前頁

【戦争】

 *関連項目→〔兵役〕

★1.第二次世界大戦。

『史上最大の作戦』(アナキン他)  1944年6月6日。連合軍は悪天候をついて、ノルマンディー上陸作戦を敢行した。早朝の大兵団の上陸に先立って、深夜に落下傘部隊が降下する。その報告を受けたドイツ本国の司令部は、これを重大視せず、就寝中のヒトラー総統を起こさなかった。朝になりヒトラーは起床するが、ひどく機嫌が悪いので、将官たちは、ノルマンディーへの戦車部隊派遣を進言できない。激しい戦闘の後に、その日、連合軍はノルマンディーを制圧した。

★2.朝鮮戦争。

『最前線』(マン)  朝鮮戦争勃発から2ヵ月余りの1950年9月。北鮮軍の激しい攻撃に、米軍は劣勢だった。最前線で孤立したベンソン中尉以下17人の小隊は、来合わせた他の部隊の2人と合流し、味方の陣地まで退却を開始する。北鮮軍の狙撃・砲撃・地雷原によって、米兵は1人また1人と倒れる。しかしベンソン中尉たちは、北鮮軍の陣取る465高地を果敢に攻撃し、敵を全滅させて高地を奪取する。生き残ったのは3人だけであった。

*→〔未亡人〕5の『慕情』(キング)。

★3a.ベトナム戦争。

『プラトーン』(ストーン)  クリスは大学を中退してベトナムでの兵役を志願した。彼の配属された小隊(プラトーン)の隊長バーンズは、ベトナムの村人たちを平気で殺す冷酷な男だった。班長エリアスがバーンズを激しく非難し、2人は対立する。エリアスが単身で斥候に出た時、バーンズは彼を銃撃して置き去りにした。エリアスは戦場に取り残され、戦死する。クリスは、バーンズの卑劣な行為を憎む。ベトコンの大部隊との戦闘が行なわれ、かろうじて生き残ったクリスは、バーンズが重傷を負って倒れているのを見、彼を射殺した。

*→〔川〕5bの『地獄の黙示録』(コッポラ)。

*→〔ロシアン・ルーレット〕3の『ディア・ハンター』(チミノ)。

★3b.ベトナム戦争の帰還兵。

『7月4日に生まれて』(ストーン)  7月4日(=アメリカ独立記念日)生まれの愛国青年ロンは、海兵隊に志願してベトナムへ派遣される。彼は戦場で重傷を負い、下半身不随となって帰国する。そのころアメリカでは、「ベトナム戦争は誤りだ」との声が高まり、車椅子のロンは必ずしも英雄視されなかった。彼は酒におぼれ、娼婦を買う。やがてロンは「自分たちは政府に騙されて、戦地へ送り込まれたのだ」と考えるようになり、「即時停戦・兵士帰還」を求める反戦デモの先頭に立つ。 

『ランボー』(コッチェフ)  ランボーは、特殊部隊グリーンベレーの一員としてベトナムで戦った。彼は戦場では英雄だったが、故国アメリカへ帰還すると、ベトナム戦争を批判する人々の冷たい目にさらされ、就職さえ思うにまかせなかった。田舎町を通りかかったランボーは、犯罪をおかす可能性ありと見なされ、逮捕される。ランボーは警察署から脱出し、山に逃げ込んで警察や軍隊と闘う。夜には町へ戻り、ガソリンスタンドや銃砲店を爆破する。軍隊時代の上官の説得によって、ランボーはようやく投降する。

★4.核戦争。

『世界大戦争』(松林宗恵)  戦後16年(=昭和36年)。日本は復興し、人々は平和な生活を享受できるようになった。しかし世界情勢は緊迫し、ついに第3次世界大戦が勃発して、ミサイルが主要都市をねらう。東京は、避難しようとする人々で大混乱になる。運転手の田村茂吉は、妻と子供3人の5人家族である。彼らは避難せず、家族そろって最後の食卓を囲む。長女の結婚、次女のスチュワーデスになりたいとの夢、長男の大学進学。田村一家の願うささやかな幸福は、水爆によってすべて無に帰した。

