び、祭壇へ上げる。しかし、最後の瞬間に娘の姿は消え、代わりに1頭の雌鹿が生贄とされるべく横たわっていた。

『創世記』第22章  神がアブラハムに「汝の子イサクを山で燔祭として捧げよ」と言う。アブラハムは祭壇を造り、息子イサクを殺そうと刃物をとる。神はアブラハムの信仰心を賞し、イサクの代わりに羊を焼くように命ずる。

★6.母親が子を殺す。

『ギリシア神話』(アポロドロス)第3巻第14章  プロクネは、自分と夫テレウス王との間の1人息子イテュスを殺し、夫テレウス王に食べさせる。

『楡の木陰の欲望』(オニール)  アビーは、3人の成人した息子を持つイフレイムの後妻になった。彼女がイフレイムの死後に財産を得るには、子供を産まねばならない。イフレイムは老齢なので、アビーはイフレイムの三男エビンを誘惑して、子供を得る。イフレイムは、子供を自分の胤と信じて相続人にする。エビンは、利用されたと知って、アビーを罵る。アビーは今では本気でエビンを愛するようになっていたため、狂乱して嬰児を殺す。

『変身物語』(オヴィディウス)巻8  カリュドンの猪狩りの後に獲物の奪い合いが起こり、メレアグロスは伯父を殺す。メレアグロスの母アルタイアは兄弟が殺されたことに憤り、息子メレアグロスの生命のこもった丸木を焼いて、メレアグロスを死なせる〔*『ギリシア神話』(アポロドロス)第1巻第8章に類話〕→〔魂〕1a

『メデイア』(エウリピデス)  かつてメデイアは、父王に背いてまでイアソンを助け、彼に金羊毛を得させた(*→〔眠る怪物〕2の『アルゴナウティカ』(アポロニオス)第4歌)。しかしイアソンはメデイアから受けた恩を忘れ、コリントスの王女と結婚する。メデイアは激しくイアソンを非難し、コリントスの王女とその父を毒で殺す。さらに、イアソンとの間に生れた2人の子供をも刺し殺して、去って行く→〔龍〕3b〔*『ギリシア神話』(アポロドロス)第1巻第9章に簡略な記事〕。

*母親が、成長した息子と再会して殺す→〔再会(母子)〕3の『人間の証明』(森村誠一)。

*嬰児殺し→〔赤ん坊〕9の『ファウスト』(ゲーテ)第1部、〔夫殺し〕4の『桜姫東文章』。

*間引き→〔堕胎〕3

★7.親が、自分の子と知らずに殺す。

『悪魔の手毬唄』(横溝正史)  青池リカが夫源治郎との間にもうけた娘・里子は、顔半分が赤痣におおわれていた。源治郎は3人の愛人に3人の娘(泰子・文子・千恵子)を産ませており、彼女たちは皆美貌だった。リカは彼女たちを殺そうと考え、まず泰子を、次いで文子を、呼び出して殺す。しかし里子が母リカの悪事を知り、千恵子の身代わりになって夜の闇の中に立つ。リカは千恵子と思い込んで、自分の娘・里子を殺してしまう。

『神霊矢口渡』4段目「頓兵衛住家の場」  渡し守・頓兵衛は、2階に寝ている新田義峯を殺そうと(*→〔宿〕3c)、闇の中、下から刀を突き上げる。断末魔の悲鳴が聞こえたので、頓兵衛は「してやったり」と梯子を駆け上がり、義峯の夜着を引きまくる。折から月影がさし、頓兵衛は瀕死の娘お舟を見出して驚く。彼女は義峯を逃がし、その身代わりに寝所に臥していたのだった→〔太鼓〕5

『リゴレット』(ヴェルディ)  浮気者のマントヴァ公爵が、多くの娘たちをもてあそぶ。彼は学生姿に変装して、道化師リゴレットの娘ジルダを誘惑する。リゴレットは怒り、殺し屋にマントヴァ公爵殺害を依頼する。しかし、それを知った娘ジルダが自ら犠牲になろうと決意し、公爵の身代わりとなって短刀で刺される。殺し屋から、死体の入った袋を受け取ったリゴレットは、袋の中に瀕死の娘ジルダを見出して驚愕する。

