前頁

【人数】

★1a.十三人は不吉な人数である。

『居酒屋』(ゾラ)7  ジェルヴェーズの誕生日の晩餐に、男女合わせて14人が集まることとなる。ところがマダム・グージェが欠席して、席についたのは13人だった。ジェルヴェーズは不吉なものを感じる。1人が「私は帰る」と言い出し、1人が「14人より13人の方が、食べ物の分け前がふえていい」と言う。ジェルヴェーズは「都合をつけるわ」と言って歩道へ出る。彼女は、通りかかった老職人ブリュを呼び入れる。

『ユリシーズ』(ジョイス)第2部6「ハーデス」  レオポルド・ブルームは、友人ディグナムの葬儀に参列する。ディグナムの棺が墓地に埋葬される時、ブルームは後ろの方に立ち、会葬者の数を数えて、自分が13人目になることに気づく。しかしもう1度見ると、雨外套を着た男がいて、彼が13人目なのだった。ブルームは考える。「13・・・死の番号・・・あの男はどこから来たのだろう・・・礼拝堂にはいなかった・・・13がどうとかいうのは馬鹿げた迷信だ」。

★1b.八人が不吉だ、という物語もある。

『七騎落』(能)  石橋山合戦に敗れた源頼朝が、船で安房へ落ちのびようとする。主従一行が8騎であるのを、頼朝は「祖父為義・父義朝敗走の折も8騎だったため、不吉だ」と言って、「1人下船せよ」と命ずる。そこで土肥実平の息子遠平が陸に残り、7騎となって船を出す。やがて沖に出た一行は和田義盛の船と出会う。義盛と頼朝は対面するが、義盛は遠平を助け、船底に隠していた。

*写真をとる時、3人は不吉である→〔写真〕5cの『現代民話考』(松谷みよ子)12「写真の怪 文明開化」第2章の1。

★2.人数が一人多い。

『黄金伝説』46「聖グレゴリウス」  聖グレゴリウスが12人の巡礼を食卓に招くが、数えると13人になっていた。しかし秘書が数えなおすと12人だった。その時巡礼の1人の顔が老人に変容し、「自分は主の御使いの1人だ」と名のり、「主はあなたを教皇に選んだ」と告げた。

『三宝絵詞』下−30  天台大師(=智)が亡くなった後、朝廷は忌日ごとに使者を寺に送り、1000人の僧を供養した。その時、斎場で僧の数を数えると、1001人いる。しかし1人1人名前を呼んで記録すると、1000人である。供養が始まると僧が1人多いようだったが、供養が終わるとやはり1000人である。それで、天台大師が来て僧たちの中に混じっていたことがわかった。

『11人いる!』(萩尾望都)  宇宙大学の受験生10人が、最終選考のため宇宙船に集められる。ところが乗り組んでみると11人いる。実は、誰だかわからない11人目は大学のスタッフで、宇宙船にトラブルを起こし、非常事態に受験生たちがどう対処するかを見るのであった。

*10人のはずが11人になっている→〔福の神〕4aの『ざしき童子(ぼっこ)のはなし』(宮沢賢治)。

★3.人数が一人少ない。

『奇談異聞辞典』(柴田宵曲)「九人橋」  金沢城下の味噌倉町に、九人橋という小橋がある。昼でも夜でも、この橋を10人並んで渡る時には、水に9人の影だけ映り、1人の影は見えない。さまざまに渡り直してみると、映らないのは右端の人だったり、左端の人だったり、中にいる人だったり、そのたびごとに違う。1人ずつ別々に渡る時には、何の変事もない(『北国奇談巡杖記』巻1)。

『鉄腕アトム』(手塚治虫)「キリストの目」  ある夜、7人の覆面の男が教会を訪れ、「実験をするから」と言って広い部屋を借りる。しかし出て行く時には、彼らは6人だった。彼らは殺人光線ロボットの開発実験をしており、教会へ来る時は人間6人とロボット1体であり、帰る時はロボットを分解して持ち去ったのだった。