*核戦争に備えて地下の洞窟で暮らす→〔箱船(方舟)〕2の『方舟(はこぶね)さくら丸』(安部公房)。

*核を使わぬ第3次世界大戦→〔相打ち〕4の『秘密兵器』(ブッツァーティ)。

★5a.一人の男の狂気が核戦争を引き起こす。

『博士の異常な愛情』(キューブリック)  アメリカ空軍のリッパー将軍が発狂し、爆撃機編隊にソビエトへの水爆投下を命ずる。アメリカ大統領がソビエト首相に電話して、事情を説明し、爆撃機の撃墜を依頼する。しかし1機が水爆を投下する。自動的にソビエトからは、報復のため多数の水爆が発射される。撒き散らされる死の灰で、人類滅亡は必至である。ストレンジラブ博士が、「選ばれた人間が地下深くに避難し、生き残るべきだ」と大統領に説く。地球上のあちらにもこちらにも、キノコ雲が立ち昇る。

★5b.核戦争への恐怖で一人の男が発狂する。

『生きものの記録』(黒澤明)  初老の工場経営者中島は、原水爆戦争と核実験の死の灰を恐れ、「もう日本には住めぬ。南米なら安全だろう」と考えて、家族ともどもブラジルへ移住しようとする。家族は大反対し、中島が工場を処分したり南米の土地を買ったりせぬよう、彼を準禁治産者にする。中島は「皆は工場に執着しているのだ」と思い、放火して工場を全焼させる。中島は精神病院に収容され、「地球を脱出して安全な星に来たのだ」と喜ぶ。彼は窓外の夕陽を見て、「おお。地球が燃えているぞ」と叫ぶ。

★5c.来たるべき核戦争への、心の準備。

『走れ、走りつづけよ』(大江健三郎)  「僕」の従兄は東大の学生時代、「走れ、走りつづけよ!」と5ヵ国語で記した格言を部屋の壁に貼り、国際的に活躍するエリートを目指していた。しかし従兄は、先祖からの狂気の遺伝により、ホテルの壁伝いに米国人女優の部屋への侵入を試み、墜落して下半身不随になった。従兄は言った。「このような身体になってしまったからこそ、まもなく起こるであろう核戦争による死を、冷静に受け入れることができるのだ」。

 *→〔病気〕6bの『古今著聞集』巻2「釈教」第2・通巻51話の、病気の苦痛があるゆえに菩提を求める、というのと同様の考え方。 

★6.核爆弾テロ。

『サンダーボール作戦』(ヤング)  国際犯罪組織スペクターが、NATO(北大西洋条約機構)の爆撃機から原爆2発を盗む。スペクターは、イギリス政府に「1週間以内に1億ポンド支払え」と要求し、「さもなければイギリスかアメリカの主要都市に原爆を落とす」と脅迫する(*→〔時計〕2b)。政府から原爆奪還を命じられたジェイムズ・ボンドが、スペクターのナンバー2・ラルゴと戦い、原爆を取り戻す。

★7a.核戦争後の世界。

『渚にて』(クレイマー)  1964年1月、夏のオーストラリア。人々は平穏に暮らしていた。しかし北半球では第3次世界大戦が勃発し、核爆発と放射能のために、すべての生命が死滅した。科学者の計算では、5ヵ月後には、放射能がオーストラリアにも達するのであった。季節が移り、しだいに運命の日が迫って来る。病院の前では、安楽死用の薬の配給が始まった。何百人もの人が、薬を受け取るために整然とした列を作った。