*→〔生き肝〕1の安達ヶ原の鬼婆の伝説。

*→〔闇〕2の『親指小僧』(ペロー)。

*→〔宿〕6に記事。

★8.芸術家である父親が、娘を見殺しにする。

『地獄変』(芥川龍之介)  絵師良秀は地獄変の屏風を描くために、「美しい上臈(じょうろう)の乗る檳榔毛(びろうげ)の車が、燃え上がる様を実際に見たい」と望む。堀川の大殿が、良秀の娘を車に乗せて示すので、良秀は驚愕する。しかし、火が放たれ地獄さながらの光景が現出すると、良秀は娘を救うことも忘れ、恍惚としてそれに見入る。娘は悶え苦しんで焼け死に、良秀は炎熱地獄の屏風絵を完成させる。

『修禅寺物語』(岡本綺堂)  面作師(おもてつくりし)夜叉王の娘かつらは、将軍源頼家の身代わりとなって北条幕府の討手と闘い、瀕死の重傷を負って家へ戻る。夜叉王は「若い女の断末魔の表情を、後の手本に写しておきたい。苦痛をこらえてしばらく待て」と命じ、死に行くかつらの顔を模写する。

 

*父親が讒言を信じて子を殺す→〔卵〕4の『今昔物語集』巻2−30。

*親が狂気に陥って我が子を殺す→〔狂気〕1の『ギリシア神話』(アポロドロス)第2巻第4章・〔狂気〕3の『ギリシア神話』(アポロドロス)第3巻第5章。

 

 

【乞食】→〔物乞い〕

 

 

【子捨て】

★1a.生まれてまもない嬰児を捨てる。

『英雄伝』(プルタルコス)「ロムルス」  ヌミトルとアムリウスの兄弟がいた。アムリウスはヌミトルから王位を奪い、ヌミトルの娘イリア〔*娘の名は「レア」とも「シルウィア」とも言う〕が子供を産んで将来の脅威とならぬよう、彼女を女神ウェスタの巫女にした。しかしイリアは、軍神マルスによって双子ロムルスとレムスを産んだ〔*アムリウスがイリアを犯した、とも言う〕。アムリウスは召使に命じて、双子を捨てさせた。

『貴船の本地』(御伽草子)  鬼国の姫は定平中将の叔母の娘として再誕するが、左手に指のない子として、蓮台野に捨てられる。

『サルゴン伝説』(アッカド)  「私(アッカド王サルゴン)」の母は女神官エニトゥで、父はわからない。母はひそかに「私」を産み、藺の籠に入れて川に流した。灌漑人アッキが「私」を拾い育て、園丁にした。「私」は園丁時代、女神イシュタルに愛された。「私」は54年間王国を支配した。

『史記』「周本紀」第4  神龍の吐いた沫(あわ。=龍の精気)が、後にトカゲと化して、7歳ほどの少女と出会った(*→〔性器(女)〕3)。少女は15歳頃になって、夫なしで身ごもり、女児を産んだ。少女は不祥を恐れて女児を棄て、女児は弓矢売りの夫婦に拾われ褒の国で育った。この女児が、後の褒ジである→〔笑い〕3a

『出エジプト記』第1〜2章  ヘブライの女が男児を産んだらすべてナイル川に投げこめ、とエジプトのファラオ(パロ)が命ずる。1人の女が、産んだ男児を殺すことができず、籠に入れてナイル河畔の葦の茂みに置く。男児はファラオの王女に拾われ、モーセ(=モーゼ)と名づけられる。

『宝物集』七巻本巻7  仏生国に血の雨が降り、国土が紅になった。王が怪しんでその夜生まれた赤子を集めると、1人、口から焔を吐く子がいたので、遠島に捨てた〔*『曽我物語』巻6「仏性国の雨の事」に類話〕。

*→〔足〕1bの『オイディプス王』(ソポクレス)・〔板〕5の『西遊記』百回本第9回・〔交換〕3gの『どろろ』(手塚治虫)・〔太陽〕1bの『マハーバーラタ』第1巻「序章の巻」・〔白髪〕1aの『王書』(フェルドウスィー)第2部第1章「ナリーマン家のサーム」。