★4.入場者の数と、使われた切符の数が一致しない。

『切符』(三島由紀夫)  洋服屋の松山仙一郎はお化け屋敷の招待券を10枚もらったので、カメラ店の本田、薬屋の村越、時計屋の谷とともに、総勢4人で出かける。お化け屋敷でなぜか異様な恐怖にかられた仙一郎は、出口で待っていた妻と話すうちに、時計屋の谷がしばらく前に自殺したことを思い出す。招待券の残りは6枚のはずが、何度数えなおしても7枚あった。

★5a.船に乗れる人数。

『平家女護嶋』(近松門左衛門)「鬼界が島」  鬼界が島に流された俊寛・康頼・成経の赦免状を携えて、使者瀬尾太郎らが船を寄せる。成経は島娘千鳥と夫婦になっており、彼女をも伴おうとする。しかし瀬尾は「船路関所の通行切手は3人のみだ。4人とは書いてない」と言って、千鳥の乗船を許さない。怒った俊寛が瀬尾を殺し、自らが島に残って、康頼・成経・千鳥の3人が乗船できるようにはからう。

★5b.宇宙船に乗れる人数。

『月世界の女』(ラング)  男2人(ヘリウスとヴィンデガー)・女(フリーデ)・少年の合計4人が、月世界から宇宙船で地球へ帰ろうとする。酸素タンク損傷のため、3人分の酸素しかない。ヴィンデガーとフリーデは婚約していたので、ヘリウスは「自分が月に残ろう」と考える。ところが、宇宙船を見送ったヘリウスが振り返ると、意外にもそこにフリーデがいた。フリーデは「自分は本当はヘリウスを愛していたのだ」と気づき、彼とともに月に残る決心をしたのだった。

『冷たい方程式』(ゴドウィン)  惑星ウォードンの探検隊が、緑色カラ蚊の媒介する熱病に侵された。1人乗りの宇宙船EDS(=緊急発進艇)が血清を積んで、ウォードンへ向かう。ところが、EDSの倉庫内に密航者がいた。それは1人の少女で、ウォードンにいる兄に会いに行こうとしたのだ。見つかったら罰金を払えば済む、と少女は考えていた。しかしEDSの燃料は、飛行士1人分だけである。飛行士は少女を、真空の宇宙空間へ追いやらざるを得なかった。

★6a.人間の数と花の数。

『人影花』(昔話)  盗賊にさらわれた妻を夫が捜し、3年たって盗賊の家を見つけて、妻と再会する。その家には「アスナロー」という花があって、男が来れば男花が、女が来れば女花が、人数分だけ咲く。夜、盗賊が帰って来ると、男花が2つ咲いたので、盗賊は「わしの他にもう1人男がいるな」と言う。妻は「私のお腹に男の子ができたのでしょう」と、ごまかす。山賊は喜び、酒を飲んで眠る。隠れていた夫が、刀で山賊を殺す(鹿児島県大島郡喜界島)。

*人間の数と泡の数→〔泡〕8の『娘奪還』(昔話)。

*腹の中の子を、数のうちに入れる→〔箱〕4aの『三国遺事』巻1「紀異」第1「金ユ信」。

*殺した人間の数と、花の数が一致する→〔花〕2cの『牡丹』(三島由紀夫)。

★6b.人間の数と魂の数。

『生命とは何か』(シュレーディンガー)「エピローグ」  「肉体の数と同じ数だけの霊魂(=意識)がある」と、ヨーロッパ人は考えている。しかしこの仮説は疑わしい。自我意識は、同時に2つ以上感じられることはなく、つねに単一のものとして経験される。肉体が複数存在しても、意識は1つである。ただ1つのものだけが存在し、多数あるように見えるものは、この1つのものの現す異なる姿に他ならない。

*1人の人間に複数の魂が宿る→〔魂〕10・11a・11b

★7.鳥の数と枝の数。

『雁風呂』(落語)  秋、常盤の国から日本へ渡る雁たちは、口に木の枝をくわえている。疲れると枝を海に落としてその上で休み、函館海岸の一木松まで来て、枝を捨てる。翌春、雁たちは再び枝をくわえて常盤の国へ帰るが、日本で死んだ雁の数だけ、浜辺に枝が残る。漁師たちは雁を憐れみ、残った枝で施行風呂をたく。それを「雁風呂」という。