★7b.未来の二百年戦争後の理想世界。

『われら』(ザミャーチン)  2百年戦争によって、地球人口の8割が失われた後、緑の壁で囲まれた単一国が誕生した。単一国の国民は、D−503号、I−330号などの名前を与えられ(男性は子音+番号、女性は母音+番号)、時間律法表に従って規則正しい生活を送る。何百万人が1人の人のように起床し、同一時間に1つになって仕事を始める。単一国に「個人」は存在しない(*→〔ガラス〕6)。みな「われら」として、思考し行動するのだ→〔手術〕2b

★8.戦争の記憶・記録を消去することの是非。

『白い服の男』(星新一『白い服の男』)  未来社会。「私」は、世界平和最高会議直属の特殊警察機構に勤務している。純白の制服と、腕章の鳩マークは、平和の象徴だ。人類社会から戦争を根絶するには、「戦争」という概念そのものを消さねばならない。子供の戦争ごっこ、古新聞の戦争の写真など、どんな些細な物でも、「私」たちが厳しく取り締まる。図書館では専門家たちが、書物から戦争の記述をすべて削除し、書き改めている。平和の維持が、他の何よりも優先するのだ。

『戦争はなかった』(小松左京)  昭和43年(1968)。中年男の「彼」は、人々が誰一人、大東亜戦争(=太平洋戦争)を覚えていないことに気づき、驚愕する。何者かが、人々の心から大東亜戦争の記憶を消し、その記録も破棄したらしい。しかしそれでは、この社会から重要なものが欠落してしまうのではないか。「彼」は、「戦争はあった、多くの人々が死んだ、日本は敗けた」と書いたプラカードを持って、日比谷の街頭に立つ。精神病院の医局員をよそおった憲兵が来て、「彼」をどこかへ連れ去った。

★9.世界から戦争をなくす方法。 

『鉄腕アトム』(手塚治)「ZZZ総統の巻」  ZZZ総統は考える(*→〔双子〕1d)。「昔は、人間は何の苦労もなくのんびりと暮らしていた。今では、人間はりこうになり過ぎ、戦争を繰り返して、やがて地球を破壊してしまうだろう。人殺し機械を作る学者や、悪賢い政治家たちの頭脳を、赤ん坊並みに退化させてしまう以外、地球に平和をもたらす方法はない」。ZZZ団は、世界をリードする学者や政治家を次々に襲って毒ガスを浴びせ、彼らを廃人にする〔*しかし鉄腕アトムがZZZ団の基地をたたきつぶし、総統を捕らえた〕。

 *戦争をなくすもう1つの方法→〔両性具有〕3aの『人間ども集まれ!』(手塚治虫)。

★10.戦時中の興奮と連帯感を懐かしむ。 

『号外』(国木田独歩)  加ト男(加藤男爵)は日露戦争中、国家の大難を挙国一致で喜憂することに、生活の意味を見出していた。しかし戦争が終わると、彼は生きる張り合いをなくしてしまった。加ト男の飲み友達である「自分」にも、似た思いがある。銀座を歩いても、戦時中は、通りがかりの赤の他人にさえ、言葉をかけてみたい気がした。今ではまた、以前の赤の他人どうしの往来である。戦争でなく、他に何か、戦時のような心持に万人(みんな)がなって暮らす方法はないものか、と「自分」は考えた。

 

*戦争による記憶喪失→〔記憶〕2a・2b

*戦争による性機能喪失→〔不能〕1

*クリスマス中の休戦→〔クリスマス〕4bの『キリシタン伝説百話』(谷真介)15「戦場の降誕祭(クリスマス)」。

*戦争終結までの年数→〔年数〕5の『イリアス』第2歌。

*烏の戦争→〔烏(鴉)〕4bの『烏の北斗七星』(宮沢賢治)。

 

 

【洗濯】

★1.乙女が洗濯する。

『異苑』巻5−4  昔、乙女が豚水(とんすい)で洗濯をしていて、節の3つある大きな竹を見た。竹は乙女の足の間へ流れ入り、押しやっても離れない。竹の中から泣き声が聞こえるので、割ってみると小さな男児がいた。この子は成長して才能を発揮し、武芸にも秀(ひい)で、後に夜郎県の竹王となった。

