前頁

【人肉食】

★1.人肉食嗜好。

『悪徳の栄え』(サド)「アペニンの隠者ミンスキイのこと」  「あたし(ジュリエット)」がイタリアで出会った怪人ミンスキイは、莫大な富の所有者だった。彼は何百人もの女や少年たちを買って居城に住まわせ、さまざまな種類の嗜虐的な性行為にふけった後に、女や少年たちを料理して毎日食べていた。45歳の彼は、多量の人肉食のおかげで、強い体力と精力を保持していた。

『雑宝蔵経』「子を失った鬼子母の縁(はなし)」  鬼子母(きしも)には1万人の子がいたが、彼女は凶暴な性質で、他人の子供を殺して食べていた。ある時、仏が鬼子母の子の1人を鉢の中に隠したため、彼女は悲しみにうちひしがれた。仏は「1万人いる子の1人がいなくなっただけで、お前は悲嘆に沈んでいる。お前に子供を食われた親たちがどれほど嘆いているか、思いやれ」と説き、鬼子母は悔い改めた〔*その後、鬼子母は人間を食う代わりに、人肉の味がするざくろを食べるようになった、という〕。

*綏靖(すいぜい)天皇は、朝夕に7人ずつ人を食べた→〔雨〕8の『神道集』巻2−6「熊野権現の事」。  

★2a.屍肉を食う僧。

『雨月物語』巻之5「青頭巾」  下野国の山寺の僧が、寵愛する寺童の死を惜しみ、ついにその遺骸を食い尽くした。その後、僧は夜になると里に出て人を襲い、新墓をあばいて屍肉を食うようになった。諸国行脚の快庵禅師が寺を訪れて、僧に「江月照らし松風吹く、永夜清宵何の所為ぞ」の句を与え、成仏させた。

『食人鬼(じきにんき)(小泉八雲『怪談』)  山村の寺僧が道心なく、僧職を「衣食を得る手段」とばかり考えていたため、死んで食人鬼に生まれ変わった。それ以来、食人鬼の僧は、葬儀のある家へ行って、遺骸をむさぼり食って生きてゆかねばならなくなった。旅の夢窓国師が訪れたので、僧は「どうか施餓鬼をお願いいたします。この恐ろしい境涯からお救い下さい」と請い、消え失せた。

★2b.屍肉を食う男。

『死屍(しかばね)を食う男』(葉山嘉樹)  中学校の寄宿舎で、深谷と安岡は同室だった。夜、深谷が部屋を抜け出して墓地へ行くので、安岡は後をつけて様子をうかがう。深谷は、湖で溺死して土葬された学友の墓をあばき、死体を食っていた。安岡は肝をつぶして逃げ帰り、昏々と眠る。翌日、深谷が「昨夜、何か見なかったかい」と尋ね、安岡は「何も見なかった」と答える。安岡は病気になり、まもなく死んだ。深谷は行方不明になり、やがて水死体で発見される。死体は、大理石のように半透明だった。

 *夜、学生寮を抜け出て、死体の血を吸いに行く→〔心臓〕5aの「お前見たな」(現代民話)。

*死人を喰らう老母→〔夢〕5dの『諸国百物語』第5話。

★3.死体処理方法としての人肉食。

『二壜のソース』(ダンセイニ)  スティーガアという男と同棲していた金髪娘が、行方不明になった。警察は殺人を疑うが、死体は発見されない。スティーガアは菜食主義者らしく、野菜しか買わない。その一方で、肉料理専用のソースを2壜も買ったりする。彼は毎日、庭木を切って薪にするという重労働を行なう。それは、腹を減らせて食欲をつけるためらしかった。

★4a.父親が、知らずに我が子の肉を食う。

『ギリシア神話』(アポロドロス)摘要第2章  アトレウスは、妻が弟テュエステスと姦通したのを知り、テュエステスの3人の児をひそかに殺しその身体を煮て、テュエステスに食わせた。

『びゃくしんの話』(グリム)KHM47  継母が先妻の子を殺し肉汁にして、帰宅した父親に食べさせる。父親が「せがれはどうした?」と聞くと、継母は「親戚の家へ泊まりに行った」と答える。父親は「変だなあ」と言いつつも、肉汁を「うまいうまい」と言って全部食べてしまう→〔霊〕6c