★8.死体の数と懸賞金の額。

『夕陽のガンマン』(レオーネ)  賞金稼ぎのガンマン・モンコが、盗賊団一味を皆殺しにする。彼は1人1人に懸けられた賞金額を計算しながら、死体を荷車に積んでゆく。すると、もらえるはずの金より5千ドル少ないので、誰かまだ1人生き残って隠れている、とモンコは気づく。生き残りの男が背後からモンコを撃とうとする一瞬前に、モンコは振り返って男を射殺する。

★9.死体の数が多い。

『飢餓海峡』(水上勉)  昭和22年(1947)9月20日午後。青函連絡船層雲丸は函館港を出てまもなく、台風のために転覆した。乗船者854名のうち、生存者324名。したがって死者は530名のはずが、収容された死体は2体多かったので、警察は捜査を開始した。それは、北海道内で強盗殺人を犯した3人組が小舟で青森へ逃げる途中、仲間割れで2人が海へ投げ出された、その死体だった→〔過去〕6

★10.人数を減らしても、仕事はできる。

『しまつの極意』(落語)  商売をする男が、10人いた店員を5人に減らしたが、結構それで間に合う。さらに減らして店員2人にしても、大丈夫だった。思い切って店員をゼロにして、夫婦2人で走り回って働いたら、なんとかなった。妻を離縁して男1人でやっても、間に合った。「それなら、わしもいらんのだ」と言って、男はどこかへ行ってしまった。

★11.人数が増えても、苦労は同じ。

『羅生門』(黒澤明)  雨の中。羅生門の下で、木こりと僧と下人が不可解な殺人事件(*→〔語り手〕1)について語り合っていた時、誰かがそっと赤ん坊を棄てていった。下人はすぐに赤ん坊の衣類を剥(は)ぎ、奪い取ってしまったので、木こりは憤る。木こりは僧に、「わしの所には子供が6人いる。しかし、6人育てるも7人育てるも、同じ苦労だ」と言い、赤ん坊を抱いて帰って行く。

★12.正しい人の数。

『創世記』第18章  主(しゅ)は、ソドムの町を滅ぼそうと決意する。アブラハムが主に、「あなたは、正しい者を悪い者と一緒に滅ぼされるのですか? もし正しい者が50人いたら、その50人のために、町をお赦しにはならないのですか?」と問う。主は「ソドムに正しい者が50人いるならば、町全部を赦そう」と答える。アブラハムは「では、正しい者が45人なら? 40人なら? 30人なら? 20人なら? 10人なら?」と、人数を減らしつつ繰り返し問いかけ、ついに主は、「正しい者が10人いたら滅ぼさない」と言う。

★13.人口増加の起源。

『古事記』上巻  イザナキは、妻イザナミを黄泉国に閉じこめ、離別を宣告して、葦原中国(あしはらのなかつくに=現世)に帰った。イザナミは怒り、「汝の国の人草(ひとくさ=人間)を、1日に千人絞り殺してやる」と言う。イザナキは、「それなら1日に千5百人誕生させよう」と言い返す。これが、1日に千人の人間が死に、千5百人の人間が生まれるようになった起源である。

★14.増加する人口が減少に転じ、一人だけになる。

『最後の地球人』(星新一『ボッコちゃん』)  地球の人口はとめどなく増え続け、百億人になり、2百億人になった。もうこれが人類存続の限界かと思われた時、増加は止まり、減少に転じた。1組の夫婦から、1人しか子供が生まれなくなったのだ。人口は世代ごとに半減し、ついに男女1人ずつになる。彼らは裸で暮らし、人類最後の子供をもうけて、死んでいった。子供は薄暗い保育器の中で成長し、「光あれ」と言うと保育器はこわれ、広い空間があらわれた。これから何をすべきか、子供にはわかっていた。

 *膨張する宇宙が収縮に転じ、一点に集まる→〔宇宙〕2bの『タウ・ゼロ』(アンダースン)。

 

次頁