*双子の一方を捨てる→〔双子〕3a

*捨てた子が動物に育てられる→〔動物傅育〕

*→〔うつほ舟〕2〔箱船(方舟)〕3に記事。

★1b.捨てられた子が、母と幸福な再会をする。

『キッド』(チャップリン)  慈善病院で1人の女が男児を産み、その子を捨てる。浮浪者チャーリーが男児を拾い、育てる。女は女優として成功し、大きな屋敷に住むようになる。5年後、女は街で偶然、男児と出会う。「この子を育てて下さい」との書き付けを男児が持っていたので、女はそれが自分の子であると知り、屋敷へ連れ帰る。チャーリーは、いなくなった男児を捜し回るが、男児が母と再会し屋敷に引き取られたことを知って、喜ぶ。

★1c.捨てられた子が母と再会し、父の霊と対面する。

『小敦盛』(御伽草子)  平敦盛の戦死後、北の方は男児を産む。平家の生き残りは源氏に殺されるので、北の方は男児の命を救うため、下(さが)り松の辺に捨てる。男児は法然上人に拾われるが、7歳になった年、父母を恋い慕って重病になる。法然上人は説法聴聞の人々に訴え、それに応えて北の方が名乗り出る。男児は母親と会い、命を取りとめる。後、賀茂大明神のお告げによって、男児は一の谷の小さな堂へ行き、亡父敦盛の霊と対面する。

*捨てられた子が、再会した母と交わる→〔母子婚〕1の『和泉式部』(御伽草子)。

★1d.捨てられた子が、霊となって母と再会する。

コインロッカー・ベビー(日本の現代伝説『ピアスの白い糸』)  女が赤ん坊を産んで、東京駅のコインロッカーに捨てた。その後、女は某企業に就職し、ある時、仕事中にそのコインロッカーの前を通りかかる。小さな男の子がうずくまって泣いているので、女は「どうしたの?」と聞くが、返事がない。「お父さんは?」と聞いても、下を向いたままである。「お母さんは?」と聞くと、男の子はパッと顔を上げ、「お前だ!」と言って消えてしまった。

★1e.捨てられた子が、再び同じ両親のもとに生まれる。

『子捨ての話』(小泉八雲『見知らぬ日本の面影』)  百姓夫婦が貧しさゆえ子供を育てられず、子供が生まれるたびに川に流して、6人の子供を殺した。そのうち暮らし向きが良くなったので、7人目に生まれた男児は、捨てずに育てる。夏の月夜、百姓は生後5ヵ月の男児を抱いて庭に出、「いい夜だ」と言う。すると男児は百姓を見上げて、「お父っつあんが最後に私を捨てたのも、こんな月夜の晩だったね」。 

★2.少年(あるいは少女)を捨てる。

『伊吹童子』(御伽草子)  酒呑童子は、幼い頃から酒を飲み乱暴であったので、「父・伊吹の弥三郎そのままの悪人」と言われ、7歳の時捨てられた。

『親指小僧』(ペロー)  飢饉の年、貧しい木こり夫婦は、7人の子を深い森に置き去りにする→〔道しるべ〕1a

『蝉丸』(能)  醍醐天皇は、盲目の第四皇子蝉丸を逢坂山に捨てる。前世の罪業ゆえ盲目に生まれついたのだから、その罪業を償わせようとの父帝の慈悲である、と蝉丸は悟り、剃髪、出家する。

『日本霊異記』中−30  行基の説法の場に、某女が10余歳の子供を連れて来たが、その子供は大声で泣き喚き、人々の説法聴聞を妨げた。行基は女に命じて、子供を淵に捨てさせた。行基は女に、「汝は前世で、あの子供から物を借りたのだ」と教えた→〔貸し借り〕1

*少年ロボットを捨てる→〔成長〕5の『鉄腕アトム』(手塚治虫)。

*少年少女を捨てる→〔森〕1aの『ヘンゼルとグレーテル』(グリム)KHM15。

*→〔追放〕に関連記事。

★3.神が子を捨てる。

『古事記』上巻  イザナキとイザナミが結婚するに際し、イザナミが「あなにやし、ゑをとこを(ああ、立派なお方ですね)」と、先に言葉を発した。イザナキは「女が先に言葉を発するのは、正しくない」と言ったが、2神は結婚した。その結果、イザナミは水蛭子(ひるこ)を産んだ。2神は、この子を葦船に入れて流し捨てた〔*『日本書紀』巻1の第4段一書第1、第5段本文、同・一書第2、などに類話〕。