『変身物語』(オヴィディウス)巻6  テレウス王は、妻プロクネの妹ピロメラに一目ぼれしてこれを犯し、彼女の口を封じるために舌を切り取った。プロクネはテレウス王の悪事を知り、妹ピロメラと力をあわせて、テレウスとの間にもうけた1人息子イテュスを殺した。姉妹はイテュスの身体を料理して、何も知らぬテレウスに食べさせた〔*『ギリシア神話』(アポロドロス)第3巻第14章に類話〕。

『歴史』(ヘロドトス)巻1−73  キュアクサレスは、狩りの獲物として食膳に出された料理がわが子の肉とは知らず食べた。

『歴史』(ヘロドトス)巻1−119  ハルパゴスはアステュアゲス王にわが子を殺され、その肉を食べさせられても「王のなされることはどのようなことでも私は満足です」と言った。

★4b.父親が、我が子の肉と知りつつ、食う。

『封神演義』第18回  殷の国に軟禁された父西伯姫昌を救おうと、息子伯邑考が殷都朝歌へ赴く。しかし紂王と妲妃のために殺され、肉を切り刻まれて、肉餅にされる。肉餅は姫昌のもとへ届けられ、姫昌はそれを我が息子の肉と察知しつつも、紂王を欺くために、知らぬふりをして食べる。

★4c.山羊が、我が子の身代わりになって食われる。

『ペンタメローネ』(バジーレ)第5日第5話  国王が、美しいターリア姫とかわいい双子を連れ帰ったので(*→〔眠る女〕4)、王妃は嫉妬する。王妃は料理人に、「双子を細切れにして、ソースで煮て王に食べさせよ」と命ずる。食べた後にそれを知った王は驚愕するが、料理人は双子を救い、代わりに山羊を料理したのだった。王は王妃を火刑に処し、ターリア姫を新たな妃として、子供たちともども幸せに暮らした。

★5.母親が、知らずに我が子の肉を食う。

『タイタス・アンドロニカス』(シェイクスピア)第2幕〜第5幕  ゴート族の女王だったタモーラの息子、ディミートリアスとカイロンは、ローマの将軍タイタス・アンドロニカスの娘ラヴィニアを犯し、さらに彼女の舌と両手を切り落とす。タイタスは復讐のためにディミートリアスとカイロンを殺して料理し、彼らの母タモーラは、知らずに息子たちの肉を食べる。

★6a.夫(爺)が、知らずに妻(婆)の肉を食う。

『かちかち山』(昔話)  狸が婆を殺して婆に化け、畑から帰ってきた爺に「狸汁を」とすすめる。何も知らぬ爺が舌鼓を打って食べおわると、狸は正体をあらわし、「婆汁食った爺やい。流しの下の骨を見ろ」と言って逃げる。

★6b.夫が愛妻の死を悲しみ、妻の肉を食べる。

『遠野物語拾遺』296  昔ある所に、たいそう仲の良い夫婦がいた。夫が長旅に出ている間、妻は、近所の若者たちの悪戯に悩まされ、川へ身を投げた。そこへ夫が帰って来て、妻の屍に取りすがって夜昼泣き悲しんだ。夫は、妻の肉を薄(すすき)の葉に包んで持ち帰り、餅にして食べた。これが、5月5日の節句に薄餅(=薄の新しい葉に、搗きたての水切り餅を包んだもの)を作って食べるようになった始めである。

 *佐々木喜善が野尻抱影に語った異伝→〔麺〕1bの『星の神話・伝説集成』(野尻抱影)。

*美女に求婚した男たちが、その美女の肉を食べる→〔妻争い〕3の寅御石(高木敏雄『日本伝説集』第14)。

*狐に転生した妻が、鳥に転生した夫を食う→〔転生先〕5の『転生』(志賀直哉)。

★6c.夫が妻の肉を、客に食べさせる。

『三国志演義』第19回  呂布に追われた劉備は、部下と2騎で間道を逃げ、狩人劉安の家に一夜の宿を請う。劉安は、折悪しく獲物がなかったので、自分の妻を殺し、「狼の肉です」と言って劉備をもてなす。翌朝劉備は、厨(くりや)に女の死体がころがっているのを見て、昨夜食べたのが劉安の妻の肉だったことを知る。