*竹林に生えた竹の中から、小さな子が現れる→〔竹〕1

『オデュッセイア』第6巻  女神アテナが、パイエケスの王女ナウシカアの夢枕に立ち、「あなたは婚礼も近いのだから、夜が明けたら衣裳を洗いに出かけなさい」と告げる。ナウシカアは侍女たちを連れ、車に多くの衣類を積んで、川辺へ洗濯に行く。洗濯が終わると、彼女たちは食事をし、皆で毬(まり)遊びに興じる。川辺で眠っていた オデュッセウスが目をさまし(*→〔眠る男〕2)、ナウシカアの前に姿を現す。

『古事記』下巻  「引田部(ひけたべ)の赤猪子(あかゐこ)」という美しい童女(をとめ)が、美和河で衣を洗っていた。そこへ雄略天皇がやって来て、童女に名を問い、「汝は結婚せずにおれ。近いうちに宮中に召し入れよう」と告げて、帰って行った→〔処女妻〕5b

★2.婆が洗濯する。

『桃太郎』(昔話)  婆が川で洗濯をしていると、川上から桃が流れて来る。家へ持って帰り、切ろうとした時、桃は割れて桃太郎が生まれる。桃太郎は1杯食べれば1杯だけ、2杯食べれば2杯だけ大きくなり、1つ教えれば10まで覚えて、力持ちの少年に成長する(青森県三戸郡)。

★3.男が洗濯する。

『濯(すす)ぎ川』(新作狂言)  入り婿である男が、妻の言いつけで、川へ行って洗濯をする。妻と姑(しうとめ)がやって来て、「早く洗濯をすませて、粉(こ)を挽け」「水を汲め」と、次々に仕事を命ずる。男は、川へ落ちた妻を助けて恩を着せ(*→〔契約〕3)、一家の主人としての権威を取り戻そうとするが、妻に一喝され、「許いてくれい」と悲鳴を上げて逃げて行く。

★4.亡霊が洗濯する。

『フランス田園伝説集』(サンド)「夜の洗濯女」  夜、沼や池のほとりで、幻の洗濯女たちが叩く洗い棒と、濯ぎ洗いの音が聞こえる。彼女たちは、嬰児殺しの母親の亡霊である。叩いたりしぼったりしているものは、濡れた洗濯物のように見えても、本当は子供の死体なのだ。それぞれ自分の子を洗う。何度も罪を重ねた母親は、複数の子を洗う。洗濯女を見つめたり、邪魔したりするのは禁物だ。一人前の男でも、洗濯女につかまると、靴下のように水の中で叩かれ、しぼられてしまう。

★5.洗濯石鹸の泡。

『幕末百話』53  幕末にコロリが大流行して、大勢が死んだ。神奈川の茶店の婆さんが、「コロリは、浦賀へ来た黒船が置いて往った魔法です。異人が海岸で何か洗い、真っ白なアブクがいっぱい出た。アレが魚の腹へ入り、江戸の人の口に入った。ソノ白いのが魔法のタネなんです」と、詳しく話した。今から考えると馬鹿々々しい。石鹸(しゃぼん)なのだ。

 

 

【千里眼】

★1.遠方の光景を見る。

『デイヴィドソンの不思議な目』(H・G・ウェルズ)  デイヴィドソンがロンドンの技術学校の実験室にいた時、雷のために磁場が変化し、彼の網膜にねじれが生じた。彼は身のまわりのものが見えなくなり、代わりに、8千マイル離れた南極近くの島とそこに停泊する船を見た。ウェイド学長はこの現象を「空間のよじれ」で説明し、「紙上の離れた2点も、紙を折り曲げれば重なる」と言った。