 *水蛭子は恵比寿になった→〔矢〕6の『和漢三才図会』巻第74・大日本国「摂津」。

『播磨国風土記』餝磨の郡伊和の里  オホナムチの子ホアカリは強情な性質だった。父神はこれを憂え、子を置き去りにして船で逃げた。ホアカリは怒り、風波をたてて船を追った。

★4.子供を捨てるか否かの選択。

『今昔物語集』巻19−27  法師が、自分の老母と5〜6歳の愛児とが洪水で流され行くのを見る。子供はまたもうけることもできるが母と別れては2度と会えない、と法師は考えて、子を見捨て母を救う。

『荘子』「山木篇」第20  林回という男が千金の璧を捨て、赤子を背負って逃げた。その理由を問われて林回は「千金の璧と自分は利益でつながっているが、赤子と自分は天然自然でつながっているからだ」と答えた。

『武家義理物語』巻5−2「同じ子ながら捨たり抱たり」  敵に追われる女が、2人の子のうち乳のみ子(妹)を捨て、7歳ほどの男児(兄)を連れて逃げる。2人とも実子でなく、兄は夫の甥、妹は女自身の姪なので、身びいきと思われるのが口惜しさに、自分の身内の子を捨てたのだった〔*原拠は『列女伝』巻5−6「魯義姑姉」〕。

★5.判断力を失って、あるいは錯覚して、赤ん坊を川へ捨てる。

『現代民話考』(松谷みよ子)6「銃後ほか」第5章の1  空襲の時には、はじめは荷物をたくさん持って逃げるが、命の方が大切なので、そのうち荷物はポンポン捨ててしまう。昭和20年(1945)3月10日の大空襲の時。「私」の主人の姉が、橋の上を駆けて逃げて行った。すると前を行く人が、荷物は持ったまま、赤ん坊を川へ投げ捨てた。「あの人はきっとおかしくなって、間違って投げたんだよ」と姉は言った(東京都江東区)。

『後生鰻(うなぎ)(落語)  鰻屋が鰻をまな板に乗せ、錐を刺し通そうとするところへ、信心深い隠居が通りかかる。隠居は鰻を憐れみ、買い取って川へ放してやる。これが何日か続く。ある時、鰻がなく休んでいた日に隠居がやって来たので、鰻屋はとっさに赤ん坊をまな板に乗せる。隠居は赤ん坊を買い取り、「さあ、放してやるぞ」と言って川に放り込んだ〔*同類の話を、悲惨な物語にしたのが、→〔人造人間〕2の映画『フランケンシュタイン』(ホエール)〕。

★6.夏目漱石は赤ん坊の頃、捨て子同然の扱いを受けた。

『硝子戸の中』(夏目漱石)29  「私(夏目漱石)」は、両親の晩年にできた末ッ子である。母は「こんな歳をして懐妊するのは面目ない」と言った。「私」は生まれ落ちてすぐ、古道具の売買をする貧しい夫婦のもとへやられた。「私」は道具屋のがらくたと一緒に、小さい笊(ざる)に入れられて、四谷の大通りの夜店にさらされていたのである。ある晩、「私」の姉が通りかかり、かわいそうとでも思ったのだろう、懐に入れて家へ連れ帰った。

★7.子供の無事成長を願って、いったん捨て子にする。

『聞書抄』(谷崎潤一郎)その5  若君時代の豊臣秀頼公は、皆から「お拾いさま」と呼ばれた。「生まれた子供は、いったん捨て子にして、人に拾ってもらう方が無事に育つ」と言うので、太閤殿下(秀吉)の思し召しで若君を捨て、それを松浦讃岐守が拾い、何かと世話をした。そうした経緯から、「若君の名は『拾い』とする。下々の者まで『お』の字を附けず、『拾い』と呼び捨てにせよ」とのお触れがでたが、まさかそうもできず、いつからともなく『お』や『さま』を附けるようになった。

*厄年に生まれた子を捨てる→〔厄年〕3の『母のない子と子のない母と』(壺井栄)11。 

 

次頁