★7.自分自身の肉を食う。

『今昔物語集』巻1−26  女が大釜を背負って道を行く。立ち止まると釜から火が燃え出、女は釜の中に入って自らの身体を煮る。十分に煮てから女は自分の肉を食べ、また釜を背負って歩く。前世で沙弥に布施すべき食物を盗み食いしたため、女はこのような報いを受けていた。

★8.人肉を食う社会。制度。

『狂人日記』(魯迅)  世間の連中が「おれ」の肉を食いたがって、じろじろ見る。「おれ」は歴史の本を調べた。どのページにも「仁義道徳」などと書いてあるが、よく見ると、字と字の間から「食人」という字がたくさん出て来た。中国4千年の歴史は、人を食う歴史だったのだ。「おれ」は兄貴に「食人はやめるべきだ」と言ったが、兄貴は「おれ」を狂人扱いする。兄貴も人を食ったんだろう。「おれ」も、知らぬうちに人肉を食わせられていたかもしれない。

『人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち』(安部公房)  人肉を食う階級と、食われる階級があった。食われる階級の代表が、「人肉食反対」の陳情をする(*→〔十三歳〕1)。食う階級の3人の紳士が、人肉食の正当である理由を述べて、陳情に来た男を追い払う。その時、「トサツ場がストライキだ」との知らせが来る。紳士たちは、食肉を確保すべく走り出す。

『ソイレント・グリーン』(フライシャー)  2022年のニューヨーク。人口増加と環境汚染によって穀物も肉も底をつき、人々は、プランクトンをもとに工場で合成される食糧の配給を受けていた。しかしプランクトンも絶滅状態になったため、ソイレント社は、人間の肉を原料とする新製品ソイレント・グリーンを、秘密裡に開発した(*→〔安楽死〕5)。それを知った刑事ソーンは、撃たれて重傷を負いながらも、「このことを皆に知らせろ。そのうちに、食用人間が飼育されるようになる」と叫んだ。

★9.人食い人種。

『ビルマの竪琴』(竹山道雄)第3話「僧の手紙」  ビルマの山奥で負傷した水島上等兵は、人食い族に救われ、毎日ご馳走を与えられた。水島の身体はしだいに太り、人食い族は「これなら、部落民が1切れずつ食べても、全員に行き渡るだろう」と言う。祭りの日、水島は、持っていた竪琴(*→〔琴〕6c)を気味悪くかき鳴らす。人食い族は恐れおののき、酋長は「娘の婿になってくれ」と言い出す。水島はこれを謝絶し、人食い族の部落を去った。

★10.人肉食かと思ったら、そうではなかった。

人参果(にんじんか)(実吉達郎『中国妖怪人物事典』)  金持ち10人の社交団体「維揚十友」の人々が、貧しい老人を憐れんでご馳走をふるまう。老人は返礼に、粗末な小屋へ十友を招き、湯気の立つ料理を勧める。それは手足や顔が煮くずれた14〜15歳の子供だったので、十友は誰も箸をつけることができない。老人は乞食たちと一緒にその料理を食べ、説明する。「あれは千年を経た人参果で、1片でも食べれば、仙人となって昇天できるのです」。呆然とする十友の目の前で、老人と乞食たちは若返り、昇天して行った。

★11.悪魔の子供を食う。

『イスラーム神秘主義聖者列伝』「ムハンマド・ビン・アリー・ティルミズィー」  アダムが出かけ、イヴが1人でいる時に、悪魔の頭目イブリースが自分の子供ハンナースを、イヴに預けた。アダムは怒り、ハンナースを殺してばらばらに切り裂いた。イブリースはハンナースを生き返らせ、再びイヴに預ける。アダムは怒って、またハンナースを殺す。何度かこれが繰り返され、最後にアダムは、ハンナースを切り刻んで料理し、イヴと半分ずつ食べてしまった。それを知ったイブリースは、「目的は達成された。アダムの中に私が入り込んだのだ」と言った。

 

*飢えのために、人間の肉を食べる→〔飢え〕3a・3b・3c。 

*病気の薬として、人間の肉を食べる→〔身売り〕6の『大般涅槃経』(40巻本「光明遍照高貴徳王菩薩品」)。 

 

 