 *→〔空間〕9の『「タルホと虚空」』(稲垣足穂)でも同様に、紙を折りたたんで、月と地球を重ねあわせる。

★2a.遠方の火事を見る。

『シャルロッテ・フォン・クノープロッホ嬢への手紙』(カント)  1756年の9月の終わりの土曜日。スヴェーデンボリ(スウェーデンボルグ)氏は、イエーテボリのカステル氏邸に招かれた。15名の同席者があった。夕方の6時、スヴェーデンボリ氏は50マイル(=約80キロ)彼方のストックホルムの大火災を幻視して、顔面蒼白になった。彼は、「友人の家は焼け落ち、私の自宅にも危険が迫っている」と、火事の様子を語り、午後8時になって、「幸い、自宅の3軒手前で鎮火した」と言った。その言葉はすべて事実に合致することが、後にわかった〔*カントは、別の所では「1759年」と記している。また、イエーテボリ・ストックホルム間の距離は、地図で見ると300キロ余り〕。

*火事を幻視する→〔幻視〕2・3

★2b.遠方の火事を察知したふりをする。

『遠国の火事』(昔話)  男が妻に「何月何日にこの家を焼け」と命じて、旅に出た。その日、男は遠方にいて、「我が家の焼けるにおいがする」と言って人々を驚かせた〔*『高名の鼻きき』ともいう〕。

★3.遠方の火事を知って、これを消す。

『今昔物語集』巻11−12  智証大師円珍が比叡山千光院に住んでいた折、散杖を持仏堂の香水にひたして西空に3度そそぎかけた。不思議がる弟子に円珍は「宋の青竜寺の金堂の妻戸に火がついたので、消すために香水をかけた」と説明した。

『神仙伝』巻9「成仙公」  新年宴会の折、成仙公は杯の酒を東南の方角に吹き出し、「臨武県の火事を消し止めた」と言った。人をやって調べさせると、臨武県に酒のにおいのする雨が降って火事が消えたことがわかった。

『捜神記』巻2−2(通巻33話)  壺山に隠棲していた樊英は、ある日、弟子に「成都の町が火事だ」と言って、口に水を含んで吹き出した。後に成都から来た人が「その日火事があったが、にわかに大雨が降って火事を消した」と語った。

『遠野物語拾遺』67  附馬牛(つくもうし)村・東禅寺の開山無尽和尚が、ある日、長柄の柄杓で井の水を汲み、天に向かってまき散らすと、黒雲が空をおおい、南をさして走った。衆徒たちはそのわけを知らず、不思議に思った。後に紀州の高野山から、「過日、当山出火の節は、和尚の御力によって早速に鎮火し、誠に忝(かたじ)けない」との礼状が来た。

★4.天眼通。

『今昔物語集』巻4−22  仏法を嫌う夫が、『法華経』10余行を習った妻の両眼を、えぐってしまった。妻は山寺で養われ、ある夜、『法華経』の「妙法」の2字が日月となって両眼に入る夢を見る。以来、彼女は天眼通を得て、上は欲界六天のさまざまな快楽から、下は等活・黒縄より無間にいたる八大地獄(*→〔地獄〕1aの『往生要集』)の底まで、ありありと見えるようになった。

★5a.水の中に顔を入れ、何百里も離れた場所を見る。

『百物語』(杉浦日向子)其ノ12  長崎奉行の用人・福井某が、江戸に残した病身の母を心配していた。出島のカピタンが彼のために、水を満たした鉢を用意する。福井某が顔を水に入れると、なつかしい江戸の家が見え、母が縫い物をしている。母と目が合ったところで彼は息が尽き、水から顔をあげた。後に聞くと江戸の母は、庭木の上に息子の顔が現れるのを見たという。

★5b.月面の井戸の中から鏡を通して、遠い地球の町や家を見る。

『本当の話』(ルキアノス)  「私」は月世界を訪れた。月面にそれほど深くない井戸があり、その上に大きな鏡がかかっている。井戸の中へ入って鏡を眺めると、地球上の町がよく見える。「私」は、自分の家の者たちや自分の故国(くに)中を眺めわたしたが、向こうからも「私」が見えたかどうかは、わからない。

 

次頁