【神仏援助】

★1.神が人を助ける。

『太平記』巻5「大塔宮熊野落ちの事」  大塔宮(おほたふのみや。=護良親王)の一行が幕府軍に追われた時、老松(おいまつ)と名のる14〜15歳の少年が、「大塔宮の難を救え」と触れ廻った。それに応じて大塔宮に味方する軍勢が現れたので、宮は窮地を脱することができた。後に、大塔宮が膚につけた守り袋を見ると、老松明神の御神体が全身に汗をかき、御足には土がついていた。

『太平記』巻16「高駿河守例を引く事」  10万余騎の黄旗兵が玄宗皇帝の官軍に加勢したため、安祿山の反乱軍は逃げ去る。後に勅使が宗廟に詣でると、立ち並ぶ石人の両足が泥にまみれ五体に矢が立っていたので、宗廟の神が黄旗兵と化したことがわかる。

★2.観音が人を助ける。

『古本説話集』下−67  貧女が、20人に対して田植えの手伝いを請け負う。ところが、田植えの日がどの家も皆同じ日になってしまい、貧女は困りつつも、最初に請け負った人の田へ行って働く。その夜、20人の所から田植え手伝いの礼物を、貧女の所へ持って来る。翌日、貧女が日頃念ずる観音像を見ると、像は泥にまみれ、御足は真っ黒になっていた。

『日本霊異記』上−6  高麗留学中に難に会った老師行善は、日本へ帰ろうとするが、途中の河を渡ることができない。行善が観音を念ずると、老翁が現れて舟で対岸に渡してくれる。行善が舟を下りると、老翁も舟も消え失せる。これこそ観音の化現であろうと行善は思い、観音像を造り礼拝した〔*『今昔物語集』巻16−1に類話〕。

『日本霊異記』中−34  娘が、求婚してきた男に食事を出そうと思っても何もない。観音像に祈ると、隣家の乳母が食事を持って来てくれる。娘は着ていた黒い衣を乳母に与える。後、観音を拝み、乳母に与えた黒衣が像にかかっているのを見る。

『日本霊異記』中−42  千手観音像に福を祈る女のもとに妹が訪れ、銭百貫入りの皮櫃を置いていく。その脚には馬糞がついていた。千手観音に花香油をそなえに行くと、観音の足にも馬糞がついていた。

*→〔傷あと〕3

*『観音経』が人を救う→〔経〕1aの『宇治拾遺物語』巻6−5・『太平記』巻3「赤坂の城軍の事」。

★3.人間の手助けを観音の援助と思う。

『堤中納言物語』「貝合」  継子としていじめられている姫君と、正妻の姫君とが貝合わせをする。蔵人の少将が継子の姫君の味方をし、多くの美しい貝を箱に入れて、姫君の部屋近くの高欄にひそかに置く。それを見た姫君と女童たちは、日頃信仰する観音の助けと考える。

★4a.吉祥天女が人を助ける。

『日本霊異記』中−14  貧しい皇族の女が、宴席を設けるための財貨を吉祥天女像に請う。乳母があらわれ、みごとな料理と食器をととのえてくれる。女は礼として乳母に衣裳を与えるが、後に天女像を拝むと、乳母に与えた衣裳が天女像にかかっていた。

★4b.吉祥天女が男の淫欲を満たす。

『日本霊異記』中−13  山寺の優婆塞(うばそく=在家の男性信者)が、吉祥天女像に愛欲の心を起こし、「天女のごとき美女を与え給え」と願う。ある夜、優婆塞は吉祥天女と交わる夢を見る。翌日、彼が天女像を見ると、像の裙(すそ)の腰のあたりが精液で汚れていた〔*『今昔物語集』巻17−45に類話〕。

『古本説話集』下−62  鐘撞き法師が、吉祥天女像に愛欲の心を起こす。吉祥天女がそれに応えて、「汝の妻になろう」と夢告する。法師は、吉祥天女の化身である美女と裕福に暮らすが、やがて天女の戒めを破って愛人をつくる。吉祥天女は、大きな桶2つにいっぱいの精液を法師に返し、去って行く。

★4c.弁才天が男の淫欲を満たす。

『奇談異聞辞典』(柴田宵曲)「弁才天奇談」  和州長谷の僧が弁才天女の木像を恋慕し、長年の修行の心も失せて病臥する。弁才天は、僧の迷いを晴らして再び仏道修行に励ませようと、僧と夫婦関係を結ぶ。弁才天は「このことを人に語るな」と禁ずるが、僧は嬉しさのあまり、弁才天との関係を仲間にほのめかす。弁才天は怒り、「汝が漏らした慾を返す」と言って去る。僧は、多くの水を顔にかけられたように感じ、やがて癩病になって死んだ(『譚海』巻5)。

 

 

【人面瘡(人面疽)】

★1.人の顔の形をした腫れ物。腕・肩・膝などにできることが多い。

『かわいいポーリー』(星新一『悪魔のいる天国』)  船員の「おれ」はジプシーに頼んで、腕にキャベツのいれずみを彫ってもらう。それが女の顔に変り、盛り上がってくる。ナイフで2度切り落とすと、3度目に現れた顔は美人だった。「おれ」は女をポーリーと名づけ、キスをし、お菓子をたくさん与える。ポーリーはどんどん美しく、大きくなってゆく→〔乗っ取り〕3

『瘤弁慶』(落語)  大津の宿で壁土を食べた男の右肩に、大津絵の弁慶が瘤となって現れる。瘤弁慶は日に3升の酒を飲み、大飯を食うので、男は蛸薬師へ治癒祈願に行く。帰りの夜道で大名行列に出会い、瘤弁慶と武士たちが喧嘩を始める。男が「お見逃しを」と詫びるが、大名は「夜の瘤は見逃せぬ」と言う〔*「夜の昆布(=「よろこぶ」に通じる)は見逃すな」ということわざがあった〕。

『ブラック・ジャック』(手塚治虫)「人面瘡」  人面瘡は一般に腹か膝にできるが、ブラック・ジャックに手術を依頼した患者は、顔全体が人面瘡になり、醜く腫れあがっていた。実はこの男は殺人嗜好症で、人面瘡ができている間だけ、殺人衝動が消えるのだった。

『酉陽雑俎』巻15−588  ある男の左腕に人面瘡があり、その口に酒をたらすと顔も赤くなり、食べ物は何でも食べた。医師の教えで金石草木あらゆる薬を与えると、貝母という薬草に対して人面瘡は顔をしかめ、口を閉じた。そこで口をこじあけ貝母の汁を注ぐと、数日して人面瘡は消えた。

*→〔映画〕1の『人面疽』(谷崎潤一郎)。

★2.母親の胎内に双子ABがあったが、誕生以前に、Aの体内にBが吸収されてしまい、Aだけがこの世に生まれる。二十数年後、Bは人面瘡となって、Aの身体に現れる。

『人面瘡』(横溝正史)  ある年の春頃、松代の右腋に腫物ができた。それはやがて野球のボールほどになり、眼・鼻・口がそなわって、松代の妹・由紀子の顔に似てきた。松代は「自分は以前に包丁で由紀子を刺した」と思い込んでいたので(*→〔夢遊病〕4)、「由紀子の呪いがこもった腫物だ」と、恐れる。金田一耕助が松代に、「この世に生まれなかった、あなたの双生児の姉妹の顔だ。切開手術をすれば問題ない」と教える。

 *双子の一方が生まれない→〔双子〕5の『ブラック・ジャック』(手塚治虫)「畸形嚢腫」。  

★3.人間の口の形をした出来物。

応声虫(水木しげる『図説日本妖怪大鑑』)   元禄16年(1703)、京の商家の息子・長三郎(12歳)の腹に、人間の口の形をした出来物ができた。出来物は人語を話し、口に入るものは何でも食べた。菅玄際という名医が、「応声虫のしわざであろう」と診断し、薬を与える。10日ほどたって、長三郎の肛門から、長さ1尺1寸の虫が出た。それは角が1本生えたトカゲそっくりの虫だったので、すぐ打ち殺した。4ヵ月ほどして、長三郎はもとどおりの身体に回復した。

 *応声虫には別伝もある→〔腹〕5の『和漢三才図会』巻第85・寓木類「雷丸」。  

★4.猫面瘡。

『現代民話考』(松谷みよ子)10「狼・山犬 猫」第2章の1  中学生の女の子が、いたずらばかりする黒猫を殺した。数日後、その女の子の肩におできができ、日に日に大きくなって、やがて猫の顔になる。ある日、猫の顔のおできは、女の子の首にかみついて、首を食いちぎってしまった(場所不明)。

 

次頁